推薦入試・AO入試で、夢を実現する

MEには、大学の推薦入試やAO入試においても、毎年多くの合格実績があります。通常時授業で英語の力を上げるのはもちろんのこと、受験する大学の入試傾向に合わせた個人授業、面接・英語小論文対策など、英語専門塾の強みを生かした指導を展開しています。

ここに、推薦入試、AO入試で合格された卒業生たちの、合格体験記を紹介いたします。MEで合格を勝ち取った方々の生の声をお読みください。

7月21日より夏期講習A期間が、7月30日より夏期講習B期間がそれぞれ開講されます。また、10月15日からは、群馬大学医学部医学科・筑波大学医学類その他を対象とした、大学推薦入試個人授業がスタートします。さらに、10月16日からは、群大医学部医学科コース、筑波大学医学群医学類コース、高3・既卒生選抜コースがスタートいたします。

高校3年生の方でも、夏期講習からご参加いただくことで、二学期の通常授業・入試前の個人授業までスムーズにつなげることができます。MEでは、安心して入会していただけるよう、個人及び団体でのフォローアップ授業をおこない、万全のサポートをさせていただきます。ぜひとも、MEの力を実感してください。


久保 拓也くん(前高)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

MEの授業で指名されて答えられたときはうれしく、答えられなかったときは、とても悔しくなり、次は絶対に答えたいと思うようになりました。生徒のやる気を最大限に引き出すことができるのがMEのすごいところだと思います。

私は小学校6年生のときにMEに入塾しました。最初は授業がとても速くなかなかついていけませんでした。なので、清書だけは必ずするように心懸けていました。そのため、中学校の頃には英語が得意になり、英語が好きになりました。この頃には、MEの授業で指名されて答えられたときはうれしく、答えられなかったときは、とても悔しくなり、次は絶対に答えたいと思うようになりました。このように生徒のやる気を最大限に引き出すことができるのがMEのすごいところだと思います。また、MEに同じことを何度も繰り返し聞かれるので、繰り返した分だけ、知識が定着し、構文や文法のしっかりとした土台を作れるのが良いところだと思います。MEの授業のスピードが速いため、授業についていくことで、問題を解くスピードや集中力、表現力を向上させることができます。
英語の成績が伸び悩んでいる人は、MEが言っていることを実際にやってみてください。授業の予習、清書、単語ノートの作成、口頭英作の練習をすれば自然と成績が上がると思います。そして、これらのことをするのが一番の近道だと思います。
推薦入試を受けるときには、約1ヵ月間個別授業をしていただきありがとうございました。小論文が苦手な私に、できなかった所をわかりやすく解説していただいたおかげで、徐々にできるようになりました。
今まで英語に関して困ったときには、全力でサポートしていただきありがとうございました。MEほど生徒一人ひとりに真剣に取り組んでくれる塾はないと思います。七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。


金子 優花さん(前女)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

MEは英語の力を伸ばすだけの塾ではありません。勉強とは何かを教えてくれる場所だと感じています。大学受験は、取ってつけたような知識、独りよがりの自信では到底太刀打ちできないことを自覚し、反復学習による基礎力とスピードを叩き込んでくれました。

私は小学6年生から高校3年生までの7年間、MEにお世話になりました。MEでの授業はいわゆる「痒いところに手が届く」授業で、毎週自分の知識の曖昧さを痛感しました。私は幼い頃から英語が好きで、英語には自信があると思っていましたし、長期に渡ってMEに通うことで慣れが出てしまい、提出物をただこなすだけになっていました。しかし高校に入って、英語の力を高めたいと意欲のある友達に囲まれ、もう一度本気で英語、そしてMEと本気で向き合おうと決意しました。さらに、推薦入試の1ヶ月前から個人授業が始まると、岩間先生は良い意味で私の鼻先をへし折ってくださいました。変な自信も自負もすべて一掃し、着実な努力と確固たる知識によって、超長文にも抵抗なく読み進めることができるようになりました。そのため、本番では英語で周りと差がつけられたという手応えを得ることができました。
MEは英語の力を伸ばすだけの塾ではありません。勉強とは何かを教えてくれる場所だと感じています。大学受験は、取ってつけたような知識、独りよがりの自信では到底太刀打ちできないということを改めて自覚させ、反復学習による基礎力とスピードを叩き込んでくれたMEの先生方、初めての受験に手取り足取りサポートして下さった野上さん、スタッフの方、本当にありがとうございました。


今井 理紗子さん(前女)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

推薦の際には、英語の小論文に苦戦し何度も心が折れそうになりました。そんな私を見捨てず、厳しく、愛のあるご指導をしてくださったおかげで、試験当日には自信をもって臨むことができました。3年間、高い志を持った仲間と共にMEで学び、刺激し合えたことが私の合格につながったのだと思います。

私は高校1年生のとき、MEに入塾しました。緊張感ある空気の中で行われる90分間の授業はあっという間で、最初はついていくのに精一杯でした。しかし清書ノートを書き、口頭英作をして、単語ノートをつくるという学習を続けていくうちに、だんだんと答えられるようになりました。そして英語の点数も自然と上がり、もっとできるようになりたいという思いから、一層勉強に励むことができる、というい好循環が生まれました。MEで学んだ何度も繰り返すことの大切さは、基本的なことですが、勉強において最も重要なことだと思います。さらにMEで培った集中力は他教科の学習にも生かされ、効率的に勉強することができました。
また推薦の際には、英語の小論文に苦戦し何度も心が折れそうになりました。しかしそんな私を見捨てず、厳しく、愛のあるご指導をしてくださったおかげで、試験当日には自信をもって臨むことができました。
3年間、高い志を持った仲間と共にMEで学び、刺激し合えたことが私の合格につながったのだと思います。最後になりますが、七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さん、そしてスタッフの方々、本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。


箱田 翔くん(前高)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

指名されて少しでも止まってしまうと他の人に移ったり、自分の抜けているところを分かっているかのように指名してきたりする授業スタイルに、ついていくのがとても大変でした。学年が上がるにつれてその授業はますます速く、そして濃いものとなり、同じことを繰り返しながらでも毎週新しいことが学べる、本当に充実した授業を受けさせていただきました。

小学5年から高校3年までの8年間、私はME外語学院にお世話になりました。私はMEに入会する前も別の英語塾に通っていたのですが、MEでの初めての授業では、指名制の独特な緊張感とスピードにとても驚いたのが印象に残っています。指名されて少しでも止まってしまうと他の人に移ったり、自分の抜けているところを分かっているかのように指名してきたりする授業スタイルに、ついていくのがとても大変でした。学年が上がるにつれてその授業はますます速く、そして濃いものとなり、同じことを繰り返しながらでも毎週新しいことが学べる、本当に充実した授業を受けさせていただきました。推薦入試の1ヶ月前からは個人授業で徹底的に過去問の指導をしてもらいました。英語以外にも医療や理科系の知識も必要とする長文も、わかりやすく教えてもらったり、自分の答えられないポイントを細かくアドバイスしてもらって本当に感謝しています。今までMEで学んできたことを今度の人生に生かせるように頑張りたいと思います。七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするスタッフの皆さん本当にありがとうございました。


酒本 海帆さん(高女)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

推薦入試の小論文は、初めは時間内に終わらない上に答案も上手くまとまらず不安が募る一方でしたが、基本に戻って教えてくださったおかげで徐々に慣れ、本番は落ち着いて取り組むことができました。

私は高校入学と同時にMEに入塾しました。初めて授業を受けた時、他の塾にはない独特の雰囲気を感じると共に、その充実した内容とスピード、生徒のレベルの高さに驚いたことを覚えています。
通常授業では、基本事項の大切さはもちろん、曖昧な知識をなくし、聞かれたことに対して即答することの大切さを学びました。いつ指名されるかわからない緊張感の中での100分間の授業は毎回本当にあっという間でした。
また、推薦入試前の1ヶ月間は小論文対策の個人授業を出来る限り沢山組んでいただきました。初めは長文を読むのに抵抗があり、時間内に終わらない上に、答案も上手くまとまらず不安が募る一方でした。しかし、わからないことがある度に基本に戻って教えてくださった先生のおかげで徐々に慣れ、本番は落ち着いて取り組むことができました。
最後に、私が第一志望校に合格することができたのは、MEの効率の良い英語の勉強法と七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするスタッフの皆さんのサポートがあったからだと思います。今まで教えていただいたことを英語に限らず、これからの勉強にも生かして行きたいです。本当にありがとうございました。


大久保 里奈さん(前女)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

入試までの限られた期間に時間が許す限り沢山の授業を組んでいただき、本番当日も授業で教わったこと、かけていただいた言葉を思い出すことで自信につなげることができました。

私は高校入学とともにMEに入会しましたがせっかくのMEの授業をいかそうとせず、真剣に英語に取り組んでいませんでした。しかし3年の秋に群馬大学の推薦試験を受けると決め英語の小論文の対策が必要だ、と気づいてからは先生方の言葉の通り、授業を受けてそのままにしていた約1年分のノートをすべて清書し単語ノートも作り、口頭英作を日課にし始めました。徐々に理解できる英文は増え解くのに必要な時間は短くなり、嬉しい反面なぜもっと早くに先生方のいう通りにしなかったのだろうと後悔しました。
合格の大きな助けになったのは何よりも個人授業でした。こんなにも不真面目な生徒だった私を見捨てることなく、またどんなに基本的な問いに答えられなくても基礎に何度でも立ち返って指導をしてくださった岩間先生には本当に感謝です。入試までの限られた期間に時間が許す限り沢山の授業を組んでいただき、本番当日も授業で教わったこと、かけていただいた言葉を思い出すことで自信につなげることができました。
私が推薦入試で合格をいただくことができたのは、私に英語という武器を与えてくれたMEのおかげです。七里先生、岩間先生、そして野上先生をはじめとするスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。


齋藤 和弥くん(前高)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

「努力は必ず報われる。」このことがMEの素晴らしさだと思います。推薦の英語小論文を乗り越えられたのもMEのおかげです。「清書、音訳、口語英作」を毎日取り組みました。面白いように成績が上がり、試験には自信を持って望めました。言う通りにやれば確実に英語力が上がるのがMEのすごさです。

「努力は必ず報われる。」このことがMEの素晴らしさだと思います。推薦の英語小論文を乗り越えられたのもMEのおかげです。
私は小五からMEに通っていて、中学では英語が得意でした。しかし、高校で英語をおろそかにしていくうちに成績は驚くほど下がりました。そこで先生方が口すっぱくおっしゃっている「清書、音訳、口語英作」を実践しようと心に決め、毎日のように取り組みました。この時は藁にも縋る思いです。すると面白いように成績が上がり、試験には自信を持って望めました。他の体験記にも書いてあるように、先生の言う通りにやれば確実に英語力が上がるのがMEのすごさです。また、試験前の個人授業が非常に役立ちました。特殊な形式の問題を何度も添削してくれ、本番の問題を何度も添削してくれ、本番の問題を解いた後、MEに行っていて良かったなと感じられるほど、大きなアドバンテージを持てていたと思います。今思うと、MEの言う通りに取り組もうと思った時が大きな分岐点だったとつくづく感じています。
七里先生、岩間先生をはじめとするスタッフの方々にとても感謝しています。MEを信じてきてよかったです。八年間、本当にお世話になりました。


木村 成穂くん(前高)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

質問に周囲の生徒がどんどん即答していく中、私は一つも質問に答えることはできませんでした。本当に悔しくて、毎週復習を完璧にしました。MEで養われたスピード・集中力・復習の徹底。この3つは、英語だけでなく、中・高の6年間で取り組んだ全ての教科の学習で大きな支えでした。

MEの最大の特徴と言えば、何よりもまず、指名制の質問によって進んでいく授業に要求されるスピード・集中力だと思います。私は中学一年の春期講習からMEにお世話になっているのですが、その最初の授業で私が受けた衝撃は凄まじいものでした。
七里先生の質問に周囲の生徒がどんどん即答していく中、私は一つも質問に答えることはできませんでした。即答できなければすぐに別の人が指名されてしまいます。指名されても黙っているだけだったのが本当に悔しくて、とにかく毎週復習を完璧にし、早く授業についていけるようになろう、という意識が芽生えました。
考えてみれば、授業のスピードについていくためになるべく密度の濃い復習をし、さらに授業中の集中力を高める、という習慣を中学一年生の早い段階で身につけることができたことが、その後の私の学習の姿勢として最も大切なことだったように感じます。
MEの授業で養われたスピード・集中力・復習の徹底。この3つは、英語だけでなく、中・高の6年間で取り組んだ全ての教科の学習で大きな支えでした。
MEで内容を教わるのは英語だけですが、その勉強方法は他のどの教科にも応用することができ、しっかり先生方についていけば、必ず大きな力になります。
最後になりますが、ここまで授業で面倒を見ていただいた七里先生、岩間先生をはじめとする講師の皆さん、また多くのサポートをして頂いた野上さん達スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。


登坂 美里さん(前女)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

仲間は答えられたのに自分が答えられなかったときの悔しさが、勉強に対する私の原動力となりました。必ず復習ノートを提出し、家では口頭英作と音訳をし、単語帳を作る。教えていただいた勉強法を実践していただけで、英語は大丈夫。そんな自信が他の教科をしっかり取り組む余裕につながり、磐石な実力を得ることができました。

私は、中学2年のときにMEに入り、スピード感にあふれ、文法事項を何度も繰り返すスタイルに衝撃を受けました。断片的にしか文法をやらない他の塾とは、授業の質が圧倒的に違いました。先生に指名されて、仲間は答えられたのに自分が答えられなかったときの悔しさが、日々の勉強に対する私の原動力となりました。次の授業では必ず復習ノートを提出し、家では口頭英作と音訳をし、単語帳を作る。先生に教えていただいた勉強法を実践していただけで、大学入試において英語を武器にすることができました。英語は大丈夫。そんな自信が他の教科をしっかり取り組む余裕につながり、磐石な実力を得ることができました。私の入試において、確かに全体の教科を引っ張っていたのは英語でした。
また、入試直前には個人授業をしていただきました。特殊な形式だといわれる小論文でも、柔軟に指導していただき、自分の答案がどんどん良くなっていくのがわかりました。医学用語も、ユーモアも交えてあたたかく教えてくださる岩間先生のおかげで、好奇心をもって自然と覚えることができました。最後の個人授業での七里先生の励ましのお言葉は、入試本番での自信にもつながりました。
5年間MEに通い続けて、もともと好きだった英語がもっと好きになりました。好きになるから、さらに先生方に近づきたい、もっと英語が得意になりたいと努力し続け、良い循環を生むことができました。MEのおかげで合格を勝ち取ることができました。いつも熱意をもって指導してくださった七里先生、岩間先生はじめ先生方、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。


藤本 沙絵さん(高女)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

まわりの生徒のレベルの高さに圧倒され、答えられず、悔しい気持ちでいっぱいでした。その悔しさから、指導のとおり、単語帳・口頭英作を習慣化し、くり返していくうちに、指名されることが楽しみになってきました。英語の長文で、MEで学んだ例文や言い換えの単語が自然と頭の中に思い浮かんでくることに喜びを感じました。学校の成績や模試の順位も自然と伸び、英語が楽しいと思うようになりました。

高崎の高校から前橋の塾に通うことは、気持ちの上で、また通塾時間を考えると少し抵抗がありました。でも、あの時、勇気を出して、MEに入塾したことで、大学合格という夢を実現できたのだと思います。
初めての授業での衝撃を、今でも鮮明に覚えています。授業のスピード、内容の濃さに一瞬で英語の世界に飲み込まれてしまいました。英語は、苦手な教科ではなかったのに、まわりの生徒のレベルの高さに圧倒され、最初は全然答えられず、毎回悔しい気持ちでいっぱいでした。しかし、その悔しさから、先生の指導のとおり、単語帳・口頭英作を習慣化し、くり返していくうちに、答えることができるようになり、指名されることがだんだんと楽しみになってきました。英語の長文などで、MEで学んだ単語を見ると、例文や言い換えの単語が自然と頭の中に思い浮かんでくることに喜びを感じました。予習・授業・復習のサイクルを続け、何より基礎学習を大切にすることにより、文法問題が得意になり、学校の成績や模試の順位も自然と伸び、英語が楽しいと思うようになりました。また、推薦入試のための個人授業では、自分の弱点を見つけることができ、入試への実力、自信につながったと思います。熱心に、温かく指導してくださった先生方、いつも笑顔でサポートしてくださったスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。


塚田 蓉子さん(前女)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

MEの授業が始まると疲れも悩みも吹き飛んで、英語の世界に没頭することができ、授業が楽しみで仕方ありませんでした。

中学校1年からMEでお世話になりました。入塾する前から英語の学習は行っていましたが、断片的に文法や単語を覚えるだけで英語の本質は全く理解していませんでした。MEに入り、スピード感と緊張感のある授業を受けるにつれて、英語の知識だけでなく、英語を学ぶことの楽しさも知ることができました。部活動が終わって疲れきっていた時や、勉強が上手くいかずに悩んでいた時も、MEの授業が始まると疲れも悩みも吹き飛んで、無心になって90分間英語の世界に没頭することができ、週1回の授業が楽しみで仕方ありませんでした。生徒にこんな風に思わせてくれる塾は他にはきっとないと思います。
また、推薦入試1ヶ月前から岩間先生に個人授業を行っていただき、難しい問題に対する恐怖心もだんだんと克服していけました。本番直前の七里先生の「受かればラッキーという気持ちで受けてきなさい。」というお言葉は、私の二日間の入試の精神安定剤でした(笑)
最後に、七里先生と岩間先生の熱いハートと鋭いジョーク、野上さんをはじめとする事務の方々の生徒一人一人に対する心遣いと仕事の正確さ…。MEの魅力は語り尽くすことができません。本当に6年間お世話になりました。


川手 優人くん(前高)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

英語が苦手な人、得意にしたい人、得意だと思っている人、すべての人に授業が展開できるのME外語学院だけだと思います。

私がMEに入ったのは中学に入学したころでした。それから6年間、英語はMEに頼りっきりでした。私はあまりまじめな生徒ではなく、ノートの清書や授業の予復習、口頭英作や単語集などをやらずにきてしまいました(汗)が、それでもきちんと授業をうけるだけでいつも英語は安定して上位にいることができました。MEのおかげで、私は英語に自信を持ち、そして好きになることができました。唯一の心残りは、もっとちゃんと先生方の言うとおりやっていれば、さらに英語を伸ばすことができたかもしれないということです。しかし、それだけMEの授業には緊張感と集中できる環境があり、密度の濃いものだということだと思います。英語という科目はぶれが少なく、得意にできれば非常に大きな武器になります。一方、ただやみくもにやっても伸びない科目でもあると思います。MEは効率的で、本当に力がつく英語学習を提供してくれ、自分の英語力があがっていることを実感できます。英語が苦手な人、得意にしたい人、またすでに得意だと思っている人、すべての人に役立つ授業が展開できるのは、ここME外語学院だけだと思います。
最後に七里先生や岩間先生など講師の方々、そして野上さんをはじめとするスタッフの方々、高校・大学受験を長い間面倒をみていただき、本当にありがとうございました。


梅山 貴光くん(前高)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

スピードと緊張感のある通常授業のおかげで傾向が異なった入試に対しても最後まで自信をもって答えることが出来ました。

初めてMEの授業を受けた時、私は大きな衝撃を受けました。圧倒的な授業のスピード、生徒一人一人の高い集中力、授業中にいつさされるか分からないピリッとした雰囲気など他塾では体験したことのないことばかりでした。基本的な内容から大学入試の内容まで幅広く学ぶことができるため、その時の自分に何が足りないかがはっきりと分かりました。授業だけでなく、復習ノートを提出すると添削して返却してくれることも大きな魅力でした。そうしたシステムのおかげで、それまでなんとなく理解したつもりで答えていたものが自信をもって答えられるものへと変わっていくことが実感出来ました。中学一年生から高校三年生までの六年間、MEの授業を受けたことは、他の友人達にはない大きなアドバンテージを与えてくれたと断言できます。
大学入試を終えた今、MEの通常授業と個人授業の良さが改めてわかります。岩間先生の指導のもと志望大学に合わせた対策を行ったり、入試に関する質問を七里先生に受けていただいたりした個人授業。冒頭でも記したようにスピードと緊張感のある通常授業。この二つの授業のおかげで例年とは傾向が異なった入試に対しても最後まで自信をもって答えることが出来ました。そして、良い結果がでたことに心から感謝しています。ありがとうございました。


倉林 聖くん(前高)
筑波大学(医学群医学類)公募推薦

どうしようと迷っていた時、真っ先に着手したのがMEの宿題と予習でした。絶対サボらず欠かさず行いました。それからは少しずつ英語の成績も上がり受験期には英語が好きになりました。

私は小学六年の時入塾しました。中学に入る前からMEに通っていたため中学時代の英語は全く難しいと感じることはありませんでした。しかし高校に入ると世界が変わりました。初めの頃は良かったのですが、高校二年から三年の六月くらいまで英語の点が伸びないどころか下がっていました。英語がいつの間にか苦手科目となっていました。どうしようと路頭に迷っていた時、真っ先に着手したのがMEの宿題と予習でした。中学の頃からサボりがちになり高校に入ってからはほとんど出していなかった宿題をこれからは絶対サボらずにやろうと思い、それからは欠かさず行いました。英語というのはすぐに結果が出る教科ではありませんが、少しずつ英語の成績も上がり受験期には英語が好きになりました。
後輩たちに言いたいことは、先生方の言うこと全てを自分のものにしようとしてほしいということです。予習、授業、宿題、ノートの定期的な見直し全て本当の意味での「授業」だと思います。単語ノートも絶対作って下さい。高校一年からずっと続ければ成長は未知数だと思います。受験は早くそのモードに入った者勝ちという面もあると思っているので早く目標を定め頑張ってください。
MEの先生方、事務の方々には小さいときから本当にお世話になりました。今でも小学生のとき可愛がってもらったのを覚えています。本当にありがとうございました。


浜島 りこさん(前女)
新潟大学(医学部医学科)センターAO

英語は全教科の中で1番の得意科目だと自信を持って言えます。センターで9割を目指していた私にとって、大きな貯金をつくることが出来たのが英語でした。


佐藤 弘基くん(前高)
金沢大学(医薬保健学域医学類)センターAO

自分の予復習の成果で質問に答えられたときは喜びによって、また自分が答えられなかった時は悔しさによってその内容が深く印象に残りました。


藤掛 遥香さん(前女)
山形大学(医学部医学科)センターAO

私がMEの授業で最も感銘を受けたのは口頭英作です。英語から日本語へ訳すという普段長文などで行う学習の逆を口頭で行うことで、かなりの英語力を身につけることができました。


高橋 美歩さん(前女)
山梨大学(医学部医学科)センターAO

気がつくと英語が大好きに好きだからこそ勉強に身が入り力が着実についてうれしくなってもっと英語が好きになる


北條 桃さん(前女)
北里大学(医学部医学科)指定校推薦

MEでは何度も繰り返し学ぶことで英語の基礎を固めることができ、長文や難しい構文に対する苦手意識も無くなりました。またMEノートの提出や単語ノートを作ることで知識の定着を図ることができ、英語の勉強はMEの授業に全面的に頼っていました。


宮崎 真由香さん(高女)
北里大学(医学部医学科)指定校推薦

学校の授業中も、「あっ!ここはMEでこの間習ったから分かる!」と思う場面が何度もありました。推薦入試の対策として、面接練習も行っていただきました。適性検査での10行程度の全文和訳も、いつもMEで長文和訳をしているので臆することなく取り組めました。学校帰りに高崎から、帰り道と反対の電車に乗りMEに通い続けたことは、とても価値がありました。


下田 実果さん(前女)
獨協医科大学(医学部医学科)指定校推薦

本番が近くなってからは、MEは精神的な支えにもなっていました。正しい努力をすれば必ず報われる。このことを教えてくれ、実感させてくれたのは他でもないMEだったのです。


細井 美希さん(前女)
聖マリアンナ医科大学(医学部医学科)指定校推薦

初めはME特有の張りつめた緊張感に驚きましたが、MEの授業が私に刺激を与え、引き締めてくれました。何より私は高校生活を振り返ってMEに入って本当に良かったなと感じています。スピーディーで卓越した授業、個人授業や小論文の添削などとてもとても勇気づけられました。


茂木 麗奈さん(前女)
東京大学(理科Ⅱ類)推薦

私は何よりMEの「学ぶやる気」を引き出す授業が好きでした。指名された時に、答えられたときは嬉しく、もっと出来るようになりたいと思う。反対に、分からなかったときは、次までに出来るようになりたいと思う。この嬉しい気持ちと悔しい気持ちがさらなる学習への意欲を駆り立て、実感を伴った学習により、力が身に付いたと感じます。


木下 裕介くん(前高)
早稲田大学(文化構想学部)指定校推薦

MEに入塾したのは、中学一年の一学期でした。私の中間テストの英語の点数は平均点にも届かないものでした。ME独特の雰囲気、スピードに圧倒されながらも何とか必死に置いていかれまいと自分なりに努力をしました。その結果、次第にテストで高得点を取れるようになり、英語は得意科目と言える程になっていきました。


金子 りささん(前女)
早稲田大学(政治経済学部経済学科)指定校推薦

前橋で育って一番良かったことは、即答で「MEに出会えたこと」です。小学五年生でMEに入り、他塾とは全く違うスピード感や、同じ文法を何度もする徹底ぶりに衝撃を受けました。小学生ながらも、MEで培われた「徹底力」を英語だけでなく他教科にもこだわるようになり、五年生からぐんと成績が伸びたのを覚えています。私の勉強に対する姿勢は、この頃のMEで生まれたと言っても過言ではありません。


木暮 清楓さん(前女)
早稲田大学(基幹理工学部学系2)指定校推薦

生徒の意欲をかき立てるような授業の仕組みが英語の学力向上につながるのだと思います。模試を受けるときに英語は自信を持って取り組むことができ、結果も、英語は常に最も良い判定がでていました。いつのまにか本当に英語だけはゆずれなくなっていました。


北澤 梨奈さん(前女)
早稲田大学(文学部文学科)指定校推薦

私は高3の春からMEに入塾しました。この文法の時はこの例文と決まっているため、それを何度も繰り返すことで、あやふやだった知識が着実に定着していきました。模試や定期テストでも、何度も「これMEで習った!」となり、英語の得点はみるみる上がっていきました。


阿久澤 佳佑くん(前高)
早稲田大学(人間科学部情報科学科)指定校推薦

僕の成績を支えてくれていたのは、英語でした。そして英語を得意科目に出来たのは間違いなくMEのおかげです。僕は英語の勉強と言えば、MEで習った事の復習くらいしかしてきませんでしたが、MEで習ったことを出来るだけたくさん覚えていくことが実力アップに直結していたことを実感しました。


重山 敏毅くん(前高)
早稲田大学(商学部)指定校推薦

高校に入学してからも英語はずっと得意科目でした。 二つ目は英検や定期テスト対策が充実していることです。定期テストのたびに音声教材を貰い、それを何回も聴くことで高得点を取ることができました。指定校推薦入試では評定が重要なので、定期テストの成績は良くなければなりません。そのため音声教材はとても心強かったです。


井上 真琳さん(前女)
早稲田大学(人間科学部)指定校推薦

「自分は英語ができない。」と思いこんでいましたが、常に「来週即答」を胸に、MEで習ったことの復習を積み重ねていきました。すると、入塾前には英語が致命的で地を這う成績だった私でしたが、模試を受けるたび点数が伸び、実力がついてきたことを実感できるようになりました。


島田 真帆さん(中央中等)
早稲田大学(文学部)指定校推薦

授業では毎回違う問題に向かうのですが、一つの問題からいろんな話に広げてくれ、大切なポイントは何度でも授業で扱ってくれるので、定着して行きました。MEに通うようになって、解き方が見えるようになり、模試でも点数を伸ばせるようになりました。


広橋 未帆さん(前女)
早稲田大学(文学部)指定校推薦

予習、復習を必ず行いました。すると、不思議と先生の質問にだんだんと答えられるようになり、苦手意識もなくなっていき、英語が好きになっていました。


片野 愛理さん(前女)
早稲田大学(法学部)指定校推薦

100分という時間の中でこんなに引き込まれ、魅力的な英語の授業は他にはありません。正直に言うともっとMEの授業を受けたかったし、もっと早くから入ればよかったと後悔しています。


木村 遥香さん(中央中等)
早稲田大学(文学部)指定校推薦

答えられた時の嬉しさが自分のやる気をさらに高めてくれました。他の教科にも通じる集中力を養うことができたと思います。


阿久澤 蒼さん(高女)
慶應義塾大学(法学部法学科)指定校推薦

高校入学後、中学の勉強とのレベルの違いを顕著に感じたのは英語でした。単に頭に詰め込もうとする勉強法では、断片的な理解しか得られず、考査は平均点越えがやっとでした。MEの学習によって英語に抵抗感が無くなったおかげで、高二では春の学力テストの英語学年トップを契機にコンスタントに一桁を取れるようになりました。


阿久沢 桃子さん(共愛)
上智大学(総合グローバル学部総合グローバル学科)指定校推薦

入塾当初、質問に即答できないときは本当に悔しくて、情けなかった。次回の授業では絶対に答える!というやる気につながった。周りの生徒の集中力、授業に対する熱心さが、私の意識を高めてくれた。文法力が上達したことにより、留学していた時よりも、上手に英語を話せるようになった。MEの授業で得られた集中力や、やる気が私を志望大学合格という道に導いてくれた。


高草木 寧緒さん(前女)
東北大学(工学部材料科学総合学科)公募推薦

MEの生徒のレベルの高さには本当に驚かされました。先生の質問に即答し、長文をスラスラ訳す姿を見て自分のモチベーションを高く保つことができ、もっと早くからMEに通っていればよかったと何度も思いました。


山田 桂一くん(前高)
東北大学(農学部)AO入試

受験直前には、非常に丁寧な個別授業・面接指導を行ってくださいました。海外留学、英検、TOEIC、TOEFL……。将来、実用的な英語力が求められる場面は多々あることでしょう。ME外語学院で学んだことは必ず役に立つと、私は確信しています。


勝守 晴香さん(前女)
東北大学(農学部)AO入試

私がMEに入塾したのは高3の春でした。私が答えられなかった質問に他の子がスラスラ答えると悔しさが込み上げる、その悔しさが私をつき動かしていたように思います。「次は必ず答えてみせる!」その一心で毎週欠かさずMEノートと単語ノートを作成した結果、英文法はもちろんのこと、長文の理解度もぐっと高まりました。


川端 知佳さん(中央)
東北大学(工学部建築・社会環境工学科)AO入試

私は結果的にAO入試という形で大学が決まりました。AOに必要なセンター試験では、英語はほぼ満点。(一番簡単な文法問題で一問落としました。) 小論文は英語を読んで日本語で答えるという形式だったので、英語が不自由なく読めなければ始まりません。今までMEを中心に積み重ねてきたことを信じて全力で取り組みました。


上原 さやかさん(前女)
東北大学(農学部)AO入試

自分が答えられないのが悔しく、家で口頭英作を繰り返しやるように心掛けました。次第に答えられることが増えていき、力がついていることを感じました。そして、気付くと英語が楽しくなっていました。
MEの帰り道は、いつも頭の中で英語が流れていました。暗闇で自転車に乗りながら独りで口頭英作をすることもありました。


伊井 美寿穂さん(前女)
東北大学(教育学部教育科学学科)センターAO

息つく暇もない授業のスピード、講師の先生方の英語に関する膨大な情報量、何より授業に臨む周りの人々の真剣さに圧倒され、毎回の授業が新鮮で新たな発見の連続でした。何度も同じことを繰り返し、どんな難しい問題にぶつかっても対応できる基礎力と柔軟性を身につけさせてくれたように思います。


早部 希くん(前高)
東北大学(工学部機械知能工学科)AO入試

入塾して始めのうちはその授業形態に戸惑いましたが、効率の良い効果的な授業が展開されておることに驚きました。一対一問答形式によるスピード感と緊張感あふれる授業形態は惰性に陥りがちな一般に行われるような授業形態と比して、授業内容の定着しやすいものでした。


諏訪 夏海さん(前女)
東北大学(農学部)AO入試

本番の試験の前日、直前もひたすらMEノートを見ていました。自分の字で埋められたノートは、気持ちを落ち着かせるのに最適なようです。また、個人授業での丁寧な指導により、英語の小論文がどれだけできるかが私の勝負所だったので、MEという存在のバックアップはとても心強かったです。


城田 卓くん(前高)
東北大学(歯学部歯学科)センターAO

個人授業は、その名の通り一対一の内容の非常に濃い授業です。文法事項や長文読解、時間配分の詰めの確認を行い、自分の能力を最大限に引き出してくれました。センター試験で踏ん張れたのも個人授業のたまものだと思います。


櫻井 菜那子さん(前女)
筑波大学(人文・文化学群比較文化学類)公募推薦

最終的に公募推薦で合格しました。英語の小論文の試験では、今までMEで培ってきた口頭英作のおかげで、英作文は、短時間で書き終えることができました。また英語検定や推薦用の面接対策など、こんなに面倒を見てくれる塾は、他にないと思っています。MEに通っていたからこそ合格できました。


小淵 里恵さん(前女)
筑波大学(理工学群化学類)公募推薦

MEに入るまでなんとなくで英語を勉強しており英語には苦手意識がありました。入塾しMEで言われたことを素直にこなすことで英語の成績はどんどん伸びました。緊張感、高い集中力、一授業での膨大な情報量と内容の濃さ、授業の質の高さは他の塾にはないものと思います。


荒井 実加子さん(前女)
筑波大学(人間学群教育学類)公募推薦

私はMEに入塾したのは、部活を引退した六月でした。英語は元々得意だったのでさらに伸ばしたいと思ったからです。通った半年間でたくさんのことを学ぶことができ、それを自信にかえて、試験に臨むことができました。この学んだ英語力を活かして、実際の入試では自分の力を出し切ることができたと思います。


住谷 春菜さん(農二)
筑波大学(文化・人文学群人文学類)公募推薦

授業を受け、復習をするうちに学校の授業でも文の構造を考えながら今までより速く文が読めるようになりました。模試で第一志望校がEだったのがABCをとれるようになったとき、本当にMEに行って、MEの授業を信じてよかったと思いました。


中林 佳澄さん(中央中等)
お茶の水女子大学(生活科学部)公募推薦

私がMEに入塾して特に感じたことは、基礎を確実に理解することの大切さです。基礎を理解することの大切さは、英語だけでなく他の教科にも通ずるところがあり、基礎を固めることで応用問題にも対処することが出来ました。このことはMEで学んだからこそ気づくことができたのだと思います。


吉田 琳香さん(前女)
国際基督教大学(教養学部アーツ・サイエンス学科)指定校推薦

私は高校二年の冬休み前に、MEに入塾しました。MEは私の夢を取り戻してくれたところでもあります。高校一年生のときまで、私は英語が好きで将来は国際関係の職に就きたいと思っていました。徐々に英語が分からなくなっていきました。頑張って勉強してもできないのだから、きっと自分には向いていないのだと思いました。


宇田 雅樹くん(前高)
中央大学(法学部法律学科)指定校推薦

MEの先生方がいつもおっしゃっている「清書・口頭英作・単語ノート」はやれば必ず成績が上がります。私はいつも復習の時にMEの授業を参考にしてスピード感を持って復習していました。意外に楽しいです。高校三年間、MEに通っていたことが自分にとって最も大きなアドバンテージになっていたことは間違いありません。


木村 穂乃さん(前女)
中央大学(法学部政治学科)自己推薦入試

MEと出会ったのは高校1年生の冬。ディベート部の先輩方がいつも楽しそうにMEの話をしていて、「この塾に入れば先輩方に近づけるのではないか」と思ったのが入塾のきっかけでした。MEとの出会いが私の高校生活を大きく変えてくれました。MEが「英語」という枠を超えて教えてくれたたくさんのスキルを足がかりに、大学生活でも多くのことに挑戦していきます。


榊原 佐希さん(農二)
中央大学(文学部英語文学文化専攻)指定校推薦

刺激的な授業によって英語が得意科目となり、中学・高校の6年間、安定して高得点を取ることができました。思い通りの結果が残せました。


赤岩 美紀さん(前女)
中央大学(法学部法律学科)指定校推薦

私の英語の勉強はMEで教わった勉強法を言われた通り実践していただけでした。でもそれだけで、高校三年間私は「MEに通っているんだから英語は大丈夫。」という安心感を持ち続けられたのだと確信しています。

 

2018夏期講習受付開始!

感謝の気持ちを込めて:

  1. 中3生・高校生・浪人生の複数受講の場合は、2コース目が5,000円(税抜)となります。ただし、2コース目が部分参加の場合は、日数計算による授業料となります。
  2. 夏期講習を受講された方には、オリジナル音声教材を無料にて郵送致します。
  3. 兄弟・ご友人同士の受講の場合、講習料は在籍者料金となります。紹介者の方には、図書カード他をプレゼントします。
  4. 夏期講習後、引き続きご入会いただいた場合、入会金が半額免除(10.000円⇒5.000円)他、特典があります。
  5. 講習費には教材費が含まれております。

お問い合わせ:

受付締切日は各講習2日前までとさせていただきますが、募集定員に限りがありますので、コースによってはご希望に添えない場合もございます。お早めにお電話にてお申し込みください。
お問い合わせ・お申し込みは、027-224-7257へお電話ください。詳しいリーフレット・体験記他をご送付いたします。(受付時間14:00~22:00)
コース選択・複数コース受講・講習内容他のご質問もお気軽にご相談ください。

インターネットでお申し込み:

夏期講習コース名:*
生徒氏名:*
ふりがな:*
E-mail:*
電話番号:*
携帯番号:
学年:*
学校名:*
英検所持級:*
住所:*
間柄*
当学院をどのように知りましたか?   【複数選択可】
通信欄:
Word Verification:

【英検準1級】憧れをもって努力する成功体験が更なる成功を呼ぶ!

憧れをもって努力する成功体験が更なる成功を呼ぶ!

「最初に準1級の問題を見た時、とてもじゃないけどこれでは受からない、と思いました。でもMEを信じてMEの方法で問題を解き、単語をまとめ、英作文の添削を受けていくうちに合格への道が見えてきました。」

英検準1級に合格した人たちの多くが、体験記にこう綴っています。最初は難しく歯が立たないと思った目標。その目標を達成するためには、憧れをもって努力を重ねなければなりません。しかし、努力を重ねた経験は自信となり、実力が評価され、人生の財産となります。そして、その自信と実力によって、今まで以上に高い目標に向かっていけるのです。一つの成功体験が、次の成功につながります。

ロンドン五輪での金メダリスト村田諒太が、プロへ転向を表明したとき、彼は、「ボクシングで世界の頂点に立つ」という夢と憧れを語りました。「100%自信があるかと言われれば 今はない。けど自分にできないと思っていない。」村田は、その言葉通り、夢に向かって努力を重ね、プロ転向から4年後の2017年10月、WBA世界ミドル級王座を獲得しました。そして今、村田が望むのは、世界3団体統一ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキンとの対戦です。

英検準1級合格を達成したME生たちも、合格に向けた努力を通して、彼ら・彼女たちの受験観を培っています。彼ら・彼女たちは偏差値で志望大学をきめたりしません。東大に行きたいから東大を受け、東京外国語大学に憧れるから東京外国語大学を志望する、医師になって人命を救いたいから医大を目指す。彼ら・彼女たちは自分の行きたい大学があって、その大学が要求する偏差値に近づき、それを越えようと努力するのです。

英検準1級に合格を果たしたME生の多くが、今年も昨年もそれ以前も、自分の志望大学に堂々と合格を果たしています。英検を恐れることなく、ひるむことなく、彼ら・彼女たちのようにひたすら合格を目指してください。MEでは講師・スタッフ一丸となって、できる限りのことをさせていただきます。

なお、今回の2018年度英検春講習は、受講定員に達したため受付を終了いたしました。ありがとうございました。通常授業への入会のお申し込みは、随時受け付けております。入会案内に関しましては、こちらをご覧ください。よろしくお願いします。

茂木 麗奈さん(前女) 
【高2秋―準1級】 合格
【東京大学理科二類】 合格

今回初めて英検講習会に参加しました。一次試験対策では単語やフレーズなど覚えておくべきポイントを学びました。二次対策では、一対一での面接練習で、特に文のつなぎの言い回しや、考えている時の言い回しなどは、英検以外の場面でも使えるものでとても役立ちました。当日は緊張せずにリラックスしてのぞむことができました。

私は今年の夏にMEに入会し、今回初めて英検講習会に参加しました。一次試験対策では単語やフレーズなど覚えておくべきポイントを学びました。また、長文問題ではどの部分に力をいれて読むべきか教えてくださったので、本番も時間に余裕をもって解くことができました。さらに、MEは本番までの問題を解くスケジュールを立ててくださったので、過去問一冊分を計画的に終えることができ、問題慣れすることができました。二次対策では、一対一での面接練習で、特に文のつなぎの言い回しや、考えている時の言い回しなどは、英検以外の場面でも使えるものでとても役立ちました。さらに二次試験の本番前日には、「十分に力はあるのだから、会話を楽しんで!」というメールをいただき、そのおかげで当日は緊張せずにリラックスしてのぞむことができました。

今回合格することができたのもMEの熱心なご指導のおかげです。ありがとうございました。


久保 拓也くん(前高)
【中2秋―準2級・中3秋―2級・高2秋―準1級】合格
【群馬大学(医学部医学科)】合格

私が最も苦戦したのは1番の問題でした。MEで配られた単語集を毎日しっかりと4ページずつ声に出して読むようにしました。次第に単語力がついていきました。分からなかった問題を丁寧にしっかりとフォローするように心がけたので、長文問題は本番でも8割以上とることができました。英作文では、何度も練習し、また添削していただいたおかげで、ミスも減り、流れに沿って書けるようになりました。

私は最初に問題集を見たとき、知っている単語がほとんどなくて驚きました。そのため、私が最も苦戦したのは1番の問題でした。MEで配られた単語集を毎日しっかりと4ページずつ声に出して読むようにしました。そうすると、次第に単語力がついていきました。また、長文では分からなかった問題を丁寧にしっかりとフォローするように心がけたので、長文問題はよくできるようになり、本番でも8割以上とることができました。英作文では、最初うまく文をまとめることができませんでしたが、何度も練習し、また添削していただいたおかげで、だんだんとミスも減り、流れに沿って文を書けるようになりました。MEに渡されたスケジュール通りにやるのは本当に大変でしたが、合格したとき、やって良かったと思いました。二次試験対策では、忙しい中、岩間先生に面接をしていただき、本番では緊張せずにできました。今回私が合格できたのは、MEの支えがあってこそです。岩間先生や七里先生をはじめとする講師の方々、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

今井 理紗子さん(前女)
【高2秋―準1級】合格
【群馬大学(医学部医学科)】合格

初めて準1級の単語帳を開いたとき、一瞬あ然としました。最初、準1級の問題を解いてみると、あまりの自分のできなさに驚きました。悔しいと思いました。だから毎回のMEの講習では、だれよりも多く吸収するんだ、という気持ちで受けていました。努力をすればするだけ、合格に近づいていくのを感じ、私をますますやる気にさせていったのです。本番では今までやってきたことが自信となり、予想以上の力を出すことができました。

初めて準1級の単語帳を開いたとき、一瞬あ然としました。2級とは比べものにならないほどの単語の量。これが準1級なのか、と言葉が出ませんでした。しかし同時に、絶対に受かってやる、という強い気持ちが私の中に生まれました。最初、準1級の問題を解いてみると、あまりの自分のできなさに驚きました。悔しいと思いました。だから毎回のMEの講習では、だれよりも多く吸収するんだ、という気持ちで受けていました。シャドーイングや長文は毎回やり、単語帳は表紙が破れるまで何十回も見ました。すると、少しずつ点数が上がっていきました。努力をすればするだけ、合格に近づいていくのを感じ、私をますますやる気にさせていったのです。本番では今までやってきたことが自信となり、予想以上の力を出すことができました。苦手だったライティングも、先生方のご指導のおかげで、満点をとれました。努力して努力してつかみとった合格は、何ものにもかえがたいです。何事も素直に一生懸命やれば、夢は叶うのだと実感しました。今度は大学受験というさらに大きな夢を実現させられるように頑張ります。指導してくださった先生方本当にありがとうございました。

小泉 京香さん(前女)
【高2秋―準1級】合格
【東京大学(文科1類)】合格

今回の合格は、この講座無しには有り得なかったと思います。一つ目に、スピード感のある授業で、緊張感を持って楽しく学べたこと。二つ目に、MEから提案されるスケジュールに沿って大量の過去問を解いたこと。三つ目に自由英作文の添削。最後に二次試験対策のマンツーマンレッスン。MEの英検講習を受講し、出された課題をこなし、そしてあきらめずに全力で取り組むことが英検合格の鍵です。

英検2級まではそれほどハードに対策はしていませんでしたが、2級から準1級は大きくハードルが高くなると聞いていたので、このままではいけないと思い、MEの講座を受講しました。今回の合格は、この講座無しには有り得なかったと思います。一つ目に、スピード感のある授業で岩間先生の口から次々と飛び出す自分の知らない単語を必死に書き取り、緊張感を持って楽しく学べたこと。二つ目に、MEから提案されるスケジュールに沿って大量の過去問を解いたこと。これによって、単語や文法だけでなく、試験の形成や時間配分を体で覚えることができたので、本番もスムーズに問題を解き進めることができました。三つ目に自由英作文の添削。各段階の書き出し方や細かな文法ミスなど何から何まで指摘して頂きました。さらに自分専用のCDを聞く時には家でもMEの授業を受けているようで、頑張ろうという気持ちになることができました。最後に二次試験対策のマンツーマンレッスン。先生と一対一の授業なので、自分の苦手な部分をピンポイントで指摘して頂き、また自分に合った苦手克服法まで提案して頂きました。これら四つの対策、そしてMEで頂いた単語集の単語を少しずつでも覚えようとしたことが合格につながったと思います。MEの英検講習を受講し、出された課題をこなし、そしてあきらめずに全力で取り組むことが英検合格の鍵です。
最後に、私を準1級合格に導いて下さった岩間先生を始めとするMEの先生方、本当にありがとうございました。


米澤 毅人くん(前高)
【小6秋―4級・小6冬―3級・中1春―準2級・中2春―2級・高1秋―準1級】合格
【東京大学(理科三類)】合格

「今年こそ、準1級に合格してやろう。」MEの講習を受けることにしました。言われた通りに単語ノートを作成し、リスニングの教材も毎日欠かさずに聞くようにしました。英作文は添削していただいたおかげで、ミスが少なくなっていきました。一次試験。焦りや不安はほとんどありませんでした。二次試験では模擬面接が本当に役立ちました。MEの先生方のお力添えだと思います。

私は2015年10月。私は、通算3度目となる英検準1級の一次試験に臨んでいました。過去2回の受験は中学二年生のときでしたが、このときは独学で挑むものの全く歯が立たずに失敗。それからしばらくは英検を受験することさえしませんでした。
そして2015年4月。高校に入学した私は、ある一つの目標を立てました。「今年こそ、準1級に合格してやろう。」こうして3度目の正直となる挑戦がスタートしました。今回でなんとしても合格したかった私は、MEの講習を受けることにしました。
講習が始まってから試験本番までの期間は本当に大変でした。英検の勉強もしつつ学校の試験に向けた学習もしなければならなかったからです。しかし私は、「受かりたい」というその一心で勉強し続けました。MEで言われた通りに単語ノートを作成し、リスニングの教材も毎日欠かさずに聞くようにしました。また、英作文は岩間先生に添削していただいたおかげで、着実にミスが少なくなっていきました。
そして迎えた一次試験。以前の2回とは異なり、焦りや不安はほとんどありませんでした。これまでの努力が、自信となって私を後押ししてくれたのです。
こうして難関の一次試験を初めて突破し勢いに乗った私は、二次試験も無事に突破。二次試験では岩間先生が行ってくださった模擬面接が本当に役立ちました。
今回私が準1級に合格できたのは、MEの先生方のお力添えがあったからこそだと思います。岩間先生や七里先生をはじめとする講師の先生方や事務の皆さん、本当にありがとうございました。

馬上 凌くん(中央中等)
【中2冬―2級・高2冬―準1級】合格
【東京大学(理科一類)】合格

中2で2級をとって以来、ずっと敬遠してきた準1級を受ける決意をしました。今考えるともっと早くに受けておくべきだったと思います。いつもMEの先生方がおっしゃっているように、英検からはとても得られるものが多いからです。例えば、勉強していると、当然知らない単語に出会うことも多いですし、知っている単語の新しい使い方を発見できることも多々あります。

中2で2級をとって以来、ずっと敬遠してきた準1級を受ける決意をしました。高校のうちに準1級をとりたいという思いがありながらも、まだ自分には早いのではないか、とずっと受験することをためらっていました。そうしているうちに大学受験が目前に迫ってきて、今しかない、と受験しました。今考えるともっと早くに受けておくべきだったと思います。というのも、いつもMEの先生方がおっしゃっているように、英検からはとても得られるものが多いからです。例えば、勉強していると、当然知らない単語に出会うことも多いですし、知っている単語の新しい使い方を発見できることも多々あります。
MEで言われた通りに学習を進めていくと、初めは合格点にほど遠かった過去問の点数もどんどんのび、合格圏にとどくようになりました。そこで自信がつき、一次試験本番では焦ることなく、余裕をもって突破することができました。二次試験も、MEでの口頭英作のおかげで、落ちついて質問に答えることができました。
今回私が合格することができたのもMEの先生方の熱心なご指導のおかげです。本当にありがとうございました。

金子 優花さん(前女)
【中2春―2級・高3春―準1級】合格
【群馬大学(医学部医学科)】合格

長文問題に入ると長年MEで培われた精読とそのスピードが力を発揮し、何事もなくすらすら読めたのです。MEのすごさに驚きました。二ヶ月の格闘のすえ、私は合格することができました。英検だけでなく、大学受験への良きステップになったと感じています。必死に覚えた単語は、模試やセンターの勉強に意味あるものになってくれました。

中二の春に英検二級に合格してから、だいぶ時間が経ってしまった今年の春。高校三年になり突如、英検準一級を受験しようと思い立ちました。理由としては、大学受験に有利だという事。何故もっと早い段階で重い腰を上げなかったのか。それは、中学生の私にとって二級はとてつもなく高い壁で、苦労のすえ三度目の正直での合格だったからです。英検に対して自分で限界をつくってしまい、TOEICなどを受けて満足していました。しかし、高校の先生にすすめられ、試験日まで二ヶ月のとき勝負しようと奮い立ちました。しかも、受験との兼ね合いで私に残されたのはこのチャンスのみ。決意してからは、ひたすら単語の暗記に時間を費やしました。4年前と同じく単語の壁にくじけそうになり、もっと早く手をつけていれば、と後悔しました。しかし、長文問題に入ると長年MEで培われた精読とそのスピードが力を発揮し、何事もなくすらすら読めたのです。私はその時、中二から、こんなにも力を引き上げて下さったMEのすごさに驚きました。
二ヶ月の格闘のすえ、私は合格することができました。そして、英検だけでなく、大学受験への良きステップになったと感じています。必死に覚えた単語は、模試やセンターの勉強に意味あるものになってくれました。
二次対策では、一人の練習では知り得ないことをMEの先生方に教えて頂き、本当にお世話になりました。ありがとうございました。


岩崎 凪沙さん(前女)
【中2春―準2級・高3春―準1級】合格
【東京外国語大学(言語文化学部英語)】合格

準1級を受けるにあたり、最初は解けなくて不安でしたが、単語をたくさん覚えたり、リスニング力が上がったりと、英語がもっと好きになりました。二次試験の対策では、面接の練習をしていただきました。本番では落ち着いて話すことができました。

私は、英検準1級の合格に至るまでMEに本当にお世話になりました。一次試験の対策では、単語やリスニングだけでなく、英作文もとても丁寧に添削してくださいました。一回目は残念ながら合格することが出来ず、悔しい思いをしました。中途半端に覚えていた単語をもう一度見直し、自分で単語ノートを作り、穴をなくすようにしました。また、リスニングは毎日聞き、繰り返し行いました。過去問を解いているうちに、自分でも長文を読むスピードが上がっていることが分かり、徐々に自信もついていきました。準1級を受けるにあたり、最初は解けなくて不安でしたが、単語をたくさん覚えたり、リスニング力が上がったりと、英語がもっと好きになりました。二次試験の対策では、面接の練習をしていただきました。そのおかげで、本番では落ち着いて話すことができました。合格することができて本当に嬉しいです。ありがとうございました。
佐藤 大祐くん(前高)
【中1春―3級・中1冬―準2級・中2秋―2級・高1秋―準1級】合格
【東京大学(文科一類)】合格

MEに通い始めてから3年の歳月が流れました。この三年間、得たものは数え切れません。それが、準1級の試験に際し、遺憾無く私を支えてくれたことに異論は唱えられません。唱えたくても唱えられない、それほどまでにMEで学んだことの価値は高いということです。きっとこの自信は大学受験においても私を支えてくれます。

私がMEに通い始めてから3年の歳月が流れました。私がこの三年間、この学び舎で得たものは数え切れません。しかし、それらがこの度、準1級の試験に際し、遺憾無く私を支えてくれたことに異論は唱えられません。唱えたくても唱えられない、それほどまでにMEで学んだことの価値は高いということです。
今回私が受験したのは準1級。合格点も2級までの6割から7割に上がり、当然のことながら難易度も格段に変わりました。以前から聞いていたことではありましたが、初めて準1級の問題に目を通したとき、ここまで違うものなのかと驚いたことを覚えています。しかし、それが今では、長文問題を解くことに楽しみすら覚えます。一体何が嫌悪感を親近感に変えたのでしょうか。それは上述の通り、英検講習のみならず、この3年間で蓄積したもの全てに対する自信です。始めはその自信に気付いていませんでした。だからこそ始めは嫌悪感があったのでしょう。しかし、岩間先生の熱心で的を射た指導がその自信に気付かせてくれました。私はこの自信が今回の準1級合格の最大の要因であったと思っています。きっとこの自信は大学受験においても私を支えてくれます。ここに足を踏み入れる度にその自信は増幅していくでしょう。そんな風に思える、それが「ME」という塾です。


中井 亮太朗さん(中央)
【高3春―準1級】合格
【東京大学(理科二類)】合格

準1級の合格への秘訣はやはり、1次試験。長文とリスニングで点を稼ぐことだと思う。大問1はどうしても中高生には知識不足だが、長文やリスニングは練習次第で伸ばせるからだ。そして、MEの指導をうけること。何よりの合格への近道かもしれない。次は大学受験でも合格を手にしたいと思います。

私が準1級を受けたのは今回で3度目。2級までは家で市販の問題集をやれば何となく合格できたものの、準1級となると1度目は全く歯が立たず、2度目は後一歩のところで跳ね返され、合格への厳しさを思い知った。3度目の正直ということで決意を新たにし、私はMEに助けを求めた。これまでの受験でリスニングがうまくいかなかったためそれについて相談すると、すぐに山のような教材が我が家に届いた。部活の最後の大会と重なり忙しかったがMEの支援に支えられてその教材をこなした結果、見事に1次を合格できた。そして、2次試験。2級までとは一味違った内容だったが、本番よりも緊迫した雰囲気の個人授業を2度していたおかげで、ネイティブの試験官との会話も楽しく感じられ、こちらも合格できた。
準1級の合格への秘訣はやはり、1次試験、中でも長文とリスニングで点を稼ぐことだと思う。大問1はどうしても中高生には知識不足だが、長文やリスニングは練習次第で伸ばせるからだ。そして、MEの指導をうけること。これは何よりの合格への近道かもしれない。皆が親身になって支援してくださり、合格へと導いてくれると思う。
MEの皆さん、特に指導してくださった七里先生、岩間先生、本当にありがとうございました。これからもMEの下で更に上を目指し、次は大学受験でも合格を手にしたいと思います。


清水 周一郎くん(前高)
【中1秋―2級・高2秋―準1級】合格
【京都大学(工学部電気電子工学科)】合格

単語集を常に持ち歩いて暇があれば見るようにしました。リスニングは、分からなかったところをひたすらシャドーイングし、CDと同じように言えるまでやりました。MEの講習を受けることの最大の利点は、英作文の添削を受けられることだと思います。最初は真っ赤になって返ってきたものが、だんだん余白が多くなっていくのは気持ちが良かったです。

2級に合格した後、準一級の過去問を解いてみましたが、全く語彙がわからず、2級との差に驚きました。MEの講習を受けましたが先生が言われたことを十分に実践できず、2度落ちました。
2度の失敗を反省し、単語集を常に持ち歩いて暇があれば見るようにしました。リスニングは、分からなかったところをひたすらシャドーイングし、CDと同じように言えるまでやりました。
MEの講習を受けることの最大の利点は、英作文の添削を受けられることだと思います。最初は真っ赤になって返ってきたものが、だんだん余白が多くなっていくのは気持ちが良かったです。
二次試験もこれまでより難しく、対策をしていただかなければ絶対に受からなかったと思います。授業で質問されて隣の方は答えられるのに私は黙ってしまい、とても焦りました。もらったプリントでつなぎの言葉を覚え、過去問で質問を見てすぐに答えが浮かぶようにした結果、本番では何とか黙らずに答えることができました。

最後に、指導してくださった岩間先生をはじめ先生方、野上さんやスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。


小泉 彩佳さん(前女)
【高1冬―2級・高2冬―準1級】合格
【東京医科歯科大学(医学部医学科)】合格

MEの授業で、構文の訳し方や意味のまとまりの捉え方の基礎を定着させることができ、複雑な英文も落ちついて読み進めることができました。苦手だったリスニングも、驚くほど得点率が伸びていきました。二次試験も緊張せずに自信を持って自分の考えをまとめ、伝えることができました。

1次試験で、私の大きな得点源となったのは、長文読解とリスニングでした。長文読解では、MEの授業で、構文の訳し方や意味のまとまりの捉え方の基礎を定着させることができたおかげで、複雑な英文も落ちついて読み進めることができました。また、最初は苦手だったリスニングも、教えていただいたようにシャドーイングを繰り返すうちに、自分でも驚くほど得点率が伸びていきました。リスニングの配点はとても高いので、それを強化できたことが、大いに合格に繋がったと感じています。
二次試験対策も行っていただきました。準1級では、時事問題が出題されるため、当初はかなり苦戦しました。しかし、定型表現などを教えていただき、しっかり対策をすることができたおかげで、本番ではあまり緊張せずに自信を持って自分の考えをまとめ、伝えることができました。

MEの英検対策で教えていただいたことは英検が終わったあと、入試に向けた勉強においても役立っており、自分の英語力の大きな向上に繋がったと思います。忙しい中指導して下さった岩間先生をはじめとする先生方、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。


堀内 桃音さん(前女)
【小6春―4級・小6冬―3級・中1秋―準2級・中2冬―2級・高2春―準1級】合格
【弘前大学(医学部医学科)】合格

準1級に合格できたのは、MEの先生に言われたことを信じて素直にやったからだと思います。単語集は日本語を英語にする練習を1日のノルマを決めてやりました。自家製の単語ノートは常に持ち歩き、知らない単語もすべてまとめ、これも毎日読みました。覚えた単語が問題に出てくると嬉しくて、もっと覚えようと思いました。

私が準1級に合格できたのは、MEの先生に言われたことを信じて素直にやったからだと思います。特に先生がおっしゃる通り、この級で大切なのは単語力です。単語集は日本語を英語にする練習を1日のノルマを決めてやりました。自家製の単語ノートは常に持ち歩き、英検の勉強中だけでなく学校の英語の授業やMEの通常授業で出会った知らない単語もすべてまとめ、これも毎日読みました。覚えた単語が問題に出てくると嬉しくて、もっと覚えようと思いました。他にも勉強内容で大切だと感じたことはありますが、それは先生が講習でおっしゃるのとほぼ同じことなのでやはり言われたことを素直にやることが合格への一番の近道だと思います。
もう1つ非常に重要なのが「どうしても受かりたい」という意志と「英検の勉強が好き」という気持ちです。受験3度目だった私の心は悔しさや希望、プライドのようなものでいっぱいで、受かりたいという意志は誰よりも強かった自信があります。ですが、強い意志を持っていてもその努力が苦痛でしかなければ、準1級合格は非常に困難です。私は英語の勉強が好きでした。やればやるほど徐々にその成果を実感できるのが楽しかったです。苦しい時は講習や丁寧な英作文の添削を通じて伝わる先生方のエールに支えられました。
合格できて本当に嬉しいです。MEの先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


田口 敦也くん(前高)
【高2秋―準1級】合格
【早稲田大学(文化構想学部)】合格

また落ちてしまうかもしれないという気弱な自分もいました。英検講習第一回目出席時に、その思いは吹き飛びました。先生方の熱意が僕にやる気を起こさせ、絶対にくらいついてやる、合格してみせるという気持ちを引き出してくれました。毎回必死で授業に食らいつき、MEの学習スケジュールに沿って学習し、約一か月後に自分でも確実に合格に近づいていると実感しました。

ぼくが英検準一級を受験したのは、実は今回が二度目でした。第一回目の受験時には、試験の内容が難しいとわかっていながらも、どこか舐めてかかってしまっていました。部活動が忙しいことを理由に、折角のME英検補習講座にもほとんど出席せず、自宅での勉強も全くというほど手を付けぬまま受験日を迎えてしまいました。結果は言わずもがな、自分の実力のほどを思い知ることになりました。
二度目の英検講習申込時、どんなに忙しくともME英検補習をしっかり受けようと思いましたが、また落ちてしまうかもしれないという気弱な自分もいました。しかし、英検講習第一回目出席時に、その思いは吹き飛びました。先生方の熱意が僕にやる気を起こさせ、絶対にくらいついてやる、合格してみせるという気持ちを引き出してくれました。毎回必死で授業に食らいつき、MEの学習スケジュールに沿って学習し、約一か月後に自分でも確実に合格に近づいていると実感しました。結果は合格ラインよりかなり余裕をもって合格することができ、英作文においいては、きめ細かな指導のお陰で満点を取ることができました。先生方に感謝申し上げるとともに、これから英検受験を志望する方には、MEを信じていけば絶対合格できるということをお伝えしたいです。


牛久保 夏姫さん(前女)
【高1春―2級・高2冬―準1級】合格
【昭和大学(医学部医学科)】合格

単語集をみて、自分の知らない単語がほとんどで絶望的でした。でも、講習に参加し、配られた計画通りに毎日単語を覚え、過去問をやったりして合格することができました。講習では、自分でどのように勉強すればいいのか具体的に教えて下さったり、また、英作文は自分が書いてきたものを添削していただいたりと、とても役に立つものでした。

私は高校1年生の春にMEに入りました。MEで初めて授業を受けたとき、先生が1人ずつ指して答える形式は私にとって新鮮なもので、その授業のスピードや先生の熱意に圧倒されました。MEに入る前の中学生の時は自分では英語は得意な方だと思っていたのですが、MEに入ってから、自分の文法力のなさを思い知らされました。今考えてみると、自分が中学のときに動詞、形容詞、副詞のはっきりとした意味も知らずに全てフィーリングで英語の問題を解いていたことが信じられません。
私は高校になってからすぐに2級を受けようとMEの講習に出て、合格することができました。2年生になってから、準1級を受けようと思ったのですが、単語集をみて、自分の知らない単語がほとんどで絶望的でした。でも、講習に参加し、配られた計画通りに毎日単語を覚え、過去問をやったりして合格することができました。講習では、自分でどのように勉強すればいいのか具体的に教えて下さったり、また、英作文は自分が書いてきたものを添削していただいたりと、とても役に立つものでした。二次試験では、冬はもともと講習がなかったのですが、忙しい中で面接の練習をして下さり、何を気をつければいいのかを本番でもやり切ることができました。

準1級に合格できたのはMEのおかげです。本当にありがとうございました。


櫻井 菜那子さん(前女)
【高3春―準1級】合格
【筑波大学(人文文化学群比較文化学類)】合格

知らない単語が多すぎて最初は大変でしたが、英検講習で指名された問題は特に印象に残っていて過去問題を解くうちに見たことのある単語がどんどん増えていきました。また、の多い添削課題をこなすのは大変でしたが、CDでの個人添削のおかげで、一次試験のwritingは一番の強みになりました。

最初は受けるかどうか迷っていた準一級でしたが、MEの先生方の勧めもあり、友人と受けることに決めました。準一級のレベルは難しいと聞いていたので、今回不合格でも次の秋受験で絶対に合格しようという気持ちでした。過去問題を解いて特に苦戦したのが大問1番の単語です。知らない単語が多すぎて最初は大変でしたが、英検講習で指名された問題は特に印象に残っていて過去問題を解くうちに見たことのある単語がどんどん増えていきました。また、MEでは英検までに、毎日何をやればいいか指定してもらっていたので効率よく勉強できました。量の多い添削課題をこなすのは大変でしたが、CDでの個人添削のおかげで、一次試験のwritingは一番の強みになりました。リスニングは英検講習でも自分の出来なさを実感し家でのシャドウィングに力を入れました。二次試験対策では、普段の日本語を英語にするという口頭英作が役立ちました。合格したと知った時は本当に嬉しかったです。英検の勉強で身につけたことは必ず受験勉強においても力になると思いました。MEの英検講習はいつ指名されるか緊張しながら受けていましたが、先生方に言われたことを必死にやりながら緊張して、本当に良かったです。


村上 ひなのさん(前女)
【小6秋―4級・中1春―3級・高1春―2級・高3秋―準1級】合格
【千葉大学(教育学部養護教諭養成課程)】合格

MEの先生方が教えてくださった問題の解き方とフォローの仕方を徹底しました。間違えた問題をまとめ、単語ノートをつくるということを1つ1つていねいに行うことで、長文の読みが格段と速くなり、何かコツを掴んだ感覚がありました。特に口頭英作は効果が高かったと思います。次に、岩間先生が吹き込んで下さった短文フレーズ集をノートにまとめ、音声をスマホに録音して毎日聴きました。

初めて準一級の問題を解いたときは、今まで受けた級とのレベルの違いに驚いたことを覚えています。知らない単語ばかりが羅列した選択肢に、時間内に読みきることができるのか分からないほどの長文の数。最初はただ問題をこなすだけで、まったく得点は伸びませんでした。自信を持って英語が得意と思えるようになるためにも、なんとしても準一級に合格したかったので、勉強法を改めました。まず、MEの先生方が教えてくださった問題の解き方とフォローの仕方を徹底しました。間違えた問題をまとめ、単語ノートをつくるということを1つ1つていねいに行うことで、長文の読みが格段と速くなり、何かコツを掴んだ感覚がありました。特に口頭英作は効果が高かったと思います。次に、岩間先生が吹き込んで下さった短文フレーズ集をノートにまとめ、音声をスマホに録音して毎日聴きました。関連する単語や、間違えやすい単語も付け加えながら解説されていて、とても役に立ちました。単語に関しては、意味をそのまま覚えるのではなく、語源を調べながら覚えるようにしていました。「理解」することで、単語の定着がよくなり、意味の推測も可能になりました。試行錯誤を繰り返しながらで、何度も失敗しましたが、MEの親身なサポートのおかげで合格を勝ちとることができ、単語の問いでは満点をとることができました。岩間先生、野上さんをはじめとするスタッフの方々、そして七里先生、本当にありがとうございました。次のステップも見据えてこれからも頑張ります。

2018年英検春講習→受付開始!


6月3日(日)に、本年度第1回英語検定が実施されます。MEでは、毎年恒例の英検講習を行います。毎回多くの生徒さんが、この講習で成果を上げ合格を果しています。在籍者の方はもちろんのこと、皆様のご兄弟、ご親戚、お知り合いの方で英検受験に興味のある方がいらっしゃいましたら、是非ともご参加ください。

注意事項(必ずお読みください):

◆ 英語検定試験の申込は当学院では行っておりません。学校または書店にて、各自お申し込みください。 (英語検定の書店申込締切日は5月7日・英検HP申込締切日は5月11日です)

◆ 講習会で使用する教材は、旺文社「2018年度版 英検○級 過去6回 全問題集」です。各自で用意いただき、毎回授業に必ずご持参ください。
◆ リスニングCDも各自ご用意ください。
◆ 上記授業料には、音声教材費・二次試験対策授業料も含まれています。
◆ 在籍者以外の方が講習参加後引き続き入会される場合、入会金が半額免除となります。


お問い合わせ:

受付締切日は授業の2日前までとさせていただきますが、募集定員に限りがありますので、お早めにお電話にてお申し込みください。
お問い合わせ・お申し込みは 027-224-7257 へお電話ください。(受付時間 14:00~22:00)。授業内容他のご質問もお気軽にご相談ください。

インターネットで簡単・便利に英検講習お申込み! :

準2級・2級・準1級は受付終了しました。

英検コース名:*
氏名:*
ふりがな:*
E-mail:*
ME在籍者:*
学年:*
学校名:*
住所:*
電話番号:*
間柄*
注意事項1:    【確認後✓入れてください】 *
注意事項2:    【確認後✓入れてください】*
注意事項3:    【確認後✓入れてください】*
注意事項4:   【確認後✓入れてください】*
通信欄:
Word Verification:

【本日、更に更新!】高3生、ラストスパートがゴールを決める!

高校3年になってからMEで英語の勉強をはじめる方は、毎年たくさんいらっしゃいます。みなさん、1年間のMEでの学習で、しっかりとした実績を残しています。本年3月18日にME卒業生18名にご参加いただいた座談会から、高3になって入られた方の声をご紹介します。

七里:ともすると、小学校からやっているから、中学校からやっているから英語ができると考えがちですけど…。江原さんは高校3年生になってから、MEに入られていますね。高校3年から始めても、大丈夫でしたでしょうか。

江原:最初は本当に何を言っているか分からなかったんですけど、何回も同じことを教わるので、自然と、「あーこれ前にやったな。」とか、「ここは自分は覚えていないんだな。」といのがしっかり分かるし、あとは口頭英作とか、単語集やった方がいいとか、そのとき何をすればいいかをしっかり教えておらえるので、勉強の方法が分からなくても、どうやったらいいかが分かるので、やりやすかったし、英語の力もつきました。

次に、高校3年から入会された方から、合格体験記の中から代表的なものをご紹介します。

(体験記は、今後さらに順次追加を予定しております。)

MEでは、高3からでも安心して入会していただけるよう、個人及び団体でのフォローアップ授業をおこない、万全のサポートをさせていただきます。ぜひとも、MEの力を実感してください。

========== BRAND-NEW ==========

▼塚田 康之介くん(中央)▼
早稲田大学(教育学部教育学科)
ME入会:(既卒-9月)

MEの授業はとにかく速く、ここでの時間はとても濃密なものでした。文法、単語、構文は基礎から徹底し、何度も繰り返し短文にして、確実に頭に叩き込まれました。さらにMEでは、過去問の使い方や、他教科のアドバイスもして頂きました。そのおかげで、センターでは他教科でも九割に到達し、志望校に合格することが出来ました。

▼小林 巧くん(前高)▼
慶應義塾大学(経済学部経済学科)
ME入会:(高3-3月)

難関大学の長文は和訳してもその意味が抽象的で、解釈するのが難しい場合が少なくないのですが、岩間先生はその卓越した国語力で文章の本質に迫り、高校生でも理解できるくらいの表現で説明してくれました。また、先生は医学・生物学・音楽などに関する理解も深く、授業では毎回目から鱗が落ちたものです。

▼狩野 駿くん(前高)▼
東北大学(工学部情報知能学科)
ME入会:(高3-4月)

センター後の個人授業による七里先生、岩間先生の手厚い御指導により、短期間の間に、確実に二次力を身につけることができました。そして、本番はあせることなく、自信を持って、MEで身につけた力を発揮することができ、合格する事ができました。

▼星崎 安希奈さん(前女)▼
東京外国語大学(外国語学部中国語学科)
ME入会:(高3-8月)

私が入塾したのは高3の夏休み。英語は大好きでしたが、志望大が東京外語大ということもあり、赤本を見て意気消沈していた私は友達の間で評判のMEに入ることに決めました。センター直前講習や二次試験直前の個人授業ではこれでもかってくらい時間を取り、岩間先生には本当にお世話になりました。電話授業では毎回七里先生から勇気とやる気、自信をもらいました。

▼岩井 郁実さん(高女)▼
東北大学(工学部機械知能航空工学科)
ME入会:(高3-9月)

MEの最大なる特徴は、その独特な授業の雰囲気にあると思う。先生がテンポよく喋る言葉を即座に頭で理解し、ノートに書きつけて行かねばならない。しかし、この耳で聞いて手を動かす作業を繰り返し行うことで、難しいイディオムも自然と頭に入っているから不思議だ。

▼宮崎 めぐみさん(前女)▼
千葉大学(工学部共生応用化学学科)
ME入会:(高3-4月)

入塾する前と比べれば、英語の点数は見違えるほどです。元々苦手教科だった英語が、私立や国立の試験では得点源の教科へと変わることが出来ました。七里先生の授業はいつも緊張しましたが、答えられる度に、自分でも成長しているのが感じられました。また、個別授業では、七里先生と岩間先生に教えていただき、特に国立の試験では『出来た!!』と自信が持てる程まで成長することができました。

▼牛込 有紀さん(前南)▼
早稲田大学(文化構想学部文化構想学科)
ME入会:(高3-4月)

最初はすごく大変でしたが、授業に慣れてアドバンスクラスに上がれた秋頃、気がついたら模試の英語で校内で3番になっていました。それからは模試でも定期テストでも2,3番を維持することができ、英語が好きな教科なだけでなく得意な教科にもなりました。

▼萩原 幾都くん(前高)▼
早稲田大学(文学部文学科)
ME入会:(高3-8月)

何という理由もなく、以前から評判を聞いていたMEに入ることにしました。今にして思えば、これが最高の選択でした。スピーディーでキメの細かい授業と個人の力量や志望校に合わせた個人レッスン。英語だけでなく他の科目にまで学習の指針を示してくれたこと、これらによって私の学力はどんどん伸びていきました。

▼磯 知香子さん(前女)▼
お茶の水女子大学(文教育学部芸術表現行動学科)
ME入会:(高3-4月)

七里先生と岩間先生のユーモアを交えたスピーディーでわかりやすい授業、先生・スタッフの方々の温かい励ましの中で、基礎から着実に力を身につけていくことができました。こんなに生徒のことを第一に考えてくれる塾はありません。この先生方についていけば絶対に大丈夫だと自信を持って言えます。

▼石井 未来さん(前女)▼
東京外国語大学(外国語学部日本語学科)
ME入会:(高3-9月)

試験の直前期には七里先生は授業後、お疲れにもかかわらず毎日電話で英作文をご指導いただき、私に自信をつけさせてくださいました。本当にここまでしてくれるのか、というくらいの先生方の熱心さが私を合格へ導いて下さったのだと、感謝しています。

▼若井 瞳さん(前女)▼
早稲田大学(人間科学部人間環境科学科)
ME入会:(高3-4月)

七里先生の授業では他のどの塾にもないと断言できるほど内容が濃く、かつ分かりやすい丁寧な英語を学ぶことができましたし、またいつ指名されるか分からない緊張感のもとスピード感をもって臨むことができました。私大入試直前には個人授業ならびに電話授業でご指導いただき感謝していると同時に先生の熱意には感動しました。

▼小林 三希子さん(共愛)▼
慶應義塾大学(総合政策学部総合政策学科)
ME入会:(高3-4月)

日本に帰ってきて初めて受けた七里先生の授業を受けた時の衝撃は今でもはっきり覚えています。以前より目に見えてわかるくらい先生の言葉がどんどん自分の中に入ってきました。それがすごく嬉しくて、成長できたと実感しました。

▼吉田 直樹くん(前高) ▼
産業医科大学(医学部医学科)
ME入会:(高3-7月)

「センターの問題を徹底的にやれ。」という七里先生の言葉を信じて、一つの英文を完全に理解できるまで繰り返したおかげで、慶応や医学部の問題も難なく読めるようになったのだと思います。どんな場面でも使えるシンプルな道具を持つことこそが入試では生きてきます。七里先生はそんな道具を私に与えてくれました。

▼藤澤 彩さん(前女)▼
筑波大学(第一学群人文学類)
ME入会:(高3-4月)

信じることのできる先生を決めること。そして、その信じた先生の言うことを必ず守ること。私の場合、それは七里先生でした。先生は決してムダなことをやらせないし、生徒を裏切らない。英語に関しては、MEを選べば間違いありません!!

▼南雲 大輔くん(高高)▼
早稲田大学(商学部)
ME入会:(高3-9月)

受験勉強を始めた当初、あまりの英語の出来なさに焦りを感じ、いとこの紹介でMEに入りました。他の塾には決してない、先生独特の授業と先生の熱心さにはとても驚きました。授業は無駄がなく、大学受験に必要なことを全て教えてくれます。そのおかげで本当に考えられないほど英語の力がつきました。

▼高橋 恵理子さん(前女)▼
早稲田大学(第一文学部)
ME入会:(高3-7月)

MEに入ってまず最初に驚いたことは他の塾と違って「英文を読んで訳す。訳した文は英語で言えるかどうか確かめる」という全員が参加するという形の授業だということです。指名されるので適度に緊張感があり、集中力が高まります。「主語を訳して後ろから前に訳す」方法を教えてもらってからは、長文を速く正確に理解することができるようになりました。

▼高柳 舞さん(前女)▼
早稲田大学(第一文学部)
ME入会:(高3-4月)

最も重要な科目である英語がどうも低迷していたのです。通っていた大手の塾もやめ、自己流でやろうかとも考えました。ある時友達の勧めでMEへ見学に行き今まで見たこともないような英語の授業に出会いました。受験まで10ヶ月を切っていた私は、七里先生のパワフルな授業に託してみようと、即決めてしまいました。今、その選択が正しかったことを確信しています。

▼西子 摩美さん(前女)▼
早稲田大学(第一文学部)
ME入会:(高3-4月)

高校3年になって、伸び悩んでいた英語をどうにかしなくてはと切実に思うようになりました。そこで友人に相談したところMEを勧められました。MEで英語の学習方法について指導を受けていくうちに、効率よく勉強できるようになりました。センター試験後は、個人指導の中で英作文の書き方や赤本の使い方について的確に教えていただきました。授業中の雑談のおもしろさとその個性の強さに、はじめの頃は多少圧倒されましたが、今から思えば、それが受験を現役で乗り切ることができた一つの要因であったように思います。

========== NEW ==========

▼飯塚 紗希さん(前女)▼
群馬大学(医学部医学科)
ME入会:(高3-4月)

七里先生は生徒一人一人の特徴や弱点を的確に判断したうえで授業を展開して下さり、クラス全体の授業においても個人授業を受けているように自分の欠点に気付き、埋め合わせることができました。岩間先生はスピード感のある授業はもちろんのこと、医学関連の英語にとても精通されていて、医学部を志していた私には大変貴重な知識をたくさん教えていただきました。

▼川原 有貴さん(前女)▼
筑波大学(医学群医学類)
ME入会:(高3-6月)

5月に部活動を引退し、自分でもどう英語を勉強したらいいか分からず、焦りを感じて入塾しました。MEの授業を受けて、基礎を繰り返し学習することは遠回りのように見えて、できるようになる一番の近道なのだということを実感しました。最初は苦手だった英語を、受験では一番の得点源にすることができたのはMEのおかげです。

▼三木 祐子さん (前女)▼
京都大学(農学部資源生物科学科)
ME入会:(高3-5月)

高三の五月にMEに入塾することに決めました。MEのスピードのある、五感をフル活用させた授業はとても新鮮で、地道な反復練習の重要性も実感することができ、私の英語に対する態度は大きく変わりました。毎回の授業での心地のよい充実感と先生方の熱意は、私のモチベーションを引き上げてくれました。

▼小鮒 美香さん(前女)▼
山形大学(医学部医学科)
ME入会:(高3-7月)

まずMEに入って実感したのは、先生の指導の丁寧さとその熱意です。基本的な文法から長文の読み方まで、個別に指導していただき、自分の苦手分野を明確にし、克服することができました。そして、終始緊張感のある授業でも、手を抜きがちな読みや単語を繰り返し学ぶことで、自分の力を引き出すことができました。

▼市川 翔くん (前高)▼
昭和大学(医学部)
ME入会:(高3-4月)

個人授業では先生はすばやく私の弱点を見破り、どこに重点をおいて勉強すればいいか、私に合った勉強方法を教えていただきました。その結果自分でも驚くほど英語の力を伸ばすことができました。反面もっと早くMEに通っていればと悔いを残しました。

========== 2018年 合格 ==========

▼山田 みどりさん(前女)▼
新潟大学(歯学部歯学科)
ME入会:(高3-4月)
高3の春期講習からMEに入塾しました。口頭英作を習慣にしてから定期テストや模試の成績も上がり、英語だけは誰にも負けないという自信を持って臨むことができました。本番では口頭英作をしていた文と似たような文が出題され、MEの授業内容の充実を改めて実感することができました。

▼荒井 実加子さん(前女)▼
筑波大学(人間学群教育学類)
ME入会:(高3-6月)
私はMEに入塾したのは、部活を引退した六月でした。英語は元々得意だったのでさらに伸ばしたいと思ったからです。通った半年間でたくさんのことを学ぶことができ、それを自信にかえて、試験に臨むことができました。この学んだ英語力を活かして、実際の入試では自分の力を出し切ることができたと思います。

▼吉田 未奈さん(前女)▼
慶應義塾大学(文学部人文社会学科)
ME入会:(高3-4月)
私がMEに入塾したのは高校3年生の春です。指名されても答えることができず、私が答えられなかった質問を先に入塾していた同級生たちが答えていく姿を見て、非常に悔しく思いました。しかし、補習もたくさん実施してくれるし、授業も「繰り返し」をテーマとしているので、入塾するのに遅いかなと心配する必要はありません。

▼江原 みなみさん(高女)▼
早稲田大学(商学部)
ME入会:(高3-5月)
初めてMEの授業を受けたのは高3に上がる春休みでした。スピーディーかつ熱意のある授業、指名されても即答する他の人たち、そして漂う緊張感。それまで勉強や受験に対して真剣に向き合ってこなかった私にとって、それは驚きや刺激や焦りなどの連続でした。MEなしでは私の合格はほど遠かったと思います。

▼北澤 梨奈さん(前女)▼
早稲田大学(文学部文学科)
ME入会:(高3-5月)
私は高3の春からMEに入塾しました。この文法の時はこの例文と決まっているため、それを何度も繰り返すことで、あやふやだった知識が着実に定着していきました。模試や定期テストでも、何度も「これMEで習った!」となり、英語の得点はみるみる上がっていきました。

▼勝守 晴香さん(前女)▼
東北大学(農学部)
ME入会:(高3-4月)
私がMEに入塾したのは高3の春でした。私が答えられなかった質問に他の子がスラスラ答えると悔しさが込み上げる、その悔しさが私をつき動かしていたように思います。「次は必ず答えてみせる!」その一心で毎週欠かさずMEノートと単語ノートを作成した結果、英文法はもちろんのこと、長文の理解度もぐっと高まりました。

▼東山 宝さん(農二)▼
新潟大学(医学部保健学科-診療放射線技術)
ME入会:(高3-4月)
私は3年のはじめにMEに入りました。模試でも少しずつ結果がでてきてMEにいってなかったらここまで伸びてないだろうなと思います。MEに通う周りのみんなからも刺激を受け自分の学力を伸ばすことができ、全ての大学に合格することができました。

========== 2017年 合格 ==========

▼井上 真琳さん(前女)▼
早稲田大学(人間科学部)
ME入会:(高3-4月)
「自分は英語ができない。」と思いこんでいましたが、常に「来週即答」を胸に、MEで習ったことの復習を積み重ねていきました。すると、入塾前には英語が致命的で地を這う成績だった私でしたが、模試を受けるたび点数が伸び、実力がついてきたことを実感できるようになりました。

▼高橋 美玖さん(前女)▼
一橋大学(社会学部)
ME入会:(高3-4月)
MEの授業を受けてみると、得意な方だと思っていた英語でしたが、その基礎力のなさに愕然としました。そのことによって一から英語と向き合い、自分の欠けている所を見つめ直すことができました。また、MEの授業には受験に打ち勝つヒントがたくさん隠れていました。

▼田部井 栞里さん(前女)▼
東北大学(文学部人文社会学科)
ME入会:(高3-4月)
入塾してから今まで、圧倒されっぱなしでした。授業へ向かう度に緊張し、一年間を通して慣れることはありませんでした。スピード感のある中で内容がしっかりとつまったME式の授業に夢中になっていました。もちろん他の教科の成績向上までも助長しました。

▼有馬 大樹くん(前高)▼
群馬大学(医学部医学科)
ME入会:(高3-4月)
その後時間に余裕ができてからは、MEノートや単語ノートなど復習に手が回るようになりました。そこからは授業で答えられるようになり、素早く内容を理解できるようになったりして、知識が定着していくのが手に取るように分かりました。

▼萩原 茜さん(前女)▼
早稲田大学(教育学部国語国文学科)
ME入会:(高3-4月)
『授業1コマの中にこんなにもたくさんのことを教えてもらったのか』と驚きました。しかも、その中に1つも無駄なことはない。全てが試験に出る最重要なフレーズ、単語でした。始めは英語に不安を持っていた私も、すらすらと読めるようになり、自信がつきました。

▼島田 真帆さん(中央中等)▼
早稲田大学(文学部)
ME入会:(高3-4月)
授業では毎回違う問題に向かうのですが、一つの問題からいろんな話に広げてくれ、大切なポイントは何度でも授業で扱ってくれるので、定着して行きました。MEに通うようになって、解き方が見えるようになり、模試でも点数を伸ばせるようになりました。

▼武藤 歩さん(前女)▼
お茶の水女子大学(文教育学部人文科学科)
ME入会:(高3-9月)
スピードやプレッシャーは慣れれば大した問題ではなくなり、予習をすれば充分に理解が出来て、授業はこれ以上ない程に実のあるものになりました。「知らない単語は、自分でノートを作って見直すべき」というアドバイスは、センター試験だけでなく、お茶大2次試験英語の必出である和訳の大きな手助けとなりました。

====================

▼片野 愛理さん(前女)▼
早稲田大学(法学部)
ME入会:(高3-4月)
100分という時間の中でこんなに引き込まれ、魅力的な英語の授業は他にはありません。正直に言うともっとMEの授業を受けたかったし、もっと早くから入ればよかったと後悔しています。

▼住谷 春菜さん(農二)▼
筑波大学(文化・人文学群人文学類)
ME入会:(高3-4月)
授業を受け、復習をするうちに学校の授業でも文の構造を考えながら今までより速く文が読めるようになりました。模試で第一志望校がEだったのがABCをとれるようになったとき、本当にMEに行って、MEの授業を信じてよかったと思いました。

▼田村 みち瑠さん(前女)▼
新潟大学(人文学部人文学科)
ME入会:(高3-5月)
センター試験対策では模試の点数も毎回上がっていきました。英文を曖昧に読んでしまう癖がありましたがMEのおかげで無くなりました。個人授業は一人一人に合った授業をしてくれます。英作文が苦手でしたが、本番では今までで一番自信のある英作文が書けました。長文問題も落ち着いて解くことが出来ました。

▼山田 麻衣さん(前女)▼
東京学芸大学(教育学部初等教育職員養成課程-音楽)
ME入会:(高3-7月)
問題パターンもつかめるようになりました。長文に関しては主体のとり方や速読の仕方、重要単語などを1つ1つ丁寧に教えて下さったおかげで長文を読むことに抵抗がなくなり、読む速度も上がりました。

▼黛 風雅くん(前高)▼
東京大学(理科一類)
ME入会:(高3-9月)
同級生がMEで力を付けているのを知っていたので、興味を持ち入ってみると、そこでは体験したことのない英語が繰り広げられ、授業を受けた瞬間、悟りました。この先生達はすごい、全幅の信頼を置いて任せられると。そしてもっと早く来ていたら、と悔やみました。それほどにMEに可能性を感じたのです。

▼竹之内 玲泉さん(前女)▼
自治医科大学(医学部医学科)
ME入会:(高3-9月)
それまでは塾へ行かず自力で何とかしていましたが、MEに通うようになってからそれでは駄目だったのだと気付かされました。MEで教えてもらった知識はどれも役立つものばかりで、自力でやっていた時には絶対に覚えなかっただろう知識が驚くほどたくさんありました。

▼西澤 健くん(前高)▼
東京工業大学(第7類)
ME入会:(高3-4月)

1月から始まった個人授業では、センター試験・国立大を扱っただけでなく、早稲田大学等の私立大学もやっていただきました。英文は大学によってクセがあります。理系らしい内容が含まれることもあるので過去問研究なしでは難しいです。本当に有益な時間でした。

▼清水 厚志くん(前高)▼
大阪大学(文学部)
ME入会:(高3-4月)

何度も何度も繰り返される重要文法事項は、その繰り返しの巧みさゆえ自然と自分のものになっていった。単語が分かり、構文がとれ、英文が把握できる。そうなるために必要な要素を詰め込んだのがMEの授業であった。

▼橋爪 直生さん(前女)▼
筑波大学(人間学群教育学類)
ME入会:(高3-9月)

MEの授業のスピード感、質の高さ、わかるまで教える姿勢に衝撃を受け、終わった後は毎回充実感がありました。もともと英語が好きでしたが、MEの授業を受けて知らなかった知識がたくさんあることに気づかされ、英語の奥深さに触れ、さらに英語が大好きになりました。

▼前島 花音さん(前女)▼
早稲田大学(スポーツ科学部)
ME入会:(高3-9月)

「自分で限界を決めるな」七里先生の言葉に動かされ、今まで諦めそうになっていた早稲田大学を志すことに決めてからは、単語の暗記、口頭英作を必死に行いました。熱意をもって真剣に勉強すれば必ずのびる!MEの授業を受けていると、そう確信をもつことができたのです。

▼牛込 健介くん(前高)▼
東北大学(経済学部)
ME入会:(高3-4月)

E判定だった私にもあきらめずに教えてくれ、合格へと導いてくれました。マンツーマンの個別授業では大人数の授業と違い、自分の傾向、弱点を第三者目線で見てくれ、英作文が多い東北の対策としてはこの上ないサポートでした。

▼赤石 陽一郎くん(前高)▼
筑波大学(人文文化学群人文学類)
ME入会:(高3-4月)

七里先生、岩間先生、佐々木先生がハイスピードで緊張感のある授業の中に突然放り込んでくる笑いは、とても印象的で楽しみながら授業を受けることができました。楽しむことができたので、やらされているという感覚ではなく、自分から進んでやっているという感覚で宿題をやったり、授業に臨むことができたりしました。

▼高橋 優太くん(前高)▼
千葉大学(文学部日本文化学科)
ME入会:(高3-4月)

MEには本格的に受験を意識し始めた高三の春からお世話になりました。MEでは文法と音訳を重視します。分かっていた気になっていた文法すら、穴だらけであるということを自覚し、自信を失うことからのスタートでした。それでも授業で穴を一つ一つ埋めるように指導して頂き、音訳という方法を加えることで英語が最大の得点源となりました。

▼大塚 咲希さん(前女)▼
早稲田大学(文化構想学部)
ME入会:(高3-4月)

MEで学んだ、MEならではの学習法を続けた結果、10月までに、マーク模試の点数が約70点、記述模試の偏差値が15以上上がりました。こんなに上がるとは思っていなかったのでびっくりしたし、何より嬉しかったです。

▼高坂 美帆さん(中央)▼
東京外国語大学言語文化学科アラビア語学科
ME入会:(高3-9月)

生徒の指導のために朝から晩まで寝る間も惜しみ、走って移動する先生方や事務の方々の姿は、私のやる気の源でした。こんなに熱意のある人々からなる親身な塾はそうそう無いと思います。MEの支えがあったからこそ合格をつかむことができたし、英語以上のものもMEから学ぶことができました。MEに出会えてよかったです。

▼小玉 小桃さん(前女)▼
筑波大学(理工学群応用理工学類)
ME入会:(高3-10月)

高3の10月、英語は大の苦手科目。そんな時、友達に勧められてMEに入塾しました。MEのスピードがもたらす深い内容の授業のおかげで英語力を大きく向上させることができました。MEのおかげで合格を勝ち取ることができました。

▼三好 麻子さん(前女)▼
東京学芸大学(教育学部国際理解教育課程日本研究専攻)
ME入会:(高3-4月)

MEの授業は評判どおりの、色々な意味で、すばらしいものでした。しかし、授業を受けることだけに満足して、甘んじてはならないと、自らを律しました。全力で教えていただいたことを全力で、確実に自分のものにする、このサイクルが私を合格へと導いてくれたのだと思います。

▼石原 有眞くん(前高)▼
慶應義塾大学(総合政策学部総合政策学科)
ME入会:(高3-8月)

MEは絶望を感じていた私に自信をつけさせてくれたのだ。MEの良さは、努力が実る授業を提供してくれること。それは通常授業でもそうだし、個人授業もそうである。もし英語に伸び悩んでいるという人がいるならば、まずMEを信じてやってみてもらいたい。必ず努力は実る。

▼星野 友貴くん(前高)▼
東北大学(工学部化学バイオ学科)
ME入会:(高3-8月)

MEに入ったのは高校三年生の夏期講習からでした。私は数学、理科が出来ても英語が足を引っ張ってしまい、第一志望の大学の判定もあまりよくありませんでした。友人からの紹介もありMEの夏期講習に行ってみたら衝撃を受けましたこの塾についていけば英語は必ず得意になると確信しました。MEで培った総合的な英語力のおかげで無事合格することができました。

▼細井 悠佑くん(前高)▼
東北大学(経済学部経済学科)
ME入会:(高3-3月)

僕は、入塾以前、自分は英語が苦手だという認識はあるものの、どこの分野が苦手で、どうやって学習したらよいのか、全く分からずにいました。その時にMEと出会いました。MEは僕に、英語の何をどのように勉強したらよいのか、具体的で明確な指標を与えてくださいました。

▼秋山 翔太くん(前南)▼
早稲田大学(文化構想学部文化構想学科)
ME入会:(高3-4月)

大好きだった英語が段々と苦痛に思えてきました。なぜMEに入塾することを決めたのか、きっと自分の中にまた英語を好きになりたい、得意にしたいという気持ちが残っていたのだろうと思います。合格することができました。MEのおかげで英語を再び好きになれたこと、勉強に打ち込めるようになったことを感謝したいです。

▼入 彩加さん(高女)▼
群馬大学(医学部医学科)
ME入会:(高3-4月)

私はもともと英語が好きで得点源にしたいと思い、MEに入りました。MEの授業に初めて参加した時に受けた感動は今でも忘れられません。スピード感溢れ、分かりやすく、時には思わず笑ってしまうようなユーモアがあり、授業がこれ程にまで濃いものかと衝撃を受けました。

▼近藤 瑛里さん(前女)▼
お茶の水女子大学(理学部化学学科)
ME入会:(高3-4月)

MEの先生方は、熱心に長文の読み方から英文の訳し方まで丁寧に教えてくださり、分からない部分は質問すると必ず的確なアドバイスをしてくれました。英語の勉強の仕方も徹底的に教えてくれるので、英語を最も効率の良い方法で学ぶことが出来ました。おかげで英語はセンター、二次試験ともに得点源となり、自信の持てる科目となりました。

▼飯塚 祐基くん(前高)▼
群馬大学(医学部医学科)
ME入会:(高3-4月)

高二最後の試験の偏差値は50だった。英語なんてセンス。高校ではもう手遅れ。そんな言葉が誤りと知ったのはMEに入塾してだった。MEの良さは何か。それは簡単で「努力が報われる授業」を提供してくれることだ。やればやるほど成績が上がる。部活を8月後半まで妥協なしで続けていたにも関わらず、夏休み明けの校内模試で偏差値68を記録した。

▼今泉 麻由さん(前女)▼
早稲田大学(文学部)
ME入会:(高3-4月)

指されても分からないことばかりで、今まで自分がどれだけ曖昧に知識をつめこんできたのかを痛感しました。自信大喪失でした。でも、それが良かったのだと思います。自分の駄目さに気付けたからレベルアップができました。

▼服部 純麗さん(前女)▼
東北大学(農学部)
ME入会:(高3-4月)

板書はほとんどなく、先生の言ったことをノートに書きとめたり、質問に即座に答えなければならない授業は集中力が鍛えられたと思います。ボーとしていられる時間はないので、1時間40分があっという間に過ぎていきました。MEに入ったからこそ、英語への苦手意識を払拭でき、自信をもってセンター試験や二次試験に臨むことができました。

▼申 陽実さん(共愛)▼
国際基督教大学(教養学部アーツサイセンス学科)
ME入会:(高3-4月)

予習復習を繰り返すうちに少しずつ授業についていけるようになり、自分に自信を持ちはじめることができました。いつしかMEは私の強みとなったのです。英語を勉強するって楽しい!心の底からそう思えるようになりました。

▼望月 美岐さん(前女)▼
山形大学(医学部医学科)
ME入会:(高3-9月)

あの夏、「今更塾に入ったって間に合わないよ」と渋っていた私にMEのすごさを熱弁し連れてきてくれた友人、そして遅い時期に入会したのにも関わらず一から丁寧に指導してくださり、たくさんの心遣いをして下さったスタッフの皆様、本当に感謝しています。ME外語学院で学んだ英語、そして勉強方法は一生私の宝になると思います。

▼戸村 琴音さん(前女)▼
群馬大学(医学部医学科)
ME入会:(高3-8月)

授業の流れはとても速く、初めのうちはついていくだけで必死でした。けれどMEの授業は一つ一つが濃い内容のもので、重要なポイントは繰り返し学びます。だから短期間でもかなり英語力が伸びました。MEに在籍していたのは短い間でしたが、MEと出会い、MEを信じて本当に良かったと今、改めて感じています。

▼粒良 夏未さん(前女)▼
横浜市立大学(医学部看護学科)
ME入会:(高3-8月)

始まる前はいつもドキドキわくわくで、中身の濃い充実したMEの授業は私にとって幸せな時間でした。自分の出来なさを思い知らされた悔しい日は、もっと出来るようになることを決意し、闘争心を燃やしました。足を引っ張っていた英語はいつの間にか得点源になっていました。

【新中1生必読】 ―英語が好きで、英語が一番得意なME生の金言― 前高・前女・高女・首都圏難関私立高合格者72名の言葉

【新中1生必読】
―英語が好きで、英語が一番得意なME生の金言―
前高・前女・高女・首都圏難関私立高合格者の言葉

今春、困難を乗り越えて志望校に合格を果たしたME生に、英語の勉強方法、合格への秘訣を語っていただきました。それぞれの体験記に、彼ら、彼女たちの生き生きした個性と、志望校合格に向かって努力する姿が現れています。

これから高校受験をするみなさんにとっての、共感できる言葉、勉強の指針となる金言がたくさん詰まっています。そして、自信を失ったときには、励ます言葉、やる気を引き出す言葉も見つけることができるでしょう。

ME外語学院では、みなさんの目標を実現するために、講師・スタッフが一丸となって一生懸命指導いたします。入会する方にはフォローアップ授業をおこない、万全のサポートをさせていただきます。また、英作文対策や英検対策授業など英語専門塾ならではの強みを活かす授業を展開しております。MEの指導力を実感していただければ幸いです。

【 体験記全文はこちらをご覧ください 


Y. H. さん(東中学校)
前橋女子高校

私の高校受験は、MEなしでは乗り超えられなかったと思っています。口頭英作は、英語力向上は勿論のこと、勉強方法についても大変参考になりました。長文の解き方からリスニング対策まで、丁寧かつハイスピードな授業にやる気と闘志がみなぎりました。


R. S. くん(附属中学校)
前橋高校

志望校に前期入試で合格することができました。英作文の問題では、MEで学んだ表現や文法、英作文の書きかたなどを思い出し、最後まで書ききることができました。合格できたのは、MEに通っていたからだと思います。


Y. S. さん(附属中学校)
前橋女子高校

復習をおろそかにしていたり、わかりきっていなかったりする部分を指摘されるので、授業中に余裕を感じる場面はありません。授業中の緊張感は今でも入塾したての頃とさほど変わりはないのです。初心を忘れずに授業やMEノートに取り組んだことが、合格につながったのだと思います。


T. S. さん(附属中学校)
前橋女子高校

初めのうちは、不安も当然ありました。が、MEに行くのが嫌になる、ということは絶対になく、むしろ毎週のこの時間が大好きでした。MEの授業だけは、疲労感に変わって勉強への意欲とスタミナをくれるからです。


N. M. さん(附属中学校)
前橋女子高校

中学校の定期テストでは、家で英語の勉強時間をとらなくても常に満点に近い点数をとることができました。公立高校の過去問でも九十点を下回ったことは一度もなく、前期で合格することができたのもMEで培ってきた英語力があったからだと思います。


K. Y. さん(第七中学校)
前橋女子高校

もし私がMEに入会していなかったら、中学生の間に英検2級を取得することは絶対できていなかったし、前期で第一志望の高校へ合格するのも難しかったのではないかなと思います。これからも高校英語はさらに難しくなっていくので、MEでしっかり身に付けていけるよう、頑張りたいと思います。


M. I. さん(第一中学校)
高崎女子高校

MEの授業は、学校や他の塾とは全く別物で、授業を受ける度に自分の英語力がみるみる向上していくのがわかりました。MEの授業は役に立ちました。「英語は大丈夫だ」と思えるほど自信がつき、英語学習の時間を他の教科にあててバランス良く勉強することができました。それが合格へつながったのだと思います。

E. O. さん(附属中学校)
前橋女子高校

英語は、MEの授業にしっかりと取り組んだり、問題を解いて、間違ったところはきちんとフォローするという、MEのやり方で勉強しました。英語の勉強は、特別時間をさかなくても、毎回の模試で、良い成績をとることができました。MEで養ってきた、「書くスピード」を生かし、他の教科の受験勉強も効率良く進めることができました。

A. O. さん(附属中学校)
前橋女子高校

初めての授業ではスピードの速さに驚き、同じ文法を何度も繰り返し学習する徹底ぶりにただただ圧倒されたことを思い出します。授業を重ねるうちに、定期テストや模試の成績が上がり始め、いつの間にか英語が好きになっていました。


F. I. さん(附属中学校)
前橋女子高校

そのような授業のおかげで、私にも英語がわかるようになり、模試でも安定して点を取れるようになりました。また、受験前には英作文を細かいところまで見ていただき、もらったアドバイスを思い返しながら問題に取り組むことができました。志望校に合格できたのは、MEのおかげです。


R. M. さん(第三中学校)
前橋女子高校

答えられたとき、解ったときの嬉しさ、達成感、痛快さは大きくて、多分私はその感覚の中毒になっている。これは英語以外の教科にもつながって、「学ぶ」ということの楽しさを教えてくれた。「わからない苦しさ」を超えた先を知ってしまえば、何問間違えたとしても勉強自体に嫌気が差すことはない。


Y. H. くん(附属中学校)
前橋高校

口頭でどんどん解説していくスタイルなので、耳や頭をフル回転させて必死でノートを取っていく。その上どんどん指名されるので全く気の抜けない100分。いつも自分に足りない部分を痛感し、決して現状に満足することなく、常に危機感と緊張感を持って英語に取り組んでいます。


Y. H. くん(元総社中学校)
前橋高校

併願で難関私立の高校も受けるにあたって、単語ノートも本気で作りました。入試の過去問や選抜クラスで習ったことをME清書ノートにまとめ、知らない単語や熟語は自作の単語ノートに書き加えていきました。それを作ることで、自分の単語力に対する甘さに気付き、単語をシビアに細かく覚えていくようになりました。単語ノートは、私の得意な英語を支える重要な基盤です。


S. H. さん(附属中学校)
前橋女子高校

小学五年生からMEに通っていたこともあり、「英語」だけは絶対に誰にも負けたくないというプライドがあったからこそ、一生懸命に勉強しました。私が前橋女子高校に合格することができたのも、「英語」を何よりも得意にできたからだと思います。


N. H. さん(附属中学校)
前橋女子高校

自分の答えられなかった問題を周りの子が答えると「もっと勉強しなくては!」と良いライバル意識も持つことができたと思います。前期入試にある英作文でMEで培った文法力を活かし長い文章もスラスラ書くことができました。英語を得意にしていたことは、私の強みになったと思います。


M. M. さん(附属中学校)
前橋女子高校

私は数学が苦手だったのですが、一番の得意科目が英語だったので、その分苦手科目に時間を費やすことができました。得点開示の結果、模試より二十点近く低い点数だった教科があり、大変焦りましたが、英語は満点近い点数をとることができました。私が合格できたのは、英語のおかげ、つまりMEのおかげです。


T. A. くん(公立中学校)
前橋高校

MEの授業は問答法で「○○さん…」と指名してから文法や語彙の質問がされる。その時、普段から「この人ちょっとすごいなぁ」と感じる人が誤答し、自分が正答した場合と、自分が誤答したときに他の人がサラッと正答した場合、快感や悔しさと同時に、うけた質問と解答にとてつもない印象が残る。その印象を活かすと次の授業での即答ができないことがない。


K. O. さん(南橘中学校)
前橋女子高校

単語ノートをつくり、口頭英作をくり返すことで英語の成績が伸び、得意科目になりました。MEでは、細かい知識や、高校で使うような単語も教えてくれて、英作文でとても役に立ち、自分の表現の幅が大きく広がったと思います。毎回定期テストの前に配られる音声教材のおかげで安心してテストに取り組むことができました。


C. T. さん(第一中学校)
前橋女子高校

MEに入ったのは中一の時だ。げんざいかんりょう?じゅどうたい?即答する生徒の姿、速いスピードの授業に最初はメモをとることと家での復習で精一杯だった。そして中三。一年生の時から、県立高校の過去問を何度も解いていたため、苦手な国語、数学の勉強に集中することができた。英検二級に合格することもできた。


K. H. さん(附属中学校)
前橋女子高校

毎週の授業が楽しみでした。英検2級に合格し、志望校に前期で合格することもできたのも、MEで質の高い授業を受け、自分の力にすることができたからだと思っています。高校生になっても、更にMEで英語の力を付け、三年後にまた合格体験記を書けるよう、頑張りたいと思っています。


S. H. さん(附属中学校)
前橋女子高校

受験生になるとMEの授業はさらに集中力が要るものとなり、英語は貴重な得点源となり、志望校に合格することができました。先生が毎回の授業でくり返し言う、「単語ノートづくり」や「音訳」を実践していなければ、私は英語を武器にできていなかったと思います。


W. K. さん(伊勢崎第三中学校)
前橋女子高校

小さな時から、英会話はやっていましたが、文法なんて気にしたこともなく、ほとんど感覚でやっていました。MEは、とても授業の展開が速く、文法をしっかりと教えてくれたので、きちんと英語を理解し、できるようになりました。集中力がつき、他の教科にもとてもいい影響をあたえてくれました。


M. S. さん(東中学校)
早稲田大学本庄高等学院

私は小4の時からMEにお世話になっています。MEが初めて通った塾です。他の塾に行った時は「こんなんが塾なの?学校と教え方一緒じゃん。」と感じ、MEの教え方は特別なのだと思いました。MEの授業後、私は毎回悔しさと快感を得ます。


R. I. さん(第三中学校)
前橋女子高校

週1のMEの授業を受けると自然とやる気が出てできました。入試直前は、添削してもらった英作文やこれまでの提出用ノートを見返し、英語は大丈夫だと確信しました。前日には、MEからメッセージをもらって、最後の最後まで応援して頂き、私にとって大きな励みとなりました。


S. Y. くん(附属中学校)
前橋高校

これほど英語に自信を持って受験勉強に取り組むことができたのもMEの熱い指導があったからだと思います。小学四年生の頃は、こんなに早く英語を勉強してもあまり意味がないじゃないのかと思いながら入塾をしましたが、今となっては小学四年生の頃から入塾したのは正解だと思いました。


M. M. さん(附属中学校)
前橋女子高校

模試などで自由英作文で点数を落とし、点数が伸び悩んでいました。MEで教わった口頭英作などをもとに文型、冠詞、単語の確認を行いました。いつもは英語から書き始めていたことを日本語で最初書くことをしました。このことで、自分の書きたいことに何の文型、単語を使うべきかが明確に分かり、英作文のケアレスミスを防ぐことができました。


R. K. くん(第六中学校)
前橋高校

「得意教科は英語です。」と自信を持って言えるようになり、それが受験勉強でも大きなモチベーションになりました。模試や過去問でも、安定しない教科があるのに対し英語は常に満点近くをキープすることができました。本番は緊張せずに各教科を受けられました。最後の教科が確実に点をとれる英語だったので、他の教科を安心して受けました。


M. N. さん(附属中学校)
前橋女子高校

私がMEに入塾した小四から、MEの授業が楽しくなかったことはなかった。毎回の授業で、変わらぬ緊張感、新たな視点からの学び、そして自分よりもっとレベルの高い仲間の存在を実感でき、MEは能力的にも人間的にも自分を大いに成長させてくれるなくてはならない場であると感じている。


M. S. さん(みずき中学校)
前橋女子高校

正直、中学校の授業で英語にはとてつもない自信があったような気がします。定期テストも実力テストもMEに通っているだけで良い点数がいつもとれていました。「なんで英語が得意なの?」という友達からの声が私の場合やる気につながっていきました。


T. T. くん(附属中学校)
筑波大学附属高等学校

合格者掲示板に自分の番号を見つけた時、体が震えました。私を合格に導いたのは、MEで学んだ英語の力です。少人数制の選抜クラスで、精読と速読のバランスが取れるようになっていきました。英作文も、苦手意識が無くなりました。MEを信じて、自信を持って試験に臨むことができました。


M. M. さん(第五中学校)
前橋女子高校

志望校に合格でき、英語を得点源にすることができたのは、MEのおかげだと思います。部活動中心から受験勉強中心の生活になり、MEの夏期講習を受け、英語への取り組み方が変わりました。MEノートをしっかりと提出したおかげで英文法の理解が深まっていくことを実感しました。


M. N. さん(群馬南中学校)
高崎女子高校

最初はMEのスピード感と周りの人達にただただ圧倒されました。毎週ノートを提出することでMEで習ったことが確実に身に付くようになり、スピード感に慣れ、自分の英語力が向上していくことを実感することができました。


T. M. さん(中尾中学校)
高崎女子高校

初めて受けた授業で、MEは、私に学ぶことへの意欲を与えてくれました。中学のテストでも常に満点に近い点数を取ることが出来ました。入試直前の授業では、英作文を書く時のポイントを細かく教えてくださいました。英語の試験も、満点に近い点数を取ることができました。


Y. A. さん(附属中学校)
前橋女子高校

入塾当初の授業ではスピードに圧倒され、緊張感で気が抜けず、もの凄く疲労を感じたことを覚えています。指名され答えられた時の優越感や先生のジョークが面白いため、次第にMEの授業が毎週の楽しみとなり英語が好きになりました。


Y. T. さん(富士見中学校)
前橋女子高校

練習時間の長い部活動に入っていたので、家に帰ると疲れて勉強する気がなかなか起こせずにいました。部活を引退するまで、学校から出された課題を仕上げる他、時間の余裕は少なかったです。その中でも、定期テストの英語では常に上位の成績をとることができ、MEの凄さを感じました。


M. S. くん(附属中学校)
前橋高校

少しずつ正しい答えを言えるようになり、楽しみにかわっていき、力がついていきました。私の英語の力が向上したことは確実です。MEに入ってよかったと感じています。集中力だけでなく、勉強に取り組む姿勢も学ぶことができ、英語のみならず学力を全体的に上げることができました。


N. H. さん(附属中学校)
前橋女子高校

MEのおかげで英語は得意科目となりMEの授業をよく聞いて清書ノートと単語ノートを続けるだけでも得点は伸びていったので苦手な教科の勉強に時間を多く使うこともできました。第一志望校の前橋女子高校に合格することができました。


N. O. さん(附属中学校)
前橋女子高校

入試本番に大きなミスをしてしまい、このままでは合格できないのではないかと思いました。しかし、その後の試験科目である英語に向けて、MEノートを見直すことで、心を落ち着かせ、五教科の中で一番良い点数をとることができ、英語で高得点をとったことで、他の教科でのミスをカバーすることができました。


M. M. さん(第一中学校)
前橋女子高校

そんな時に母が「MEっていう塾がすごいんだって。」と私に教えてくれました。「すごいって、どんな風にすごいんだろう。」と思い、小学校四年生の冬に講習に参加しました。その時、母の言っていた「すごい」の意味を知りました。


E. N. さん(南橘中学校)
前橋女子高校

私が思うMEの良いところは、1.発音がすばらしい先生方の授業を受けることでリスニング力がつく 2.早いスピードの授業についていくことで大学受験の長文問題に強くなる 3.MEの授業に休まず出ていれば、中学の定期テストの英語は特に勉強しなくても高得点が取れるので、その分の時間を他の教科の勉強に使える


K. S. くん(附属中学校)
早稲田大学本庄高等学院

早大本庄に合格できた理由の一つに『ME外語学院』で求められる、スピード、正確性、即答力の三つの力が自然と身についていたこと、定期テストに自信を持って臨めたことがあげられると思います。


M. S. くん(附属中学校)
前橋高校

MEに通い出したのは、中三の春でした。MEで学ぶ英語は、私が知っている英語とは全く違ったのです。今までの私は、「主語はSという」ことや「文型がある」ということすら知らない状況でした。今まで感覚で問題に取り組んでいたのですが、段々とMEで学んだことを根拠に自信を持って問題が解けるようになりました。


K. T. くん(附属中学校)
前橋高校

授業を重ねる度に多くの知識を得ることができました。受験期では、様々な問題から長文の読み取り方や解答するときのポイントなどを教えていただき、とても役に立ちました。 定期テスト対策の授業もしていただき、安定して高得点をとることが出来ました。これも志望校合格には欠かせなかったと思います。


M. K. さん(鎌倉中学校)
前橋女子高校

学校で、友人に「どうしてそんなに点がとれるの?」と英語のテスト返しの時に聞かれたことがありました。その時改めてMEのすごさを実感しました。先生の言う通りにするだけで着実に英語力が伸びていきました。


M. O. さん(第五中学校)
前橋女子高校

MEの学習は特に口頭英作と長文読解が自分の力になったと思います。英語はもともと好きな科目でしたが、MEのおかげで単に好きな科目だけではなく、自分の強みとすることができるようになりました。英検準2級までとれ、高校卒業までに1級をとりたいと思っています。


T. G. くん(附属中学校)
前橋高校

無事に志望校に合格することができたのは、紛れもなくMEの影響が大きい。他の塾にはないと断言できる圧倒的なスピードで展開される授業と、卓越した知識を持つ先生との問答形式が組み合わさることで、毎回の授業が質の高いものとなっていき多くのことを学び成長することができた。


H. A. さん(高松中学校)
前橋女子高校

私は初めての受験に不安を感じていました。MEで高い目標を持つ生徒に刺激を受けたり、分かりやすいご指導のおかげで、受験勉強だけに集中することができました。入試では自分には英語があると信じて、自信を持って集中力を切らさず、力を出し切ることができました。


N. S. さん(附属中学校)
前橋女子高校

日々の授業の中で頭に叩き込まれる文法や構文、単語や連語。また、前期対策の授業や英作文の添削は本当に役に立った。そして何よりも、MEは集中力が身に付く。この集中力は英語だけでなく全教科において応用できるものだった。


M. I. くん(元総社中学校)
前橋高校

言われた通りに復習をし習ったことを頭に入れていくことで少しずつ上達していくような気がしました。その確信は定期テストの度に得て、自信に変えることができました。1年も経つ頃には初めて見る文でもすらすらと読んで意味が理解できるようになりました。


H. M. くん(附属中学校)
前橋高校

MEの授業は本当に速くとても大変で、授業を受けた日の夜はとてもよくねむれました。MEに行ったことのない人に授業を説明するとしたら、リズムゲームの最も難易度の難しいやつです。私はゲームが好きなのでリズムゲームもよく遊びますが、上達するにはあえてレベルを難しくしてそれを何度もくり返すことが近道です。


S. I. さん(みずき中学校)
前橋女子高校

英語が足を引っ張って成績が上がらず、MEに入塾しました。初めての授業の時、七里先生に、「講師の先生方の言う事を素直にやっていれば、成績はうなぎ上りになる」と言われました。内心、半信半疑でしたが言われた通りに口頭英作をしていきました。すると成績が大幅に上がりました。


A. K. さん(第五中学校)
前橋女子高校

MEに通うことで英語に自信がついていきました。本番でも他の教科をうまくカバーすることができました。MEのよさは、数え切れないほどありますが、そのうちの一つとして、口頭英作をするところだと思います。口頭英作は英語力を上げるための一番の近道だと気づきました。


H. S. さん(吉岡中学校)
前橋女子高校

受験で最も支えになったことは英作文の添削です。間違えた部分の見直しや解き直しをする事によって力をつける事ができました。受験までの短い期間の中で、効率よく英語を勉強し余った時間を苦手教科を勉強する時間に回すことができました。


M. I. さん(第五中学校)
高崎女子高校

私は理科と数学が苦手だったため、点数が安定していた英語の勉強を苦手教科にあて、最終的に成績を上げることができました。後期試験の点数も、英語で高得点をとることができたため、英語に助けられました。


A. M. さん(東中学校)
前橋女子高校

最初の授業の時は、授業のスピードと内容の濃さ、授業を必死に受けているME生の姿、熱心に授業をしてくださっている先生の姿、MEの授業の全てに圧倒されました。しかし、長い間続けていくにつれて先生方の質問にも答えられるようになっていき、MEをどんどん好きになりました。そして、英語が私の得意教科となりました。


R. O. くん(附属中学校)
前橋高校

テスト結果は英語が私を大きく助けてくれました。これは毎週のMEの授業の成果であると思いました。自分を成長させてくれるきっかけは、もしかしたらMEだったのかもしれません。


R. K. さん(第三中学校)
前橋女子高校

私は英語が得意ではなく、平均点ギリギリの点数をとることが多く、藁にもすがる思いでMEに入塾しました。入試当日は、理科の点数が予想以上にとれず、パニックになってしまったのですが、次の英語では、五教科中の最高得点をとることができました。「苦手」であった英語を「好き」にさせてくれたのがMEでした。


A. K. さん(附属中学校)
高崎女子高校

「英語は、絶対大丈夫。」不安に駆られていた受験期、私の支えとなったのは英語でした。その支えはMEの存在があってこそのものでした。MEの入試対策は手厚く、授業を受ける度に合格に近づいているという実感が湧いてきました。MEで培ってきた集中力などの勉強に対する姿勢は英語だけでなくその他の教科にも生かされ、効率の良い勉強に繋がりました。


Y. A. くん(第五中学校)
前橋高校

中学に入学してから、自宅ではほとんど英語の勉強はしていませんでした。でも学校の定期テストではいつも九割はとれていました。入試本番でも九割を超えることができました。MEの授業のおかげだと思います。


R. S. さん(附属中学校)
川崎医科大学附属高等学校

英語は私にとって苦手教科を補う役目もありました。MEのおかげで英語が得意教科になり、苦手教科を補ったことで総合的に良い点数を取れるようになりました。そして、MEのおかげで様々な事を反復するくせができ、他の教科も点数を伸ばすことができました。


A.N.さん(粕川中学校)
前橋女子高校

やはり英語は模試でも、最大の得点源であり、結果が出る教科でした。入試本番もMEのノートを持っていき、文法の確認や書いた量を見て気持ちをおちつけました。結果も英語だけがだんとつで良く、MEに通い、努力して良かったなと思いました。

2018年高校受験合格体験記

【新中1生必読】
―英語が好きで、英語が一番得意なME生の金言―
前高・前女・高女・首都圏難関私立高合格者の言葉

今春、困難を乗り越えて志望校に合格を果たしたME生に、英語の勉強方法、合格への秘訣を語っていただきました。それぞれの体験記に、彼ら、彼女たちの生き生きした個性と、志望校合格に向かって努力する姿が現れています。

これから高校受験をするみなさんにとっての、共感できる言葉、勉強の指針となる金言がたくさん詰まっています。そして、自信を失ったときには、励ます言葉、やる気を引き出す言葉も見つけることができるでしょう。

ME外語学院では、みなさんの目標を実現するために、講師・スタッフが一丸となって一生懸命指導いたします。入会する方にはフォローアップ授業をおこない、万全のサポートをさせていただきます。また、英作文対策や英検対策授業など英語専門塾ならではの強みを活かす授業を展開しております。MEの指導力を実感していただければ幸いです。


Y. H. さん(東中学校)
前橋女子高校

私の高校受験は、MEなしでは乗り超えられなかったと思っています。口頭英作は、英語力向上は勿論のこと、勉強方法についても大変参考になりました。長文の解き方からリスニング対策まで、丁寧かつハイスピードな授業にやる気と闘志がみなぎりました。

私の高校受験は、MEなしでは乗り超えられなかったと思っています。私は英語に自信を持っていましたが、中三になるとちょっとしたミスや文法の穴が見つかりました。やらなくてもできると思い全くといっていいほど英語の勉強をしていませんでした。しかしそのようにしていると、定期テストや実力テストで百点を取ることが少なくなりました。そんな時岩間先生に、「毎日口頭英作をしないと英語は上達しない」と言われ、刺激を受けました。そして英語を甘くみていた自分に反省しました。それ以来、毎日かかさず口頭英作をしています。口に出すことで単語や文法を文ごと覚えることができました。そのおかげで英作の時に使える頭の引き出しが増え、細かいミスに気づけるようになりました。また、前期試験前には、MEのテキストで文章を全て覚えるくらい何度も口頭英作をして英作に備えました。そのため当日の試験ではスムーズに英文を書くことができ、手ごたえを感じました。英語力向上は勿論のこと、勉強方法についても大変参考になりました。長文の解き方からリスニング対策まで、丁寧かつハイスピードな授業にやる気と闘志がみなぎりました。受験勉強の大きな支えとなったMEに感謝の気持ちでいっぱいです。そして、これからも英語の勉強を頑張り、力がついたなと認めてもらえるよう努力します。本当に色々なサポートをしてくださりありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

R. S. くん(附属中学校)
前橋高校

志望校に前期入試で合格することができました。英作文の問題では、MEで学んだ表現や文法、英作文の書きかたなどを思い出し、最後まで書ききることができました。合格できたのは、MEに通っていたからだと思います。

僕がMEに入塾したのは、小学五年生の時です。それまでは英語の勉強すらしたことがありませんでした。
入塾したての頃は、MEの授業のスピードに圧倒され、何も答えられませんでした。私が通っていた小学校には、ME生が多くいましたが、普段学校で話す彼らが、何の前ぶれもなくふられる質問に即答し、スラスラと口頭英作をしているのを見て、自分だけが取り残されているような感覚を覚えました。
しかし、それから二年ほど経つと、だんだん授業の内容がわかるようになり、周囲の生徒達と同じように答えることができるようになりました。「授業が楽しい」と思えるようになりました。
MEでの勉強に大切なことは復習だと思います。その日にやったことを頭の中に留めておくだけで、英語の力がつくと思います。
私は運よく志望校に前期入試で合格することができました。英作文の問題では、MEで学んだ表現や文法、英作文の書きかたなどを思い出し、最後まで書ききることができました。私が合格できたのは、MEに通っていたからだと思います。これからもMEに通い、自らの英語力を高めていきたいと思います。

Y. S. さん(附属中学校)
前橋女子高校

復習をおろそかにしていたり、わかりきっていなかったりする部分を指摘されるので、授業中に余裕を感じる場面はありません。授業中の緊張感は今でも入塾したての頃とさほど変わりはないのです。初心を忘れずに授業やMEノートに取り組んだことが、合格につながったのだと思います。

私は今回、前期選抜で前橋女子高校に合格することができました。試験当日は緊張でガチガチでしたが、長文を見ても物怖じすることなく、寧ろリズムに乗って楽しく問題を解くことができたので、さらには一番の不安要素だった数学まで解けてしまいました。本当に感謝しかありません。
思えば、初めてMEの授業に参加したのは3年前。はじめのうちは、ついていくのに精一杯だった授業も、3年もあれば少し余裕が出てきます、とはならないのがMEです。(笑)復習をおろそかにしていたり、わかりきっていなかったりする部分を指摘されるので、授業中に余裕を感じる場面は1ミリもありません。だから、授業中の緊張感は今でも入塾したての頃とさほど変わりはないのです。慣れてくるとだらける、という人間の道理があります。MEは良い意味でこの道理に反した授業を可能にしているのです。こうして、初心を忘れずに授業やMEノートに取り組んだことが、合格につながったのだと思います。
高校生になると、さらに英語は難しくなりますが、全国トップレベルのMEでならば、自分の力を伸ばしていけると確信しています。最後になりますが、七里先生をはじめとする先生方、事務職員の皆さま、本当にありがとうございました。そして、引き続きよろしくお願いします。

T. S. さん(附属中学校)
前橋女子高校

初めのうちは、不安も当然ありました。が、MEに行くのが嫌になる、ということは絶対になく、むしろ毎週のこの時間が大好きでした。MEの授業だけは、疲労感に変わって勉強への意欲とスタミナをくれるからです。

「連語って何?」
私への、初めての問いかけがこの言葉だったことは、入塾から3年が経った今でも忘れることができません。そして次の授業で同じ事を聞かれたにも関わらず、私に与えられた回答時間を沈黙で終わらせてしまったことも…。
初めのうちは、足のふるえが全然止まらず文字を書くのがやっと、という程、緊張していました。不安も当然ありました。が、MEに行くのが嫌になる、ということは絶対になく、むしろ毎週のこの時間が大好きでした。それは、MEの授業だけは、疲労感に変わって勉強への意欲とスタミナをくれるからです。初めての授業から今に至るまでずっと、MEの授業からもらい続けたパワーが私を支えてくれていたと言っても過言ではありません。この春から第一志望校に通うことができるのは、紛れもなく、MEのスタッフの方々のおかげです。本当にありがとうございました。
先日、先生が「やっと、君たちにもこっちが教えたい内容を教えられる年齢になった。」とおっしゃっていました。まだスタートラインにも立てていなかったのかと思い、またその授業でも、意欲とスタミナをもらいました。これからもよろしくお願いします。

N. M. さん(附属中学校)
前橋女子高校

中学校の定期テストでは、家で英語の勉強時間をとらなくても常に満点に近い点数をとることができました。公立高校の過去問でも九十点を下回ったことは一度もなく、前期で合格することができたのもMEで培ってきた英語力があったからだと思います。

私が英語を好きになったのはMEのお陰だと胸を張っていうことができます。初めてMEの授業を受けたとき、それまで経験したことのないほどスピードの速い授業展開と、それに喰らいついていく生徒たちのレベルの高さに圧倒され、恐怖すら感じたことを今でも覚えています。入会当初は授業についていくだけで精一杯でしたが、回を重ねるごとに答えられる質問の数が増え、どんどん英語に魅了されていきました。それと同時に答えられなかったときの悔しさは増していき私のやる気を引き出してくれる授業でした。中学校の定期テストでは、家で英語の勉強時間をとらなくても常に満点に近い点数をとることができました。公立高校の過去問でも九十点を下回ったことは一度もなく、私が前期で合格することができたのもMEで培ってきた英語力があったからだと思います。MEの先生方がおっしゃる通りに勉強すれば、英語はもちろん、他の教科にも良い影響を与えることができると思います。これからも英語を最大の武器とし、志望大学に合格できるよう、努力を重ねていきたいと思っております。

K. Y. さん(第七中学校)
前橋女子高校

もし私がMEに入会していなかったら、中学生の間に英検2級を取得することは絶対できていなかったし、前期で第一志望の高校へ合格するのも難しかったのではないかなと思います。これからも高校英語はさらに難しくなっていくので、MEでしっかり身に付けていけるよう、頑張りたいと思います。

私が前橋女子高校に前期入試で合格することができたのは、MEで英語を学習する中で英検2級を取得できたことがとても大きかったと思います。私はMEに入るまで、なんとなくでしか英語を理解していませんでした。そのため入会したばかりの頃は、どれだけ自分が何も分かっていなかったかを毎回の授業で痛感させられました。一つ一つ文法などを定義していくという、独特のスタイルにはじめは戸惑いも大きく、周りの生徒のように覚えられるのかとても心配でした。しかし、このやり方のおかげで、文法などがしっかり分かるようになり、また繰り返し同じことをする中で自分のものにしていくことができたように思います。
もし私がMEに入会していなかったら、中学生の間に英検2級を取得することは絶対できていなかったし、前期で第一志望の高校へ合格するのも難しかったのではないかなと思います。これからも高校英語はさらに難しくなっていくので、MEでしっかり身に付けていけるよう、頑張りたいと思います。

M. I. さん(第一中学校)
高崎女子高校

MEの授業は、学校や他の塾とは全く別物で、授業を受ける度に自分の英語力がみるみる向上していくのがわかりました。MEの授業は役に立ちました。「英語は大丈夫だ」と思えるほど自信がつき、英語学習の時間を他の教科にあててバランス良く勉強することができました。それが合格へつながったのだと思います。

MEの授業は、学校や他の塾とは全く別物で、授業を受ける度に自分の英語力がみるみる向上していくのがわかりました。
私は小学六年生からMEに通っています。当時は、MEの問答法という斬新な授業スタイルについていくのがやっとでした。また、同学年の生徒が自分のわからない質問にスラスラと答えられていることに刺激を受け、追いつくために家での復習はしっかりやりました。その結果、授業で答えられる質問が増えていき、当初の「指されたくない」とビビッていた気持ちは、「答えられるから指してほしい」という気持ちに変わっていきました。そうした中で文法や長文読解の力が備わっていき、英語が私の得意科目となり、中学二年生の時には英検2級を取得することができました。
受験期に入ると、どの教科もまんべんなく勉強しなければならない状況の中で、MEの授業は本当に役に立ちました。過去問を使い、細かいところまで解説してくださる入試対策があったおかげで「英語は大丈夫だ」と思えるほど自信がつき、英語学習の時間を他の教科にあててバランス良く勉強することができました。それが合格へつながったのだと思います。
速く書く、反復して覚える、口頭英作などMEではたくさんのことを学びました。高校ではこれらのことを軸とし、大学進学に向けて一層英語の学習に力を入れていきたいと思います。今までご指導くださった先生方、本当にありがとうございました。

E. O. さん(附属中学校)
前橋女子高校

英語は、MEの授業にしっかりと取り組んだり、問題を解いて、間違ったところはきちんとフォローするという、MEのやり方で勉強しました。英語の勉強は、特別時間をさかなくても、毎回の模試で、良い成績をとることができました。MEで養ってきた、「書くスピード」を生かし、他の教科の受験勉強も効率良く進めることができました。

私は、中学3年生の夏休みから、本格的に受験勉強に取り組みました。3月の受験本番までの長期的な見通しを持って勉強するのは大変そうだったので、私は学校で行われている模試1回1回を目標として頑張りました。
英語の勉強においては、MEの授業にしっかりと取り組んだり、問題を解いて、間違ったところはきちんとフォローするという、MEのやり方で勉強しました。そうすることで英語の勉強には、特別時間をさかなくても、毎回の模試で、良い成績をとることができました。
また、MEの授業の中で養ってきた、「書くスピード」を生かし、家や学校での他の教科の受験勉強も効率良く進めることができました。
模試での良い成績や、受験勉強が効率よく進んだことは、私の自信にもつながり、試験本番もあまり緊張せずに、落ち着いて問題を解くことができました。
私が前橋女子高校に合格することができたのは、七里先生、岩間先生をはじめとする先生方の丁寧な指導やスタッフの方々が協力してくださったおかげだと思っています。本当にありがとうございました。
高校に入ると、急に勉強の内容が難しくなっていくと思います。中学の時以上に、MEの授業の予習や復習を丁寧に行い、「定期テスト」「模試」そして「英検」など、様々な目標に向かって、頑張っていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。

A. O. さん(附属中学校)
前橋女子高校

初めての授業ではスピードの速さに驚き、同じ文法を何度も繰り返し学習する徹底ぶりにただただ圧倒されたことを思い出します。授業を重ねるうちに、定期テストや模試の成績が上がり始め、いつの間にか英語が好きになっていました。

私がMEに入塾したのは小学五年生の時でした。初めての授業ではスピードの速さに驚き、同じ文法を何度も繰り返し学習する徹底ぶりにただただ圧倒されたことを思い出します。最初の頃は、先生の質問の意味すら分からず戸惑ってばかりでしたが、授業を重ねるうちに、定期テストや模試の成績が上がり始め、いつの間にか英語が好きになっていました。定期テスト前に配布される教材は大変参考になり、また受験勉強では、今までMEで学んできたことを総復習し、口頭英作ノートや単語ノートを作り何度も見直すことで、受験本番では英語に自信をもって臨むことができました。そのことが志望校合格につながったのだと確信しています。
また、通常授業の他に、英検講習でも大変お世話になりました。先生方の熱心な指導のおかげで二級に合格することも出来ました。七里先生、岩間先生、佐々木先生、そして野上さんをはじめとするスタッフの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
今後は大学受験に向け、さらに英語の学力を高めるために日々努力を続けていきたいです。スタッフの方々には引き続きご指導よろしくお願いいたします。

F. I. さん(附属中学校)
前橋女子高校

そのような授業のおかげで、私にも英語がわかるようになり、模試でも安定して点を取れるようになりました。また、受験前には英作文を細かいところまで見ていただき、もらったアドバイスを思い返しながら問題に取り組むことができました。志望校に合格できたのは、MEのおかげです。

私がMEに入ったのは、中1のときです。MEに入塾したきっかけは、友達が入るから、私も入りたいと思ったからです。そんな軽い気持ちで受けたはじめての授業に、私は衝撃を受けました。授業のスピードが速く、ノートにかききれなかったり、教えていただいた知識の量が多すぎて、頭に入りきらなかったり。ついていくのが大変でした。MEの授業は本当にすごいです。毎回、授業の内容が濃く、今までに使ったテキストやノートの数は数えられません。
そのような授業のおかげで、私にも英語がわかるようになり、模試でも安定して点を取れるようになりました。また、受験前には英作文を細かいところまで見ていただき、もらったアドバイスを思い返しながら問題に取り組むことができました。多くのことを学ばさせていただきました。私が志望校に合格できたのは、MEのおかげです。MEに入って本当に良かったと思いました。今まで教えてくださった先生方、支えてくださったスタッフのみなさん、ありがとうございました。高校でもよろしくおねがいします。

R. M. さん(第三中学校)
前橋女子高校

答えられたとき、解ったときの嬉しさ、達成感、痛快さは大きくて、多分私はその感覚の中毒になっている。これは英語以外の教科にもつながって、「学ぶ」ということの楽しさを教えてくれた。「わからない苦しさ」を超えた先を知ってしまえば、何問間違えたとしても勉強自体に嫌気が差すことはない。

毎週、歯痒さを感じる。完璧だと思っていたのに分かっていなかったり、忘れてしまっていたり。自分の名前が呼ばれた後の沈黙、それから呼ばれる他の名前。本当に悔しくて、毎回少し落ち込む。けれど、その分、答えられたとき、解ったときの嬉しさ、達成感、痛快さは大きくて、多分私はその感覚の中毒になっている。これは英語以外の教科にもつながって、「学ぶ」ということの楽しさを教えてくれた。「わからない苦しさ」を超えた先を知ってしまえば、何問間違えたとしても勉強自体に嫌気が差すことはない。
この感覚は、受験にも大いに役立った。なにより、勉強習慣をつけることができたし、勉強以外でも積極性やチャレンジ精神が身についたと思う。MEはただの「塾」ではない。少なくとも、私はこんなにも生徒を伸ばし、視野を広げてくれる「塾」を、私は他に知らない。あと三年、このMEでの「学び」を大切に、新たな目標へと歩んでいきたいと思う。

Y. H. くん(附属中学校)
前橋高校

口頭でどんどん解説していくスタイルなので、耳や頭をフル回転させて必死でノートを取っていく。その上どんどん指名されるので全く気の抜けない100分。いつも自分に足りない部分を痛感し、決して現状に満足することなく、常に危機感と緊張感を持って英語に取り組んでいます。

私は小4からMEに入会しています。既に6年間お世話になっているのですが、英語が得意だと感じることは未だにありません。定期テストの点数はまあまあ取れているし、英検2級を持っているにもかかわらずです。なぜなら、MEにはレベルの高い生徒が数多く在籍していること、そしてその生徒たちを必死にさせるような授業をする先生がいるからです。黒板を使って1つ1つ説明するのではなく、口頭でどんどん解説していくスタイルなので後で黒板を写せばいいという甘い考えは通用せず、耳や頭をフル回転させて必死でノートを取っていく。その上どんどん指名されるので全く気の抜けない100分。授業後は抜け殻になります。そのような環境なので、いつも自分に足りない部分を痛感し、決して現状に満足することなく、常に危機感と緊張感を持って英語に取り組んでいます。その甲斐があり、志望校の前期試験に合格することができました。総合問題の中で長文読解や英作文などありましたが、MEで鍛えられていたおかげで慌てず落ち着いて解くことができました。私たちの学年から大学入試制度も変わり不安ではありますが、英語はMEで勉強していれば大丈夫だという確信があります。今後とも宜しくお願いいたします。

Y. H. くん(元総社中学校)
前橋高校

併願で難関私立の高校も受けるにあたって、単語ノートも本気で作りました。入試の過去問や選抜クラスで習ったことをME清書ノートにまとめ、知らない単語や熟語は自作の単語ノートに書き加えていきました。それを作ることで、自分の単語力に対する甘さに気付き、単語をシビアに細かく覚えていくようになりました。単語ノートは、私の得意な英語を支える重要な基盤です。

私が小6の春にMEに入会した当初は、アルファベットすらまともに覚えておらず、授業もついていくのがやっとでした。小6の秋頃の授業で、質問に答えることができ、褒められたことがありました。そのときの緊張感と高揚感が自信となり、その後の授業に対する意識も変わっていきました。
そして今年の入試で、小6から洗練されてきた英語が大いに役立ちました。併願の一般私立では、学校ではあまり教わらない発展的で細かい部分もMEで丁寧に教え込まれたおかげで余裕を持って英語で高得点をとることができました。また、併願で難関私立の高校も受けるにあたって、単語ノートも本気で作りました。入試の過去問や選抜クラスで習ったことをME清書ノートにまとめ、知らない単語や熟語は自作の単語ノートに書き加えていきました。意味的に同じ単語を一緒に覚えたりするときも、単語ノートにまとめて書くととても楽でした。私はそれを作ることで、自分の単語力に対する甘さに気付き、単語をシビアに細かく覚えていくようになりました。今、単語ノート及びその知識は、私の得意な英語を支える重要な基盤です。
私は、本命の前橋高校を公立前期で合格することができました。単語ノートはもちろんのこと、難関私立の問題を根気よく解いていたことで前期の難しい総合問題にも落ち着いて対処できたことがこの合格に繋がったのだと思います。何よりもMEで学ぶことができて良かった。MEの先生方やスタッフの方々には本当にお世話になりました。ありがとうございました。

S. H. さん(附属中学校)
前橋女子高校

小学五年生からMEに通っていたこともあり、「英語」だけは絶対に誰にも負けたくないというプライドがあったからこそ、一生懸命に勉強しました。私が前橋女子高校に合格することができたのも、「英語」を何よりも得意にできたからだと思います。

私は小学五年生の頃に入塾しました。おかげ様で中学校に入ってからも「英語」に何一つ抵抗を感じることなく三年間勉強を続けることができました。特に、三年の受験期に入ると、模試の国語や数学の成績に伸び悩んでいましたが、「英語」だけは安定して高得点を取ることができ、いつも励みになっていました。又、英作文の対策をしていた際に日々MEで言われてきた「口頭英作」の徹底の成果がみるみると表れてきて、その場で英文を作ることが容易になっていました。中学の三年間、コツコツと続けてきたことを誇りに思い、今でも大きな自信になっています。そして、MEでは定期テストの対策も丁寧に行ってくださいました。土日だけでなく、平日の通常授業でも時間を割いて頂き、大量のプリントと音声教材を毎度作ってもらいました。この大量のプリントは、これだけやれば100点が取れる!!と確信が持てるほど、濃いものでした。私は、小学五年生からMEに通っていたこともあり、「英語」だけは絶対に誰にも負けたくないという他にないプライドがあったからこそ、一生懸命に勉強しました。そして、100点を取れたときには他の教科に勝る、とてつもない喜びを感じることができました。私が前橋女子高校に合格することができたのも、MEの熱いご指導のおかげで、「英語」を何よりも得意にできたからだと思います。本当にありがとうございました。

N. H. さん(附属中学校)
前橋女子高校

自分の答えられなかった問題を周りの子が答えると「もっと勉強しなくては!」と良いライバル意識も持つことができたと思います。前期入試にある英作文でMEで培った文法力を活かし長い文章もスラスラ書くことができました。英語を得意にしていたことは、私の強みになったと思います。

私は中学1年生のときにMEに入会しました。初めて授業を受けたときは、スピードの速さにただただ圧倒されていたのを覚えています。また、指されても答えられずに悔しい思いをしたことも多々ありました。自分の答えられなかった問題を周りの子が答えると「もっと勉強しなくては!」と良いライバル意識も持つことができたと思います。
口頭英作ノートでは、英語の理解を深めることはもちろん他教科にもまとめノート作りに活かすことができました。また、1時間40分の授業でひとときも手と頭を休めずにいたことで集中力が以前よりもついたように感じます。
入試では、前期入試にある英作文でMEで培った文法力を活かし長い文章もスラスラ書くことができました。英語を得意にしていたことは、私の強みになったと思います。
英検では、中3の春に2級に合格することができました。MEでの授業で少し発展的な単語やイディオムに触れていたおかげだと思います。また、ここでも英作文で自分の伝えたいことをうまく表現でき、満点を取ることができました。
私はMEに通い、MEの授業を受けて英語が以前よりも好きになり、得意科目にすることができました。そして、高校入試を無事突破することができました。七里先生をはじめとする今まで教えてくださった先生方、スタッフのみなさん本当にありがとうございました。

M. M. さん(附属中学校)
前橋女子高校

私は数学が苦手だったのですが、一番の得意科目が英語だったので、その分苦手科目に時間を費やすことができました。得点開示の結果、模試より二十点近く低い点数だった教科があり、大変焦りましたが、英語は満点近い点数をとることができました。私が合格できたのは、英語のおかげ、つまりMEのおかげです。

私はMEに小四からお世話になっています。そして今年、長い間憧れていた前橋女子高校に合格することができました。私が今こうしていられるのも、MEのおかげだと思います。
小学生の頃からMEの授業を受け、英検に挑戦し続けたこともあり、中三の春には、英検二級の取得に繋がりました。また、それだけではなく、学校の定期テストや模擬試験でも満点を何回かとることができ、それらは私の英語という教科への自信になりました。
中三の冬休み後からは英作文の添削も始まり、講師の先生の丁寧なアドバイスの一つひとつをノートにまとめ、本番直前に見ることで、緊張せずに本番に臨めました。
私は数学が苦手だったのですが、一番の得意科目が英語だったので、その分苦手科目に時間を費やすことができました。
そして得点開示の結果、模試より二十点近く低い点数だった教科があり、大変焦りましたが、英語は満点近い点数をとることができました。私が合格できたのは、英語のおかげ、つまりMEのおかげです。
七里先生をはじめとする先生方、特に毎週楽しく充実した授業をしてくださった佐々木先生には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。大学受験もよろしくお願いします。

T. A. くん(公立中学校)
前橋高校

MEの授業は問答法で「○○さん…」と指名してから文法や語彙の質問がされる。その時、普段から「この人ちょっとすごいなぁ」と感じる人が誤答し、自分が正答した場合と、自分が誤答したときに他の人がサラッと正答した場合、快感や悔しさと同時に、うけた質問と解答にとてつもない印象が残る。その印象を活かすと次の授業での即答ができないことがない。

MEで配られるテキスト、その中でも文法をやるときに使う「青い本」。この本に書かれている例文は全くといっていいほど変わってない。また、長文の訳をしているときの文法や語彙の補足で講師方が「ノートに…」と言って英作させる文やフレーズもほとんど変わっていない。そして、青い本や英作した文は必ず講師の後に復唱するかたちで声に出す。こうして何度も「全く同じ」文を書き、声に出していくうちに僕は手でスペルと文法を、口で発音と文法を身につけた。身につけると講師が次に何を英作させるかを当てて、頭の中で文が完成していることがある。
MEの授業は問答法で「○○さん…」と指名してから文法や語彙の質問がされる。その時、普段から「この人ちょっとすごいなぁ」と感じる人が誤答し、自分が正答した場合と、自分が誤答したときに他の人がサラッと正答した場合、快感や悔しさと同時に、うけた質問と解答にとてつもない印象が残る。その印象を活かすと次の授業での即答ができないことがない。
MEは理屈のはずの文法もネイティブのように感覚で身につけてしまったり、ささいなことで生徒の記憶にものをやきつけたりする不思議な塾だ。

K. O. さん(南橘中学校)
前橋女子高校

単語ノートをつくり、口頭英作をくり返すことで英語の成績が伸び、得意科目になりました。MEでは、細かい知識や、高校で使うような単語も教えてくれて、英作文でとても役に立ち、自分の表現の幅が大きく広がったと思います。毎回定期テストの前に配られる音声教材のおかげで安心してテストに取り組むことができました。

私がMEに入塾したのは、小学五年生の時でした。その頃は、小学校で習う英会話くらいしかわからないような程度で、授業についていけるかとても不安でした。初めての授業では、あまりのスピード、そして内容の濃さに驚きました。しかし、毎回の授業を家で復習し、清書ノートを提出することで文法をだんだんと覚えていくことができました。中学生になり、長文読解という大きな壁がありましたが、先生方がいつもおっしゃっている単語ノートをつくり、口頭英作をくり返すことで英語の成績が伸び、得意科目になりました。また、MEでは、細かい知識や、高校で使うような単語も教えてくれて、英作文でとても役に立ち、自分の表現の幅が大きく広がったと思います。毎回定期テストの前に配られるテキストや音声教材のおかげで安心してテストに取り組むことができました。
私が志望校に合格できたのは、熱いご指導をしてくださる先生方、そしてスタッフのみなさんのおかげです。英語の学力を伸ばしたいと思っている人は、迷わずMEの授業をうけるべきだと思います。私も高校生になり、次の目標に向かってMEで一生懸命学んでいきたいです。本当にありがとうございました。

C. T. さん(第一中学校)
前橋女子高校

MEに入ったのは中一の時だ。げんざいかんりょう?じゅどうたい?即答する生徒の姿、速いスピードの授業に最初はメモをとることと家での復習で精一杯だった。そして中三。一年生の時から、県立高校の過去問を何度も解いていたため、苦手な国語、数学の勉強に集中することができた。英検二級に合格することもできた。

私がMEに入ったのは中一の時だ。げんざいかんりょう?じゅどうたい?意味不明な文型を即答する生徒の姿、速いスピードの授業に圧倒され、最初はメモをとることと家での復習で精一杯だったのを今でもハッキリと覚えている。
転機は中二の春だ。市の海外研修試験の岩間先生の英文添削では厳しくも親身に教えて下さった。「よく書けています」という言葉は文章をまとめるのが苦手な私にとって試験の時の大きな自信となったことは言うまでもない。倍率四倍という中で合格を勝ち取れたことは英検などへの挑戦の原動力となった。
そして中三。練習量が多い部活に所属していた私にとって本格的に勉強し始めたのは夏。しかし一年生の時から、県立高校の過去問を何度も解いていたため、苦手な国語、数学の勉強に集中することができた。その中でなんとか英検二級に合格することもできた。
そして後期入試の日。三年間のMEで学んで積み重ねてきたことを胸に自信を持って望むことができ大丈夫だという手応えもつかめた。実際の点は思ったより低かったが。(泣)。こうして前女に合格できたのは塾長、岩間先生、佐々木先生の御指導と野上さんをはじめとする事務局の方々のおかげです。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

K. H. さん(附属中学校)
前橋女子高校

毎週の授業が楽しみでした。英検2級に合格し、志望校に前期で合格することもできたのも、MEで質の高い授業を受け、自分の力にすることができたからだと思っています。高校生になっても、更にMEで英語の力を付け、三年後にまた合格体験記を書けるよう、頑張りたいと思っています。

私がMEに入会したのは、中学二年生の夏でした。授業はテンポも速く、慣れるまでは大変でしたが、毎回文法事項を繰り返し確認する事が出来るので、授業を受けているだけで深く記憶に焼き付ける事が出来ました。また、英文を区切るという癖が付いたので、英文を読んで素早く理解できるようになりました。
毎回提出したMEノートでは、口頭英作を繰り返すことで理解が深まり、より多く正確に覚えることにつながりました。文法事項や授業での例文をノートにまとめると、後で見て簡単に復習することができるのも、私にとって大変有意義なものでした。
先生方はみなとても熱心で、毎週の授業が楽しみでした。英検2級に合格し、また志望校に前期で合格することもできたのも、MEで質の高い授業を受け、自分の力にすることができたからだと思っています。高校生になっても、更にMEで英語の力を付け、三年後にまた合格体験記を書けるよう、頑張りたいと思っています。ありがとうございました。

S. H. さん(附属中学校)
前橋女子高校

受験生になるとMEの授業はさらに集中力が要るものとなり、英語は貴重な得点源となり、志望校に合格することができました。先生が毎回の授業でくり返し言う、「単語ノートづくり」や「音訳」を実践していなければ、私は英語を武器にできていなかったと思います。

私がMEに入塾して5年目となりました。最初は「?」だらけの授業でしたし、先生方の指名が怖かったこともあり、「行きたい」とあまり思いませんでした。しかし周りが知らないことを学べる優越感と復習が活きて答えられたときの嬉しさを知り、次第にMEに「行きたい」と思うようになりました。
中学に上がると英語は武器となります。MEでの通常授業に加えテスト対策授業のおかげで常に定期テストでは英語の点数は9割を超え、他の教科に力を入れることができました。さらに中2の春に英検準2級を取得しました。MEで配られた英検用の単語集や先生方の教えにより、合格することができました。
受験生になるとMEの授業はさらに集中力が要るものとなり、睡魔に勝るほどのものでした。そのおかげで英語は貴重な得点源となり、志望校に合格することができました。七里先生岩間先生、佐々木先生が毎回の授業でくり返し言う、「単語ノートづくり」や「音訳」を実践していなければ、私は英語を武器にできていなかったと思います。素晴らしい先生方、野上さんをはじめ事務員の方々、全ての方々への感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

W. K. さん(伊勢崎第三中学校)
前橋女子高校

小さな時から、英会話はやっていましたが、文法なんて気にしたこともなく、ほとんど感覚でやっていました。MEは、とても授業の展開が速く、文法をしっかりと教えてくれたので、きちんと英語を理解し、できるようになりました。集中力がつき、他の教科にもとてもいい影響をあたえてくれました。

私は、中1からME外語学院にきました。小さな時から、英会話はやっていましたが、文法なんて気にしたこともなく、ほとんど感覚でやっていました。MEは、とても授業の展開が速く、文法などをしっかりと教えてくれたので、きちんと英語を理解して、つかうことができるようになりました。また授業スピードが速いため、その速度についていく集中力がつき、他の教科にもとてもいい影響をあたえてくれました。MEで、何度も過去問をやったり、長文を読んだりしたことで、問題の形式にもなれ、本番でも緊張せず、普段通りにでき、しっかりと力を出すことができたのではないかと思います。
英検などの講習でも、苦手としていた、並べかえと長文を克服することができ、本番では、時間に余裕をもって解き進めることができました。しっかりと基礎を固めたうえでやってくれるので何となくというところがなく、しっかりとした理解をもって英語の問題をとくことができるようになりました。高校の英語はさらにしっかりとした理解が必要になると思うので、しっかりとやっていければいいなと思います。

M. S. さん(東中学校)
早稲田大学本庄高等学院

私は小4の時からMEにお世話になっています。MEが初めて通った塾です。他の塾に行った時は「こんなんが塾なの?学校と教え方一緒じゃん。」と感じ、MEの教え方は特別なのだと思いました。MEの授業後、私は毎回悔しさと快感を得ます。

私は小4の時からMEにお世話になっています。アルファベットも完璧に書けない状態から志望校合格まで英語は全てMEに教えていただきました。MEが初めて通った塾です。他の塾に行った時は「こんなんが塾なの?学校と教え方一緒じゃん。」と感じ、MEの教え方は特別なのだと思いました。MEの授業後、私は毎回悔しさと快感を得ます。それが次への原動力になっています。怠けていた時期もありましたがMEの授業を受けることで刺激をもらいやる気が出ました。
本庄早稲田を受験するにあたり、選抜クラスで学びました。通常授業より少人数でしかも周りの人達は何でも知っているのではないかと思うくらいどんどん答えていく環境の中で学べたことは私にとって大きな財産になりました。
私は今回、α選抜で合格しました。MEの授業が面接にも生かされてたと感じます。緊張感の中、質問に即答する訓練をしたことで、面接では緊張せずにハキハキと答えることができました。
MEのおかげで英語はずっと私の得意科目であり、視野を広げてくれるものです。額に汗しながら情熱的に教えてくださる七里先生を始めとする先生方、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。希望の学部に進学できるよう、さらにスキルを磨いていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。私はMEが大好きです!

R. I. さん(第三中学校)
前橋女子高校

週1のMEの授業を受けると自然とやる気が出てできました。入試直前は、添削してもらった英作文やこれまでの提出用ノートを見返し、英語は大丈夫だと確信しました。前日には、MEからメッセージをもらって、最後の最後まで応援して頂き、私にとって大きな励みとなりました。

私は、常に心の中で姉には負けたくないという気持ちがあり、ずっと前橋女子高校に行きたいと思っていました。中学になってからは、提出用ノートを出さなくなってしまったため、指名されてもほとんど答えられませんでした。しかし、中学3年の春に英検準2級に挑戦したことで、今までの自分を変えるきっかけになったと思います。
入試が迫る中、思うように偏差値が上がらず、「志望校を変えた方がいい。」と言われ、やる気がなくなることもありましたが、週1のMEの授業を受けると自然とやる気が出て、乗り切ることができました。
入試直前は、添削してもらった英作文やこれまでの提出用ノートを見返し、英語は大丈夫だと確信しました。前日には、MEからメッセージをもらって、最後の最後まで応援して頂き、私にとって大きな励みとなりました。
今回、志望校に合格できたのはMEのおかげです。ありがとうございました。これを糧に次に向けて精進していくので、これからもよろしくお願いします。

S. Y. くん(附属中学校)
前橋高校

これほど英語に自信を持って受験勉強に取り組むことができたのもMEの熱い指導があったからだと思います。小学四年生の頃は、こんなに早く英語を勉強してもあまり意味がないじゃないのかと思いながら入塾をしましたが、今となっては小学四年生の頃から入塾したのは正解だと思いました。

私は、小学四年の頃からMEに入り、小学生のときのMEの英語の勉強の積み重ねによって、中学校での定期テスト等では英語は得意科目となりました。どんなテストでも自分の得意源となった英語。MEの授業では、「これでもか」と言うほど繰り返す同じ質問が毎週続くことによって、最初は全くわからなかったことがどんどん頭の中に入っていきました。中一の頃には、だいたいの中学英語の内容を終え、授業のときには、早く高校の英語の内容をやりたいと思うほど英語が好きになっていました。私がこれほど英語が好きになったのは楽しく、おもしろく学べたからだと思います。毎回の授業で七里先生のおもしろさとともに新しいことを学べたのでとてもよかったです。
中三となり、受験勉強の際には、MEに英語を託して他の苦手に力を入れて勉強をできました。また、これほど英語に自信を持って受験勉強に取り組むことができたのもMEの熱い指導があったからだと思います。私が小学四年生の頃は、こんなに早く英語を勉強してもあまり意味がないじゃないのかと思いながら入塾をしましたが、今となっては小学四年生の頃から入塾したのは正解だと思いました。本当にありがとうございました。

M. M. さん(附属中学校)
前橋女子高校

模試などで自由英作文で点数を落とし、点数が伸び悩んでいました。MEで教わった口頭英作などをもとに文型、冠詞、単語の確認を行いました。いつもは英語から書き始めていたことを日本語で最初書くことをしました。このことで、自分の書きたいことに何の文型、単語を使うべきかが明確に分かり、英作文のケアレスミスを防ぐことができました。

今回私は群馬県立前橋女子高校に入学することが決まりました。私はもともと英語が得意科目だったのですが、模試などで自由英作文で点数を落としてしまうことが多く、模試での点数が伸び悩んでいました。なので私はMEで教わった口頭英作などをもとに文型、冠詞、単語の確認を行いました。またいつもは英語から書き始めていたことを日本語で最初書くことをしました。このことをしたことで、自分の書きたいことに何の文型、単語を使うべきかが明確に分かり、英作文のケアレスミスを防ぐことができました。またMEで単語ノートを作ることを実践していたので、単語に迷うことなく英作文に取り組めました。また、長文などでも訳し方、訳順を正確に覚え、本番のテストでその覚えたことを活かせたことが英語の得点を上げるコツだったと思います。MEで学んできた文法、単語、口頭英作など全てのことがこの五十分に活かされ、そして合格への道をつなげてくれたのだと思います。英作文の宿題では自分の抜けている部分への厳しいお言葉をいただき、自分の使っている英語を見直すきっかけとなりました。高校でもさらに自分の英語力を高めるため、日々予習復習を怠らず行っていきたいと思います。

R. K. くん(第六中学校)
前橋高校

「得意教科は英語です。」と自信を持って言えるようになり、それが受験勉強でも大きなモチベーションになりました。模試や過去問でも、安定しない教科があるのに対し英語は常に満点近くをキープすることができました。本番は緊張せずに各教科を受けられました。最後の教科が確実に点をとれる英語だったので、他の教科を安心して受けました。

私は、小学校を卒業したのと同じ頃にMEに入塾しました。それまでほとんど勉強してこなかった私は、MEの授業内容、スピード、周りの人たちの集中力に高さに、ただ圧倒されるばかりでした。「定期テストで満点」と先生方がよく仰っていましたが、MEの授業に少しずつ慣れ、理解できるようになっていくにつれ、定期テストの点数も高得点を維持できるようになり、満点もとるとこができました。「得意教科は英語です。」と自信を持って言えるようになり、それが受験勉強でも大きなモチベーションになりました。模試や過去問でも、安定しない教科があるのに対し英語は常に満点近くをキープすることができました。そして本番はあまり緊張せずに各教科を受けられました。最後の教科が確実に点をとれる英語だったので、他の教科を安心して受けました。
もしMEに入塾していなかったとしたら、英語が得意教科ではなかったかもしれない。もしかしたら苦手教科になっていたかもしれない。そうだったら不合格だったかもしれない。そう思ってしまいます。英語が苦手教科をカバーし、引っ張ってくれたから、合格することができました。
最後になりますが、MEの先生方には大変お世話になりました。今こうして書いていることに、深い喜びを感じています。本当に、ありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。

M. N. さん(附属中学校)
前橋女子高校

私がMEに入塾した小四から、MEの授業が楽しくなかったことはなかった。毎回の授業で、変わらぬ緊張感、新たな視点からの学び、そして自分よりもっとレベルの高い仲間の存在を実感でき、MEは能力的にも人間的にも自分を大いに成長させてくれるなくてはならない場であると感じている。

私がMEに入塾した小四から、MEの授業が楽しくなかったことはなかった。毎回の授業で、変わらぬ緊張感、新たな視点からの学び、そして自分よりもっとレベルの高い仲間の存在を実感でき、MEは能力的にも人間的にも自分を大いに成長させてくれるなくてはならない場であると感じている。
中学での部活と勉強の両立につまずき、学習がうまく進まないときでも、英語の点数が下がったことは一度もなく、英語を自分のものにできるように感じ、自信につながった。学習への意欲がなくなりそうになったときでも、MEの授業を受けると自然とやる気が出た。答えられなかった時の悔しさ、問いはずっと心に残り、答えられた時の嬉しさは何ともいえない。そして、問いにどんどん答えたくなり指名されたいと強く感じる瞬間に自分の成長と知識が確実なものになっているとわかる。そんなMEと出会い、この場で学習できたことに誇りを感じる。
私の前女合格に、MEはなくてはならない存在だったと感じています。私たちのためを考えて濃い授業を作ってくださった先生方、本当に今までありがとうございました。これからは大学受験に向けて頑張っていくので、これからもよろしくお願いします。

M. S. さん(みずき中学校)
前橋女子高校

正直、中学校の授業で英語にはとてつもない自信があったような気がします。定期テストも実力テストもMEに通っているだけで良い点数がいつもとれていました。「なんで英語が得意なの?」という友達からの声が私の場合やる気につながっていきました。

私は勉強がとても苦手で嫌いでした。でもこの志望校合格には私は一番英語が不可欠だったと思います。
正直、中学校の授業で英語にはとてつもない自信があったような気がします。定期テストも実力テストもMEに通っているだけで家であまりやらなくても良い点数がいつもとれていました。英語の時間を他教科の勉強に使えるし、これ程良いことはないと思いました。「なんで英語が得意なの?」という友達からの声が私の場合やる気につながっていきました。
入試前はとにかく過去問、そして英作文の練習。このMEのやり方で私の英語力やスピードなどが一気にのびていったように感じました。
入試というのは本当に嫌に感じました。MEに来ていたからのりこえられたし、何より温かく支えて下さってとてもうれしかったです。自分よりもずっとレベルの高いライバルがMEにはたくさんいて、毎週彼らと授業を共に受けられる、そこがMEの良さだと思います。
入試本番の英語のテストは少し傾向が変わっていたけどMEで培った力が十二分に通用しているのを感じ、落ち着いて解くことができました。
これからもよろしくおねがいします。

T. T. くん(附属中学校)
筑波大学附属高等学校

合格者掲示板に自分の番号を見つけた時、体が震えました。私を合格に導いたのは、MEで学んだ英語の力です。少人数制の選抜クラスで、精読と速読のバランスが取れるようになっていきました。英作文も、苦手意識が無くなりました。MEを信じて、自信を持って試験に臨むことができました。

合格者掲示板に自分の番号を見つけた時、努力が形になった喜びに体が震えました。私を合格に導いたのは、間違いなくMEで学んだ英語の力です。
筑附の英語は、ネイティブの日常に放り込まれた気分になるリスニング、圧倒される文量の長文問題が2題、さらに、こなれた日本語で出題される和文英作に取り組む必要があります。他の科目は目標点に届いているのに、英語の過去問だけは得点が伸びず、何度も諦めそうになりました。
しかし、少人数制の選抜クラスで細やかな指導をうけていると、次第に精読と速読のバランスが取れるようになっていきました。英作文も、ME独特の英文和訳の技術を逆にたどれば良いのだと気付いてから、苦手意識が無くなりました。MEを信じて努力を続けた結果、自信を持って試験に臨むことができました。
私は、中1でMEに出会えて幸せでした。もし入会していなければ、英語の世界が混沌としていると思い込んだまま、英語嫌いの人間になっていたでしょう。筑附では、地球規模の視点を持ち、専門性と幅広い教養を身につけたいと思っています。そのために必要な英語力を、今後も磨き続けます。
最後になりましたが、七里先生をはじめご指導いただいた先生方、スタッフの皆さん、英語と関わる楽しさを教えていただき、本当にありがとうございました。

M. M. さん(第五中学校)
前橋女子高校

志望校に合格でき、英語を得点源にすることができたのは、MEのおかげだと思います。部活動中心から受験勉強中心の生活になり、MEの夏期講習を受け、英語への取り組み方が変わりました。MEノートをしっかりと提出したおかげで英文法の理解が深まっていくことを実感しました。

私が志望校に合格でき、また、英語を得点源にすることができたのは、MEのおかげだと思います。
私がMEに入塾した時はスピードを意識した授業、先生方との慣れない受け答えに戸惑い、MEの授業に参加するのが嫌だと思っていた時期もありました。また、中学に入り、部活動もやっていた時は、毎日がとても忙しく、MEノートの提出を毎週せず、私の授業態度は最悪だったと思っています。しかし、部活動中心から受験勉強中心の生活になり、MEの夏期講習を受け、私の英語への取り組み方が変わりました。今まで、授業の内容があいまいだったところもMEノートを毎日しっかりと提出したおかげで英文法の理解が深まっていくということを実感しました。
後期入試が迫っていた時期のMEから出される自由英作文の宿題は、自分の解答の仕方の形づくりや、自分が書いた英文の文法が間違っていないかなどとても役に立ちました。
これから、中学の時よりも英文法や長文読解などが複雑になり、難しくなると思いますが、引き続きMEの授業を受け高校でも英語がずっと得意でいられるように先生方の言うことをしっかりとし、大学受験でも成功できるように頑張りたいです。

M. N. さん(群馬南中学校)
高崎女子高校

最初はMEのスピード感と周りの人達にただただ圧倒されました。毎週ノートを提出することでMEで習ったことが確実に身に付くようになり、スピード感に慣れ、自分の英語力が向上していくことを実感することができました。

私は中学二年生の冬休みからMEに通い始めました。最初はMEのスピード感と先生の質問に即答している周りの人達にただただ圧倒されました。ですが、毎週ノートを提出することでMEで習ったことが確実に身に付くようになり、だんだんとスピード感に慣れることができるようになりました。そして自分の英語力が向上していくことを実感することができました。入試前になると過去問の英作文を添削してもらったので自分の間違いやすいところに気付くことができてよかったです。また、MEで過去問をもらっていろいろな問題に触れ、たくさん問題を解くことで自分の自信につなげることができました。入試本番で自分のやってきたことに自信を持ち、あせらずに落ち着いて問題を解けたことが合格につながったと思います。英語は毎週必ずノートを提出し、他の教科はとにかくたくさん問題を解き、間違えたところをできるまでくり返す。このことが合格するために一番大切なことだと思います。

T. M. さん(中尾中学校)
高崎女子高校

初めて受けた授業で、MEは、私に学ぶことへの意欲を与えてくれました。中学のテストでも常に満点に近い点数を取ることが出来ました。入試直前の授業では、英作文を書く時のポイントを細かく教えてくださいました。英語の試験も、満点に近い点数を取ることができました。

私は母のすすめで中学一年生からMEに入りました。初めて受けた授業では、そのスピードや分かりやすさにとても驚きました。そして、それと同時に、もっといろいろなことを学びたい、と思うようになりました。MEは、私に学ぶことへの意欲を与えてくれました。
時には、授業中にさされたときに全く答えられないこともありましたが、MEの先生方は、いつも丁寧にわかりやすく、教えてくださいました。
そのおかげで、中学のテストでも常に満点に近い点数を取ることが出来ました。
また、先生方の話すスピードに合わせて一語一句漏らさないようにノートに書いていくという授業を受けてきたことで、高校受験のときも、どの教科でも素早く文字を書くことが出来たと思います。第一志望校に合格できたのも、MEで培ってきたことが根底にあると思います。
また、入試直前の授業では、特に英作文を書く時のポイントを細かく教えてくださいました。英語の試験中も、先生が言っていたことを一つ一つ思い出しながら慎重に問題を解いていきました。その結果、満点に近い点数を取ることができました。
最後に、七里先生をはじめとする先生方、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

Y. A. さん(附属中学校)
前橋女子高校

入塾当初の授業ではスピードに圧倒され、緊張感で気が抜けず、もの凄く疲労を感じたことを覚えています。指名され答えられた時の優越感や先生のジョークが面白いため、次第にMEの授業が毎週の楽しみとなり英語が好きになりました。

私がMEに入塾したのは小5の春でした。入塾当初の授業ではスピードに圧倒され、いつ指名されるか分からないという緊張感で一瞬たりとも気が抜けず、もの凄く疲労を感じたことを覚えています。しかし、指名され答えられた時の優越感や先生のジョークが面白いため、次第にMEの授業が毎週の楽しみとなり英語が好きになりました。
中学校に入り英語が得意科目となり、定期テストや模試では安定して高得点をとることができました。また、MEの授業、清書、口頭英作により早期に自然と入試に対応できる力がついたため、受験期には英語以外の教科に時間を費やすことができました。そして、入試本番では自信を持って臨めた結果、自分の持つ力を発揮することができました。私に英語力と自信を与えてくれたのはMEだと断言できます。
私が将来就きたい仕事は英語力が必要であるものです。あと3年間、MEにお世話になり自分の夢を掴み取りたいと思っています。熱心に指導してくださった七里先生をはじめとする先生方、スタッフの方々、本当にありがとうございました。そして、これからも宜しくお願いします。

Y. T. さん(富士見中学校)
前橋女子高校

練習時間の長い部活動に入っていたので、家に帰ると疲れて勉強する気がなかなか起こせずにいました。部活を引退するまで、学校から出された課題を仕上げる他、時間の余裕は少なかったです。その中でも、定期テストの英語では常に上位の成績をとることができ、MEの凄さを感じました。

私は中1の春期講習からMEに通い始めました。初めてMEの授業を受けた時、とても速いスピードに圧倒されたことを覚えています。これからの授業について行くことができるのかと、大きな不安もありました。しかし、他の塾とは違った緊張感のある授業が楽しいと感じ、入会しました。
私は練習時間の長い部活動に入っていたので、家に帰ると疲れて勉強する気がなかなか起こせずにいました。部活を引退するまで、学校から出された課題を仕上げる他、時間の余裕は少なかったです。その中でも、定期テストの英語では常に上位の成績をとることができ、MEの凄さを感じました。毎回のMEの授業について行くことに精一杯で、先生の質問に自信を持って答えられたことは少なかったです。その度に私は「勉強を頑張ろう」という気持ちにさせられました。そんな私も中3の春には英検準2級を取得し、英語は得意科目となっていました。入試直前まで、MEの先生方やスタッフの方々が授業以外でも音声教材やプリント、英作文の添削など様々な面で支えてくださいました。そのおかげで入試に自信を持って挑むことができたと思います。MEの先生方、スタッフの方々には感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。

M. S. くん(附属中学校)
前橋高校

少しずつ正しい答えを言えるようになり、楽しみにかわっていき、力がついていきました。私の英語の力が向上したことは確実です。MEに入ってよかったと感じています。集中力だけでなく、勉強に取り組む姿勢も学ぶことができ、英語のみならず学力を全体的に上げることができました。

私は中学に入った時からMEに入り、英語を学ばせていただきました。MEでの授業はとてもスピーディーで緊張感があり、毎回の授業で確実に力がついていることを感じていました。その感覚は英検準2級を中2でとれたことや、高校入試の英語で9割以上をとることができるなど数字にも表れたのだと思います。特に最初の方は全く答えることができず、やはり自分には無理だと思うことも多くありました。しかし先生方の熱心な指導や清書ノートの作成などを通じて少しずつ正しい答えを言えるようになり、楽しみにかわっていき、力がついていきました。
3年間の授業により私の英語の力が向上したことは確実です。本当にMEに入って学ぶことができてよかったと感じています。集中力だけでなく、勉強に取り組む姿勢も学ぶことができ、英語のみならず学力を全体的に上げることができました。これからの高校英語もより向上できると信じ学びを進めていきたいと思いました。ありがとうございました。

N. H. さん(附属中学校)
前橋女子高校

MEのおかげで英語は得意科目となりMEの授業をよく聞いて清書ノートと単語ノートを続けるだけでも得点は伸びていったので苦手な教科の勉強に時間を多く使うこともできました。第一志望校の前橋女子高校に合格することができました。

私は、小学校の頃からMEにお世話になっていました。学年が上がるごとに学校の内容の先取りをして難易度も高くなるのに、抵抗感がなかったのは、MEのすばらしい授業のおかげだと思います。緊張感のある質問形式の授業の中で同じことを繰り返し、自然と自分の知識として身についていきました。受験勉強に関しても適切な勉強方法を教えてくださったり、ライバルと差をつける英作文を一人一人と向き合ってくださったり本当にお世話になりました。MEのおかげで英語は得意科目となりMEの授業をよく聞いて清書ノートと単語ノートを続けるだけでも得点は伸びていったので苦手な教科の勉強に時間を多く使うこともできました。
最後に私は、第一志望校の前橋女子高校に合格することができました。それは、本当にMEがあっての結果だと思います。七里栄先生をはじめとするすばらしい授業をしてくださった先生方そしてMEスタッフの皆様、本当にありがとうございました。そして、これから3年間国立大学の医学部医学科の合格を目指してMEを信じて努力し続けたいと思います。よろしくお願いします。

N. O. さん(附属中学校)
前橋女子高校

入試本番に大きなミスをしてしまい、このままでは合格できないのではないかと思いました。しかし、その後の試験科目である英語に向けて、MEノートを見直すことで、心を落ち着かせ、五教科の中で一番良い点数をとることができ、英語で高得点をとったことで、他の教科でのミスをカバーすることができました。

私が第一志望校である前橋女子高校に合格できたのは、MEに通っていたからだと思います。
MEの授業は先生の質問に塾生が答える問答形式なので、いつ指名されるか分からないという緊張感があり、いつも集中して授業を受けられました。また、自分が答えられる質問のときに指名されなかったり、自分が答えられずに他の人が答えられたりしたときは、とても悔しくなり、次は絶対に答えようという気持ちでMEノートに清書したり、口頭英作をしたりしていました。すると、自然に、私の得意教科が英語になっていました。入試において、このことがとても役に立ってきたと思います。私は、入試本番に大きなミスをしてしまい、このままでは合格できないのではないかと思いました。しかし、その後の試験科目である英語に向けて、自分で清書したMEノートを見直すことで、心を落ち着かせ、今までの努力の成果を発揮することができました。記述が多かったですが、MEで学んだことを思い出しながら、丁寧に回答することで、五教科の中で一番良い点数をとることができ、英語で高得点をとったことで、他の教科でのミスをカバーすることができました。
MEで言われた通りに勉強したことで、第一志望校へ合格できたのだと思います。私はこれからも、MEで言われたことを一生懸命取り組み、今後に生かしていきたいと思います。

M. M. さん(第一中学校)
前橋女子高校

そんな時に母が「MEっていう塾がすごいんだって。」と私に教えてくれました。「すごいって、どんな風にすごいんだろう。」と思い、小学校四年生の冬に講習に参加しました。その時、母の言っていた「すごい」の意味を知りました。

私がMEに通い始めたのは小学校五年生のときでした。私は小学校四年生の時に通いたいと本気で思う高校に出会いました。しかしその学校に通うには、他の人よりも勉強しなければならないとたくさんの人に言われました。そんな時に母が「MEっていう塾がすごいんだって。」と私に教えてくれました。私は「すごいって、どんな風にすごいんだろう。」と疑問に思い、同時に好奇心を抱きました。そして私は小学校四年生の冬に講習に参加しました。その時初めて、母の言っていた「すごい」の意味を知りました。授業が始まる前から教室の中には張りつめた緊張感があり、始まってからは一人ずつランダムに指名されていきました。だから「自分がわからない所を指されたらどうしよう。」という焦りや上手く答えられず周りに笑われたという悔しさそして、きちんと答えることができた喜びが授業への集中力や復習のためのノート提出につながるのだと思います。また、公立対策で英作文の添削もして頂きました。そのおかげで以前よりも文の時制や主語の人称など細かい所にも注意することができるようになりました。
このようなMEの学習環境と指導のすべてが入試への自信や取り組み方につながったのだと思います。MEと出会えたことは今の第一志望合格に大きく影響を与えてくれました。

E. N. さん(南橘中学校)
前橋女子高校

私が思うMEの良いところは、1.発音がすばらしい先生方の授業を受けることでリスニング力がつく 2.早いスピードの授業についていくことで大学受験の長文問題に強くなる 3.MEの授業に休まず出ていれば、中学の定期テストの英語は特に勉強しなくても高得点が取れるので、その分の時間を他の教科の勉強に使える

私がMEに入塾したのは小4の時です。最初は、授業中にたくさん指されるのにびっくりしたと同時にこのスピード感をもって英語を身につけなければ後々苦労するだろうと直感的に思いました。MEでは、いつ指されるかわからないので授業中は集中していなければなりませんでした。しかし、その繰り返しをするうちに他の教科でも集中し勉強することができるようになりました。
また、MEではスピードが速いのでMEのための予習は必須でした。学校の定期テストの時は、両立しなければならないので大変でした。でも受験は団体戦と言われるように、同じ中学の友達やMEで知り合った友達とみんなで同じ目標に向かって競い合えた事は大変な時期を乗り越えられた大きな要因だと思います。私が思うMEの良いところは、1.発音がすばらしい先生方の授業を受けることでリスニング力がつく 2.早いスピードの授業についていくことで大学受験の長文問題に強くなる 3.MEの授業に休まず出ていれば、中学の定期テストの英語は特に勉強しなくても高得点が取れるので、その分の時間を他の教科の勉強に使える
私の学年からセンター試験が変わるので、その時こそMEで学んできたことが活かされるのではないでしょうか。また、これからは英語はできてあたりまえの社会になっていくので一層努力が必要になると思っています。
最後に、先生方やスタッフの方々に心より感謝したいと思います。

K. S. くん(附属中学校)
早稲田大学本庄高等学院

早大本庄に合格できた理由の一つに『ME外語学院』で求められる、スピード、正確性、即答力の三つの力が自然と身についていたこと、定期テストに自信を持って臨めたことがあげられると思います。

私は、早稲田大学本庄高等学院にα選抜で合格しました。こうして、早大本庄に合格できた理由の一つに『ME外語学院』で求められる、スピード、正確性、即答力の三つの力が自然と身についていたこと、定期テストに自信を持って臨めたことがあげられると思います。
α選抜のメイン試験である、面接。面接対策はしていったものの、実際の内容は、準備していった回答では対応しきれないような質問がほとんどでした。数名の面接官と向き合い、緊張する中、質問が飛び交いました。しかし、質問の意図を冷静に判断し、自分の考えをまとめ、全ての質問に答えることができました。これは、通常授業の中で繰り広げられるMEならではの質問攻めの経験が生かされたことは間違いありません。質問されたと同時に頭をフル回転させ、正確な答えを導き出し、即答する。この技は、英語の学習に対してだけでなく、あらゆる場面で応用できるすばらしい力だと実感しました。私がこの体験談から伝えたいのは、MEで身に付けた力は、決して英語にとどまらず、生きてゆく上で役立つ力であるということです。MEの指導法を信じて頑張ってください。今まで支え続けてくださった、七里先生・岩間先生・佐々木先生をはじめとする諸先生方、野上さんをはじめとするスタッフの皆様、本当にありがとうございました。これからもMEで学んだことを生かして、さらに努力していきたいと思います。

M. S. くん(附属中学校)
前橋高校

MEに通い出したのは、中三の春でした。MEで学ぶ英語は、私が知っている英語とは全く違ったのです。今までの私は、「主語はSという」ことや「文型がある」ということすら知らない状況でした。今まで感覚で問題に取り組んでいたのですが、段々とMEで学んだことを根拠に自信を持って問題が解けるようになりました。

私がMEに通い出したのは、中三の春でした。初めて授業を受け、自分に大きな衝撃が走ったことを、今でもよく覚えています。MEで学ぶ英語は、私が知っている英語とは全く違ったのです。今までの私は、もはや「主語はSという」ことや「文型がある」ということすら知らない状況でした。そして、多くの友が私とは違い先生方の質問に即答している状況に、とても焦りを感じたのです。そんな私がMEの授業についていくことは、とても大変でした。ですが、先生方に言われた通りに学んでいくことで、今まで完全に感覚で問題に取り組んでいたのですが、段々とMEで学んだことを根拠に自信を持って問題が解けるようになりました。また、授業で指名された時に答えられたものには自信がつき、答えられなかったものは家で必ず復習を行い、次回の授業で即答できるように努力しました。そして、それまで勉強の習慣がなかった私でしたが、MEの授業の復習を通して、毎日集中して勉強する習慣がつき、その結果無事志望校に合格できました。
最後に、MEという素晴らしい塾に出会えて、本当に良かったと思います。先生方、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

K. T. くん(附属中学校)
前橋高校

授業を重ねる度に多くの知識を得ることができました。受験期では、様々な問題から長文の読み取り方や解答するときのポイントなどを教えていただき、とても役に立ちました。 定期テスト対策の授業もしていただき、安定して高得点をとることが出来ました。これも志望校合格には欠かせなかったと思います。

私は、小学校4年生の時にMEに入塾しました。スピード感あふれる授業と膨大な量の文法や単語に最初は戸惑いました。その一方で、この授業についていけるようになればどれほどの力がつくだろうと楽しみな気持ちもありました。徐々に授業に慣れ、授業を重ねる度に多くの知識を得ることができました。少なかったはずの指名回数も増え、自分の言葉で答えることで、得た知識を定着させることができました。また、それらの知識を使った英作をすることで、具体的な使い方までより深く英語を学ぶことができました。
受験期では、様々な問題から長文の読み取り方や解答するときのポイントなどを教えていただき、とても役に立ちました。
定期テスト対策の授業もしていただき、安定して高得点をとることが出来ました。これも志望校合格には欠かせなかったと思います。
そして、受験生として過ごしたこの1年間で、今まで以上に英語の力をつけることができ、志望校に合格することができました。七里先生をはじめとする講師の先生方、スタッフの方々、本当にありがとうございました。高校でもご指導よろしくお願いします。

M. K. さん(鎌倉中学校)
前橋女子高校

学校で、友人に「どうしてそんなに点がとれるの?」と英語のテスト返しの時に聞かれたことがありました。その時改めてMEのすごさを実感しました。先生の言う通りにするだけで着実に英語力が伸びていきました。

私は、一年生の頃、入学と同時にMEに入塾しました。入塾したばかりの頃は授業の速さと緊張感にとても驚かされていました。MEの授業では、黒板はほとんど使わず、先生が口で言ったことをノートに書くのがほとんどで、私はそれを書くだけで精一杯でした。先生に指されてもあまり答えられず、答えられないととても恥ずかしく感じました。しかし、その「恥ずかしい」という思いが、「次は絶対答えてやる」という思いになり、やる気に火がつきました。初めて答えられた時の喜びは今でも覚えています。先生に言われた通り復習をして、ノートに清書すれば、どんどん「わかる」が増えていき授業が楽しくなりました。
学校で、友人に「どうしてそんなに点がとれるの?」と英語のテスト返しの時に聞かれたことがありました。その時改めてMEのすごさを実感しました。先生の言う通りにするだけで着実に英語力が伸びていきました。
私は後期試験で前橋女子高校に合格しました。英語をMEで鍛えてくださったおかげで、家では、他の教科の勉強に専念することができました。あきらめそうになった時、私にはMEで鍛えた英語があるから大丈夫だと、MEに精神面でも助けられました。
MEは色々な方法でやる気を引き出してくれます。私はMEで「わかる」ことの楽しさを知りました。MEに通っていなければ合格はつかみ取れなかったと思います。

M. O. さん(第五中学校)
前橋女子高校

MEの学習は特に口頭英作と長文読解が自分の力になったと思います。英語はもともと好きな科目でしたが、MEのおかげで単に好きな科目だけではなく、自分の強みとすることができるようになりました。英検準2級までとれ、高校卒業までに1級をとりたいと思っています。

後期入試を終え、私はとても晴れ晴れとした思いで母の迎えの車にむかいました。その時点ではもちろん結果はわかりませんでしたが、やれる努力はすべてやりきり、自分の力を最大限発揮できたという実感がもてたからです。
本格的に受験勉強をはじめたのは部活動を引退してからでしたが、私は毎日毎日休むことなく勉強を続けてきました。1日にまとめてやるような無理はせずに、メリハリをつけて1日3時間の集中した勉強を最後まで心がけてきました。この取組みを1日も休まず最後までやり遂げられたことは試験にのぞむ時に私の大きな自信となりました。
MEの学習は特に口頭英作と長文読解が自分の力になったと思います。英語はもともと好きな科目でしたが、MEのおかげで単に好きな科目だけではなく、自分の強みとすることができるようになりました。英検準2級までとれ、高校卒業までに1級をとりたいと思っています。
これから試験をむかえる中学生の皆さんも日々の努力を継続し、また自分の強みを伸ばすことで、志望校の合格を勝ちとって欲しいです。

T. G. くん(附属中学校)
前橋高校

無事に志望校に合格することができたのは、紛れもなくMEの影響が大きい。他の塾にはないと断言できる圧倒的なスピードで展開される授業と、卓越した知識を持つ先生との問答形式が組み合わさることで、毎回の授業が質の高いものとなっていき多くのことを学び成長することができた。

私が入塾してから四年の月日が流れ、無事に志望校に合格することができたのは、紛れもなくMEの影響が大きい。他の塾にはないと断言できる圧倒的なスピードで展開される授業と、卓越した知識を持つ先生との問答形式が組み合わさることで、毎回の授業が質の高いものとなっていき多くのことを学び成長することができた。授業で課されるMEノートの清書の存在が、自分の分からない部分を明確にし理解を深めることができ、英語に対して自信を持つことにつながった。また、MEの勉強法は他の教科において活かすことができ、学校の授業や課題に対する態度を見直すきっかけにもなった。
私に学びの楽しさを教えてくれた先生方と陰で支えてくださるスタッフの皆様にこの場を借りて感謝申し上げたい。

H. A. さん(高松中学校)
前橋女子高校

私は初めての受験に不安を感じていました。MEで高い目標を持つ生徒に刺激を受けたり、分かりやすいご指導のおかげで、受験勉強だけに集中することができました。入試では自分には英語があると信じて、自信を持って集中力を切らさず、力を出し切ることができました。

私は中学1年生の冬に母の強い勧めでMEに入会しました。2年前のことなので、あまり覚えていませんが、初めての授業で、先生と周りの生徒の集中力とスピードに圧倒され、質問にも答えられず、悔しい思いをしたことだけは今でも覚えています。先生に質問され、すばやく答える。生徒には、当時の私にはほど遠く、ノートにメモをとることだけで、精一杯でした。最初から授業についていけず、果たして、このまま続けた方がいいのだろうかと悩みましたが、もう少し頑張ってみようと決めました。今ではその時の自分の判断は間違っていなかったと確信しています。3年生になり受験勉強が本格的に始めた時に、私は初めての受験に不安を感じていました。しかし、MEで高い目標を持つ生徒に刺激を受けたり、先生方の分かりやすいご指導のおかげで、不安は消え、受験勉強だけに集中することができました。また、入試では自分には英語があると信じて、自信を持って最後まで集中力を切らさず、力を出し切ることができました。おかげで、第1志望だった高校にも合格することができました。

N. S. さん(附属中学校)
前橋女子高校

日々の授業の中で頭に叩き込まれる文法や構文、単語や連語。また、前期対策の授業や英作文の添削は本当に役に立った。そして何よりも、MEは集中力が身に付く。この集中力は英語だけでなく全教科において応用できるものだった。

私がMEに初めて行った日のことを今でも覚えている。中二の春、友達に誘われて軽い気持ちで行った私は衝撃を受けた。今まで体感したこともなかったような緊張感、スピード感、集中環境…。初めての授業が終わった後、このままの私ではダメなことがよく分かった。これが私が大きく変わるきっかけになったのだと思う。
受験勉強を始めて、一番安心できることは、絶対的な自分の英語力への信頼だった。過去問も英語はほとんど解かなかった。それは、MEの通常授業や講習でコツコツと公立問題の過去問を解いていたからであった。英語の問題を解く時間分、苦手な数学の問題演習に時間をかけることが出来た。また、前女の前期では昨年から学校独自の総合問題が始まり英作文の力は必須となった。そこで役に立ったのが、MEの授業であった。日々の授業の中で頭に叩き込まれる文法や構文、単語や連語。また、前期対策の授業や英作文の添削は本当に役に立った。添削はスペルの間違いなどの細かい部分まで丁寧で、自分の間違えやすい傾向を把握することもできた。
そして何よりも、MEは集中力が身に付く。この集中力は英語だけでなく全教科において応用できるものだった。
私が前期で合格できたのもMEがあったからこそだと思う。

M. I. くん(元総社中学校)
前橋高校

言われた通りに復習をし習ったことを頭に入れていくことで少しずつ上達していくような気がしました。その確信は定期テストの度に得て、自信に変えることができました。1年も経つ頃には初めて見る文でもすらすらと読んで意味が理解できるようになりました。

私は中2の春からMEに通い始めました。実際に授業を受けてみると、自分の想像を全く異なったスタイルに驚かされました。英語の授業なのに覚える言葉は日本語が多く、簡単な英語しかでてこないため最初は信用できずにいました。それでも言われた通りに復習をし習ったことを頭に入れていくことで少しずつ上達していくような気がしました。その確信は定期テストの度に得て、自信に変えることができました。1年も経つ頃には初めて見る文でもすらすらと読んで意味が理解できるようになりました。そして受験を意識し始める夏休みを安定した力を持って迎えることができました。もちろん不十分な所を補ったりと少しずつ努力は続けましたが、他の教科に比べしっかりと文型などの基礎が築いていたため他の教科に比べて費やした時間をかなり少なく済ませることができました。その分を苦手な教科に回したりと、全体的に余裕を持って受験勉強を進めることができました。たった1教科でも時間をかけて力をつけてきたことで他の教科にも良い影響を与えることができたと思います。また直前までやって頂いた英作文の指導が入試での高得点につながったと思います。これまでMEにお世話になった感謝の気持ちを忘れずに今後の勉強に努めていきたいと思います。

H. M. くん(附属中学校)
前橋高校

MEの授業は本当に速くとても大変で、授業を受けた日の夜はとてもよくねむれました。MEに行ったことのない人に授業を説明するとしたら、リズムゲームの最も難易度の難しいやつです。私はゲームが好きなのでリズムゲームもよく遊びますが、上達するにはあえてレベルを難しくしてそれを何度もくり返すことが近道です。

私は中学三年生のときにMEに入塾しました。附属中にはME生がいっぱいいたので試しにやってみようという軽い気持ちで通い始めました。
しかし、MEの授業は本当に速くとても大変で、授業を受けた日の夜はとてもよくねむれました。
他の人の合格体験記にも同じようなことが書かれていて、MEにまだ行ってなかったときに読んでもどのくらい速いのかよくわからなかったので、まだMEに行ったことのない人に授業を説明するとしたら、リズムゲームの最も難易度の難しいやつです。私はゲームが好きなのでリズムゲームもよく遊びますが、上達するにはあえてレベルを難しくしてそれを何度もくり返すことが近道です。
他の塾はわかりやすさを求めて簡単にしようとします。レベルEASYくらいです。でもこのEASYをいくらやってもレベルHARDはできません。でもMEは速さと集中力を求めているので授業はHARDです。しかし、MEの授業に慣れると他の塾よりも実はわかりやすいということがわかってきます。一見矛盾しているかもしれませんがどの塾でも同じ単元つまり同じ曲をプレイしているので内容は一緒です。しかもMEはHARDなので一度に得られる情報量はとても多いです。
私は一年間通い幸い授業に慣れることができたので、MEからいろいろなことを学ぶことができました。特に文法は本当に強くなったという実感がありました。無事に英検準二級もとることができました。MEは高校受験も定期テストの対策もしっかりとサポートしてくれるので、安心です。実際、私は英語の点を安定してとれていたのでそこが強みになりました。

S. I. さん(みずき中学校)
前橋女子高校

英語が足を引っ張って成績が上がらず、MEに入塾しました。初めての授業の時、七里先生に、「講師の先生方の言う事を素直にやっていれば、成績はうなぎ上りになる」と言われました。内心、半信半疑でしたが言われた通りに口頭英作をしていきました。すると成績が大幅に上がりました。

私はMEに入る前、「塾に入ったら負け」と思っていました。今では恥ずかしい話ですが、小学校から中学校三年の夏まで一回も塾に行かなくても、ある程度の成績をおさめる事ができていたので、このまま受験も大丈夫と余裕綽々で、いました。しかし、どうしても英語が足を引っ張って成績が上がらず、MEに入塾しました。初めての授業の時、七里先生に、「講師の先生方の言う事を素直にやっていれば、成績はうなぎ上りになる」と言われました。内心、半信半疑でしたが言われた通りに口頭英作をしていきました。すると成績が大幅に上がりました。また、授業の中で答えられた時の嬉しさや答えられなかった悔しさが、次の授業への大きな原動力となりました。初めてスラスラと答えられたI thought that she was poor.の文は忘れられません。この様な生徒のやる気も最大限に引き出し、悔しさを与えてくれるMEが私を合格に導いてくれた、と確信しています。七里先生をはじめ佐々木先生、岩間先生、スタッフの方々に大変お世話になりました。今、私は胸を張って「MEに入ったら勝ち」と言えます。

A. K. さん(第五中学校)
前橋女子高校

MEに通うことで英語に自信がついていきました。本番でも他の教科をうまくカバーすることができました。MEのよさは、数え切れないほどありますが、そのうちの一つとして、口頭英作をするところだと思います。口頭英作は英語力を上げるための一番の近道だと気づきました。

私は中学二年生の冬にMEに入塾しました。初めて受けた授業では、あまりのスピードの速さに驚いたことを今でも覚えています。初めはその速さについていくのがやっとの状態でしたが、復習を重ねていくうちにだんだんと慣れていくことができました。授業中は、先生から問われる問題に対し、答えられた時は嬉しかったし、答えられなかった時は悔しかったです。だからこそ、復習のやりがいが更に増していきました。そして、次の授業の時には同じ質問をされたら答えられるようになっていました。
受験生となり、第一志望校に合格することができるか不安でしたが、MEに通うことで英語に自信がついていきました。そして、本番でも他の教科をうまくカバーすることができました。
MEのよさは、数え切れないほどありますが、そのうちの一つとして、口頭英作をするところだと思います。日本語を見たらそれを英語にするという行為は、確かに最初は難しいかもしれません。しかし、口頭英作は英語力を上げるための一番の近道だと気づきました。
最後に、今までお世話になった先生方やスタッフのみなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。これからは大学受験に向けて頑張ります。

H. S. さん(吉岡中学校)
前橋女子高校

受験で最も支えになったことは英作文の添削です。間違えた部分の見直しや解き直しをする事によって力をつける事ができました。受験までの短い期間の中で、効率よく英語を勉強し余った時間を苦手教科を勉強する時間に回すことができました。

私は小6の頃にMEに入塾しました。小学生の頃からMEで培ったスピードや集中力、そして中学で習う英語の文法は、中学生になってから英語の授業だけでなく他教科にも活かすことができました。
受験生になってから英語の勉強はほぼMEに頼っていたと言って良いくらいです。長文の問題は受験生になる前からMEで指導していただいていたのでしっかりと得点することができました。また、口頭英作など普段から英語を口にする機会が増えたため、苦手だった英作を試験で落ち着いて解くことができ、口頭英作をする事の大切さに気付きました。そして、受験で最も支えになったことは英作文の添削です。授業後に返却される過去問の英作文は、間違えた部分の見直しや解き直しをする事によって力をつける事ができました。また、補足や細かい部分まで丁寧に添削されており、とても参考になりました。受験までの短い期間の中で、効率よく英語を勉強し余った時間を苦手教科を勉強する時間に回せ、他教科も効率よく勉強することができました。
MEに入塾していなかったら、英語が得意教科にはならなかったと思います。本当にありがとうございました。

M. I. さん(第五中学校)
高崎女子高校

私は理科と数学が苦手だったため、点数が安定していた英語の勉強を苦手教科にあて、最終的に成績を上げることができました。後期試験の点数も、英語で高得点をとることができたため、英語に助けられました。

私は、小学校6年の秋にMEに入会し、約3年間続けてきました。そして、中学3年生の秋、受験校を決定する際、思っていたよりもスムーズに決定することができました。私立は英語科のある学校、公立は英語に力を入れている県内の進学校。このような決断ができたのは、英語に絶対的な自信があったからです。この絶対的な自信は、1週間に一回の授業の中で、どこの塾よりもスピーディーに、確実に、内容の濃い授業を行ってくれたMEがあったからこそ、ついたものだと思います。
また、私は理科と数学が苦手だったため、第一志望校に合格するためには絶対に苦手を克服する必要がありました。やはりそれは難しい壁だと思っていましたが、点数が安定していた英語の勉強を苦手教科にあて、最終的に成績を上げることができました。後期試験の点数も、英語で高得点をとることができたため、英語に助けられました。
ここまで英語を得意にさせてくれたのも、好きにさせてくれたのも、そして第一志望校に合格させてくれたのもすべてMEの先生方のおかげです。ここはゴールではなく新たスタートだと思い、高校でもさらに高度な英語力をつけ、頑張りたいと思います。
本当にありがとうございました。

A. M. さん(東中学校)
前橋女子高校

最初の授業の時は、授業のスピードと内容の濃さ、授業を必死に受けているME生の姿、熱心に授業をしてくださっている先生の姿、MEの授業の全てに圧倒されました。しかし、長い間続けていくにつれて先生方の質問にも答えられるようになっていき、MEをどんどん好きになりました。そして、英語が私の得意教科となりました。

私は小学校五年生の時からMEにお世話になっています。
最初の授業の時は、授業のスピードと内容の濃さ、授業を必死に受けているME生の姿、熱心に授業をしてくださっている先生の姿、MEの授業の全てに圧倒されました。この授業についていけるのだろうかと思うことも多々ありました。しかし、長い間続けていくにつれて先生方の質問にも答えられるようになっていき、MEをどんどん好きになりました。そして、英語が私の得意教科となりました。
試験の日はとても緊張しました。しかし、MEノートを見て小学生の頃から何度も何度もくり返し覚えてきたことを思い出していくうちに、緊張がほぐれていき、自信へと変わっていきました。
私が前橋女子高校に合格できたのは、MEのおかげです。日々の授業で身につけたスピード、集中力、英語力、全てが受験の支えとなっていました。MEに通っていなかったら私の合格はなかったと思います。また、受験の時期に英検三級を受けたことで受験の勉強にもなりました。英検に合格できたのも、やはりMEのおかげです。
これまでMEを続けてきて本当に良かったと思っています。七里先生をはじめとする先生方、スタッフの皆さんには本当に感謝しています。本当にありがとうございました。

R. O. くん(附属中学校)
前橋高校

テスト結果は英語が私を大きく助けてくれました。これは毎週のMEの授業の成果であると思いました。自分を成長させてくれるきっかけは、もしかしたらMEだったのかもしれません。

このたび、前橋高校に後期選抜で合格しました尾澤玲文です。第一志望校に合格できたことを本当に嬉しく思います。
試験当日は本当に緊張していましたが、校門の前でエールを送ってくれた塾の先生や応援してくれた友達のおかげでつらい状況を乗り越えることができました。テスト結果は英語が私を大きく助けてくれました。これは毎週のMEの授業の成果であると思いました。自分を成長させてくれるきっかけは、もしかしたらMEだったのかもしれません。
試験当日を迎える日まで、ほとんど毎日、塾の自習室や図書館に行って勉強をしました。そのため、「自分は誰よりも努力した。だから絶対大丈夫!」と思うことができ、自分のやってきたものを信じ、量を自信に変え、頑張ることができました。テストは、自信を持ってのぞむことが大切なことだと思います。また、自分を信じて物事をおこなうことも大切です。
最後になりますが、MEや心水塾の先生方の言葉を信じてやってきて良かったと思っています。熱心に指導してくださった先生方、相談にのってくれた学校の友達、よく遊んでくれた親友、育ててくれた家族、全ての人に感謝しています。
本当にありがとうございました。

R. K. さん(第三中学校)
前橋女子高校

私は英語が得意ではなく、平均点ギリギリの点数をとることが多く、藁にもすがる思いでMEに入塾しました。入試当日は、理科の点数が予想以上にとれず、パニックになってしまったのですが、次の英語では、五教科中の最高得点をとることができました。「苦手」であった英語を「好き」にさせてくれたのがMEでした。

MEに私が入塾したのは中学一年生でした。私は英語が得意ではなく、テストのときも平均点ギリギリの点数をとることが多く、藁にもすがる思いでMEに入塾しました。
MEの授業は何よりもスピードが速いので、最初の頃はそのスピードについていけるように鉛筆を動かすことに必死でした。また、先生方からの質問にも答えることができなかったり、つっかかったりして黙ってしまうことも多かったです。しかし、その中でも先生の質問にスラスラと答える人達をうらやましく思い、次は絶対に答えてやるという気持ちで授業を受けていました。そして、ノートに何回も文法や連語を反復することで理解し、先生の質問にもスラスラと答えることができるようになりました。そのお陰でテストでの英語の点数が上がり、他の教科での点数も自然と上がっていきました。
入試当日は、理科の点数が予想以上にとれず、パニックになってしまったのですが、次の英語では、毎日積み上げたもののお陰で五教科中の最高得点をとることができました。高校受験を通して私は、毎日コツコツと努力し、決してあきらめないということの大切さを改めて感じました。
「苦手」であった英語を「好き」にさせてくれたのがMEでした。これから受験を受ける方々もMEでの授業を大切にして頑張ってください。

A. K. さん(附属中学校)
高崎女子高校

「英語は、絶対大丈夫。」不安に駆られていた受験期、私の支えとなったのは英語でした。その支えはMEの存在があってこそのものでした。MEの入試対策は手厚く、授業を受ける度に合格に近づいているという実感が湧いてきました。MEで培ってきた集中力などの勉強に対する姿勢は英語だけでなくその他の教科にも生かされ、効率の良い勉強に繋がりました。

「英語は、絶対大丈夫。」不安に駆られていた受験期、私の支えとなったのは英語でした。そして、その支えはMEの存在があってこそのものでした。
MEの入試対策は手厚く、授業を受ける度に合格に近づいているという実感が湧いてきました。そのため、英語の受験勉強はMEの授業とその復習のみにおさえ、苦手教科に時間をかけることができました。また、MEで培ってきた集中力などの勉強に対する姿勢は英語だけでなくその他の教科にも生かされ、効率の良い勉強に繋がりました。
入試本番の総合問題では、英文の読解や英作の問題が出されましたが、MEの授業で学んだことをいかし、怯むことなく自信をもって解答することが出来ました。
私が志望校に前期で合格できたのは、MEのおかげです。高校に入ってからもMEを信じて勉強に励み、大学入試に向けて頑張ろうと思っています。

Y. A. くん(第五中学校)
前橋高校

中学に入学してから、自宅ではほとんど英語の勉強はしていませんでした。でも学校の定期テストではいつも九割はとれていました。入試本番でも九割を超えることができました。MEの授業のおかげだと思います。

僕は小学四年からMEに通っています。すでに六年間MEで英語の勉強をしているわけですが、中学に入学してから、自宅ではほとんど英語の勉強はしていませんでした。でも学校の定期テストではいつも九割はとれていました。入試本番でも九割を超えることができました。これはMEの授業のおかげだと思います。一つのことをくり返し何度もやることで自然と覚えることができました。本当にMEの先生方には感謝しています。そして、これからの高校三年間もまたよろしくお願いします。

R. S. さん(附属中学校)
川崎医科大学附属高等学校

英語は私にとって苦手教科を補う役目もありました。MEのおかげで英語が得意教科になり、苦手教科を補ったことで総合的に良い点数を取れるようになりました。そして、MEのおかげで様々な事を反復するくせができ、他の教科も点数を伸ばすことができました。

私は小学生の時からMEに通っていました。初めはスピードに圧倒され、授業についていくのがやっとという状況でした。しかし、講師の先生方の授業を通じて少しずつ理解できるようになり、特に文法においては習う前に比べ、より深く理解することが出来ました。また、先生方は予習・復習の仕方まで具体的に教えてくださり、この勉強の仕方を繰り返し行ったことで志望校合格への近道を作ることができたと思います。中学生になってからは、先生方が言っていた単語帳を作り、知識を高めることが出来ました。それと同時に英語の楽しさや面白さも感じることが出来ました。また、英語は私にとって苦手教科を補う役目もありました。MEのおかげで英語が得意教科になり、苦手教科を補ったことで総合的に良い点数を取れるようになりました。そして、MEのおかげで様々な事を反復するくせができ、他の教科も点数を伸ばすことができました。MEの先生方、事務の皆さんには親切かつ柔軟な対応をしていただきとても感謝しています。本当にありがとうございました。

A.N.さん(粕川中学校)
前橋女子高校

やはり英語は模試でも、最大の得点源であり、結果が出る教科でした。入試本番もMEのノートを持っていき、文法の確認や書いた量を見て気持ちをおちつけました。結果も英語だけがだんとつで良く、MEに通い、努力して良かったなと思いました。

私がMEの通いはじめたのは、新中学1年生の春期講習からでした。あの時のMEの雰囲気やピリピリとしたきん張感は忘れられません。また、その春期講習では中学3年間の文法を学び、それが志望校合格への第一歩だったのだと今では断言することができます。MEに通い、復習を重ねていくうちに、様々な文法を理解し、身につくのを感じました。学校のテストの点数もあがっていき、自分の中で英語が好きな得意教科になっていきました。しかしMEに来ると、まわりのレベルに圧倒され、自分の英語に自信がもてなくなると同時に負けたくないと、自分から自然に勉強に取り組むことができました。私にとってMEは自分の英語力を一番つけてくれる場所であり、他の教科の成績も高めてくれる場所でした。私の中学校での勉強の基本はすべてMEで学んだといっても過言ではないと思います。勉強法を徹底的におしえ込んでくれるところはMEだけだと思います。また、中学3年生になってからは、全員がライバルとなりMEでの授業がさらにピリピリとしたものになりました。私は受験が近くなるにつれて周りのレベルが上がっていくことを感じ、焦りが高まっていきました。「まわりだけ受かって自分だけ落ちるかもしれない」「なんで自分はできないのだろう」そんなマイナスな考えだけが増えていき、もっと勉強するようになりました。やはり英語は模試でも、最大の得点源であり、結果が出る教科でした。入試本番もMEのノートを持っていき、文法の確認や書いた量を見て気持ちをおちつけました。後期入試では英語はスラスラと解くことができました。スピードとミスを注意することはMEに通っていたからできたことだと思います。結果も英語だけがだんとつで良く、MEに通い、努力して良かったなと思いました。本当にありがとうございました。感謝しかありません。

「早稲田大学 慶應義塾大学合格のME史」英語で合格を決める

MEでは、毎年早稲田大学・慶応大学に多くの合格者を出しています。その理由は、各年度の当学院の生徒さんの合格体験記がはっきりと語ってくれています。体験記からは、いかにMEで鍛えた英語力が役立ったかを読み取ることができます。特に私大文系は英語力で決まると言えます。英語力が得点源となり、それが合格につながるのです。

ある生徒は、「『英語は音でやらなければ限界がくる』という言葉を信じて、強固な英語力が身についた。」、また、「添削ノートは赤ペンで真っ赤に…熱く、厳しい授業に、現状の厳しさを知りました。」と、MEの指導を評価してくれています。我々は、長年の指導の積み重ねで、合格のノウハウを確固たるものにしてきました。そして、その独自の指導法を持っている と自負しています。「あーこれMEでやったな。」

「これもやったなー。」「あーこれも。」…こんな言葉が聞こえてきます。予習→授業→復習、このサイクルで、気付かぬ間に英語力が培われるのです。

「何と出会うか、それで成長する」その何かとはMEです。難関大学、難関学部のハードルを越えられる英語力を醸成するME指導です。MEの指導が君を合格への到達点に導くのです。

以下、早稲田大学・慶応大学合格者の合格体験記の中から抜粋したものをご紹介します。

MEでは春期講習(中1生、中2生、中3生、高校生ショートコース)・新学期・新規生の方を募集しています。新たに入会の方には、フォローアップ授業をおこない、万全のサポートをさせていただきますので、ご安心ください。

 

阿佐美 奈緒さん(前女)
早稲田大学(文科構想学部文科構想学科)
個人授業では志望校の問題に沿った指導をしてくださり、私に合った勉強方法も提案してくださいました。個人授業の時期になり、教室の隣で待機していた時に、先生方が教室の階段を駆け上がり、そして駆け下りていく音を何度も聴くこととなりました。その音は、一人一人に全力で向き合おうとすることでしか出せない音だと思います。

木下 裕介くん(前高)
早稲田大学(文化構想学部)
英語で高得点を取る為に必要な事を最善の方法で分かりやすく指導してくれる塾、それがMEだと思っています。難しいと思うような文章でも、理解出来るようにお決まりのフレーズで落としこむ。こんな事が出来る塾は唯一無二です。

 

田口 敦也くん(前高)
早稲田大学(文化構想学部)
MEの先生方のつくってくださった教材により、定期テストでは常に高得点を取ることができ、英検では準一級を取得することができました。センター試験後の二次対策個人授業では、難関である早稲田大学の問題の解説や解法をきめ細かく指導してくださいました。

 

金子 りささん(前女)
早稲田大学(政治経済学部経済学科)
小学生ながらも、MEで培われた「徹底力」を英語だけでなく他教科にもこだわるようになり、五年生からぐんと成績が伸びたのを覚えています。私の勉強に対する姿勢は、この頃のMEで生まれたと言っても過言ではありません。

 

木暮 清楓さん(前女)
早稲田大学(基幹理工学部学系2)
高校2年の夏、今までは漠然とした自信を持っていた英語の成績に不安を感じ始め、部活の友達と一緒に夏期講習に参加しました。いつ指されるか分からない緊張感と、授業のスピードに驚きました。そして自分が今までいかに感覚で英語を問いていたのかを思い知り、同時にMEでもっと学びたいと思い、入塾を決めました。

 

江原 みなみさん(高女)
早稲田大学(商学部)
初めてMEの授業を受けたのは高3に上がる春休みでした。スピーディーかつ熱意のある授業、指名されても即答する他の人たち、そして漂う緊張感。それまで勉強や受験に対して真剣に向き合ってこなかった私にとって、それは驚きや刺激や焦りなどの連続でした。MEなしでは私の合格はほど遠かったと思います。

 

吉田 未奈さん(前女)
慶應義塾大学(文学部人文社会学科)
私がMEに入塾したのは高校3年生の春です。指名されても答えることができず、私が答えられなかった質問を先に入塾していた同級生たちが答えていく姿を見て、非常に悔しく思いました。しかし、補習もたくさん実施してくれるし、授業も「繰り返し」をテーマとしているので、入塾するのに遅いかなと心配する必要はありません。

 

北澤 梨奈さん(前女)
早稲田大学(文学部文学科)
私は高3の春からMEに入塾しました。この文法の時はこの例文と決まっているため、それを何度も繰り返すことで、あやふやだった知識が着実に定着していきました。模試や定期テストでも、何度も「これMEで習った!」となり、英語の得点はみるみる上がっていきました。

 

阿久澤 佳佑くん(前高)
早稲田大学(人間科学部情報科学科)
負けず嫌いな僕にとって、指されたときに答えられることの出来ない悔しさは相当な物でしたが、その悔しさを、「次は見てろよ!」と自分のバネに出来たことが英語への自信につながったと思います。

 

重山 敏毅くん(前高)
早稲田大学(商学部)
僕がMEに入塾して良かったと思う点は二つあります。一つ目は文法を論理的に理解できることです。ME独自の授業のおかげで覚えることが多くて大変な英文法も頭の中に整理された状態でどんどん入っていきました。二つ目は英検や定期テスト対策が充実していることです。定期テストのたびに音声教材を貰い、それを何回も聴くことで高得点を取ることができました。

 

阿久津 美希さん(前女)
早稲田大学(教育学部地理歴史学科)
MEのことが話題に上がると、大体の人は怖そうとか頭のいい人しかついていけなそうと言いますが、実際はそんなことはありません。私も英語があまり得意ではない状態で入塾しましたが、受験の時には英語を武器に戦っていけるくらいにはなりました。

 

宮地 沙英さん(前女)
慶應義塾大学(文学部文学科)
投げかけられる質問の1つ1つが、今まで理解していなかった英文法の根本的な理解につながるもので、まさに「目から鱗が落ちる」状態でした。仮定法過去と仮定法過去完了の定義、区別、作文、発音、アクセントの法則、関係代名詞の理解・速読など、MEで理解し身につけてきた知識は幅広く膨大で、それらの積み重ねが受験で武器となる英語力になりました。

 

井上 真琳さん(前女)
早稲田大学(人間科学部)
私は高二の冬からMEに入塾しました。MEに入って、英語に積極的に取り組めるようになり、それまでの英語の勉強への姿勢がガラリとかわりました。入塾前には英語が致命的で地を這う成績だった私でしたが、模試を受けるたび点数が伸び、実力がついてきたことを実感できるようになりました。

 

大澤 舜くん(高高)
慶應義塾大学(理工学部学門2)
3月の春期講習からMEに通い始め、基礎からやり直していきました。結果、入試本番では英語以外はあまりできなかったものの、英語だけは出来てなんとか合格することができました。 1年前はるか遠くにあった慶應合格を、英語のおかげで、MEのおかげで掴み取ることができました。

 

萩原 茜さん(前女)
早稲田大学(教育学部国語国文学科)
『授業1コマの中にこんなにもたくさんのことを教えてもらったのか』と驚きました。しかも、その中に1つも無駄なことはない。全てが試験に出る最重要なフレーズ、単語でした。始めは英語に不安を持っていた私も、すらすらと読めるようになり、自信がつきました。

 

島田 真帆さん(中央中等)
早稲田大学(文学部)
授業では毎回違う問題に向かうのですが、一つの問題からいろんな話に広げてくれ、大切なポイントは何度でも授業で扱ってくれるので、定着して行きました。MEに通うようになって、解き方が見えるようになり、模試でも点数を伸ばせるようになりました。

 

澤 龍太郎くん(前高)
早稲田大学(法学部)
早稲田大学(教育学部英語英文学科)
早稲田大学(文化構想学部)
声を出さずに勉強することに違和感すら覚えるようになり、強固な英語力が身についていることを実感できました。早稲田の入試でも、MEで身についた英語力は、大きな武器になりました。

 

三浦 拓巳くん(前高)
慶應義塾大学(文学部人文社会学科)
入試まであと2週間、自分の英語力は個人授業によって格段に上がっていました。入試本番、英語は落とした問題はないと思えるくらいの出来でした。MEを信じて勉強を続けた結果第一志望合格を勝ち取れたのだと思います。

 

杉本 京平くん(中央中等)
慶應義塾大学(理工学部学門2)
初めて授業を受けたときスピーディーに非常にわかりやすく、独特の言葉づかいがマッチして最高の100分間を提供してくれました。授業中にはさむ昔ながらのユーモアあふれるトークや歌があることで楽しく授業を受けることができました。

 

広橋 未帆さん(前女)
早稲田大学(文学部)
初めて授業に出たときはME特有のスピード感にとても驚きました。先生の質問に素早く答えることができず、悔しい思いをしました。しかし、この授業の内容をすべて吸収すれば、英語を得意科目にすることができると確信しました。

 

片野 愛理さん(前女)
早稲田大学(法学部)
100分という時間の中でこんなに引き込まれ、魅力的な英語の授業は他にはありません。正直に言うともっとMEの授業を受けたかったし、もっと早くから入ればよかったと後悔しています。

 

斉藤 有瑳さん(前女)
早稲田大学(文化構想学部文化構想学科)
早稲田大学(文学部文学科)
私がやるべきことは一つでした。MEの授業の復習。得点に直接繋がる授業内容を復習する。その繰り返しで、英語で確実に他の教科をカバーできると思えるほどに自信をつけることができました。

 

阿久澤 蒼さん(高女)
慶應義塾大学(法学部法律学科)
指名され瞬時に答えられないと悔しく、また答えられた時は素直に嬉しく、刺激的な毎回の授業は自分を確実に高次元へと導いてくれるものでした。

 

相澤 雷太郎くん(前高)
早稲田大学(法学部)
早稲田大学(商学部)
英語の成績に伸び悩んでいた私は先生方がおっしゃることを信じて、単語帳・口頭英作の習慣を徹底し、授業についていこうと必死になったのを覚えています。成果はすぐにあらわれ、MEに入った後の模試では英語の成績が急上昇しました。

 

前島 花音さん(前女)
早稲田大学(スポーツ科学部)
先生の言葉に動かされ、今まで諦めそうになっていた早稲田大学を志すことに決めてからは、単語の暗記、口頭英作を必死に行いました。熱意をもって真剣に勉強すれば私は必ずのびる!MEの授業を受けていると、そう確信をもつことができたのです。

 

木村 遥香さん(中央中等)
早稲田大学(文学部)
今まで英語の塾は英会話しか通ったことが無かったので、英語は感覚で解いている状態でしたが、MEという塾に出会ってからは英語を読み解く“方法”を知って、より確実に、そして自信をもって問題に取り組めるようになりました。

 

森田 芳正くん(前高)
慶應義塾大学(経済学部経済学科)
張り詰めた緊張感、スピード感あふれる授業。最初はついていくのに精一杯でしたが、先生のおっしゃったことを実践していくうちに自分の英語力の向上が手にとるように感じられ、いつしか英語が一番の得意科目になりました。

 

工藤 佑哉くん(育英)
早稲田大学(スポーツ科学部)
部活で受験勉強に入れたのは8月と遅かったもののMEで身に付けたスピード、音を使った学習法、的確なアドバイスにより、面白いように点数が伸びていき、冬には得意教科になっていました。

 

阿佐美 悠一くん(前南)
慶應義塾大学(文学部人文社会学科)
センター試験から慶應に至るまで、僕が今までMEでやってきた英語が通用しました。今僕は確信を持って言うことが出来ます。「ここでやることが全てだ。」と。

 

石原 彰人くん(前高)
早稲田大学(政治経済学部経済学科)
早稲田大学(商学部商学科)
一月の模試では学年順位を200位、偏差値を20伸ばすことができました。この成果を短期間に出せたのもひとえにMEで何度も学び、脳にしみついた文法・語彙・英文読解法のおかげだと思います。

 

井上 亜莉沙さん(前女)
早稲田大学(商学部)
早稲田大学(教育学部社会科学科)
私はMEに入って約一年間で、センター英語の点数が倍近く上がりました。MEは合格を勝ち取るための英語力はもちろん、「何としてでも絶対に受かってやる」という、まさに執念を抱かせてくれました。

 

金子 輝くん(前南)
早稲田大学(スポーツ科学部スポーツ科学科)
自宅学習では、MEで教わった通りに口頭英作・音訳をくり返し、英文読解のスピードアップにつながりました。その結果、センター試験では、英語200点を取ることが出来、私立大学受験に向けて、勢いがついたと思います。

 

大塚 咲希さん(前女)
早稲田大学(文化構想学部)
「音訳」という新しい勉強法は、最初は少し大変で抵抗がありました。しかしやり続けることでいつの間にか習慣化し、声に出さないで英語を勉強することに違和感を覚えるまでになりました。

 

吉川 健人くん(前高)
早稲田大学(国際教養学部)
早稲田大学(商学部)
早稲田大学(教育学部英語英文学科)
MEの素晴らしい点はやはりなんと言ってもあの緊張感とスピードです。極限の集中力で英語を学べる環境は僕には魅力的でした。大手予備校に1年通った僕も、MEほどのクオリティーの授業に出会うことはほとんどありませんでした。

 

石田 みやびさん(高女)
早稲田大学(先進理工学部生命医科学科)
他の塾にはない指名制度。受身の授業から一変し、先生にさされたら必ず答えるんだということをかき立て、熱くなる自分を感じられずにはいられなかった。生徒一人ひとりが真剣で、共に切磋琢磨できる素晴らしい環境の中で自分の力が確実に伸せていける、それが私にとってのMEでした。

 

佐藤 聖哲くん(前高)
早稲田大学(スポーツ科学部スポーツ科学学科)
3年生で部活を引退してから、急にあせりを感じるようになりました。普通に考えたら、すでに手遅れに近いくらいの時期でしたが、授業に真剣に取り組み、復習ノートをしっかり出して、先生が言っていた口頭英作などをやり出した途端、みるみるうちに成績が伸びていったので、やはりMEはすごい場所なのだと実感しました。

 

寺島 果奈子さん(渋女)
早稲田大学(商学部商学科)
今まで自分一人では気づくことの出来なかった漏れのようなところを指摘され、そのおかげでセンター本番では198点をとることができました。

 

石原 有眞くん(前高)
慶應義塾大学(総合政策学部総合政策学科)
MEは絶望を感じていた私に自信をつけさせてくれたのだ。MEの良さは、努力が実る授業を提供してくれること。それは通常授業でもそうだし、個人授業もそうである。

 

秋山 翔太くん(前南)
早稲田大学(文化構想学部文化構想学科)
ノートに書き留めた英文をひたすら口頭で英作できるようにしていくと、難解に見える英文も分解していけば基礎事項の集まりであるということに気が付くようになります。私は基礎の重要性に改めて気づかされることになりました。

 

今泉 麻由さん(前女)
早稲田大学(文学部)
どんどん指していくという新感覚の授業と、「音訳」を重視し、頭だけでなく体も使って英語を学習するという活動的(?)な学習方式で、英語力の向上はもとより、強い精神力も養えるはずです!

 

松山 千秋さん(前女)
早稲田大学(文学部文学科)
早稲田大学(文化構想学部文化構想学科)
夢中で頭をフル回転させていた、めまぐるしい授業の間中、私は自分が英語を理解していると肌で感じ、今まで自分がしてきたのは、本物の勉強なんかじゃない、と衝撃と共に思い知らされました。学ぶ面白さ、考える楽しさを深くかみしめました。

 

真庭 富茂香さん(前女)
早稲田大学(法学部)
正確に聞き取り、素早くノートをとり、メモをとり、工夫し、、、。1つ1つの授業に価値があり、訓練を積み上げていくことで、一生損なわれることのない能力が身につきます。いつのまにか、自分でも勉強するのがうまくなったなぁ、と思うようになりました。

 

粒良 夏未さん(前女)
慶応義塾大学(看護医療学部)
始まる前はいつもドキドキわくわくで、中身の濃い充実したMEの授業は私にとって幸せな時間でした。授業を一つ受けるたびに力がついていくのが感じられて嬉しかったです。足を引っ張っていた英語はいつの間にか得点源になっていました。MEは不安を自信に変える場所です。自ら能動的に学ぼうとする姿勢が、力を伸ばす鍵だと思います。

 

塚田 康之介くん(中央高校)
早稲田大学(教育学部教育学科)
MEでは、過去問の使い方や、他教科のアドバイスもして頂きました。センターでは他教科でも九割に到達し、センター利用で滑り止めに合格することができたので、安心して第一志望に向けて勉強できました。

 

今井 健太くん(前高)
慶應義塾大学(理工学部学門2)
指名制のスピード感ある授業や底無し沼のように先生方の頭から出て来る例文の数々は他の塾や予備校には決してマネできません。ほかにも、英作文の指導、電話での指導、受験直前の個人授業などMEの魅力は無限にあります。

 

樋口 実花さん(前女)
早稲田大学(教育学部社会学科)
早稲田大学(人間科学部人間環境科学科)
MEはとにかく基本を大切にする所で、重要ポイントを何度も反復学習するうちに不思議と英語への抵抗感が和らぎ、学ぶのが楽しくなっていったのを覚えています。ME精神は英語のみならず他教科にも生き、徹底の大切さを実感しました。

 

小林 巧くん(前高)
慶應義塾大学(経済学部経済学科)
高校三年の春、MEに通うこととなりました。「ノートの左に日本語訳、右に英文を書く」というMEの教えは、実践してみるとその効果は絶大で、自分の英語力が高まっていくのを感じることができました。

 

山岸 理穂さん(前女)
早稲田大学(人間科学部人間情報科学科)
私は、高3の夏にMEに入塾しましたが、高校に入って伸び悩んでいた英語の成績が驚く程に伸びました。 MEの授業は、とても内容が濃くて一人一人の力を最大限に伸ばしてくれるものだと思います。何より英語の楽しさを知ることができる場でもあると思います。

 

牛込 有紀さん(前南)
早稲田大学(文化構想学部文化構想学科)
高3の4月にMEに入りました。秋頃、気がついたら模試の英語で校内で3番になっていました。それからは模試でも定期テストでも2,3番を維持することができ、英語が好きな教科なだけでなく得意な教科にもなりました。

 

萩原 幾都くん(前高)
早稲田大学(文学部文学科)
私がMEに入ったのは高3の夏のことでした。スピーディーでキメの細かい授業と個人の力量や志望校に合わせた個人レッスン。英語だけでなく他の科目にまで学習の指針を示してくれたこと、これらによって私の学力はどんどん伸びていきました。

 

進藤 恵里香さん(前女)
慶應義塾大学(文学部人文社会学科)
MEに入ってから英語に対する姿勢が全く変わりました。完璧に理解するのが難しく、なんとなく解った気になっていた文法も、スピーディーかつ明快な授業の中で自然と身に付けていくことができました。

 

若井 瞳さん(前女)
早稲田大学(人間科学部人間環境科学科)
先生の授業では他のどの塾にもないと断言できるほど内容が濃く、かつ分かりやすい丁寧な英語を学ぶことができましたし、またいつ指名されるか分からない緊張感のもとスピード感をもって臨むことができました。

 

小林 三希子さん(共愛)
慶應義塾大学(総合政策学部総合政策学科)
日本に帰ってきて初めて受けた先生の授業の衝撃は今でもはっきり覚えています。以前より目に見えてわかるくらい先生の言葉がどんどん自分の中に入ってきました。それがすごく嬉しくて、成長できたと実感しました。

 

南雲 大輔くん(高高)
早稲田大学(商学部)
先生はすぐに私の英語の能力を把握し、適切な指導をしてくれたので、不安も解消されました。他の塾には決してない、先生独特の授業と先生の熱心さにはとても驚きました。授業は無駄がなく、大学受験に必要なことを全て教えてくれます。

 

野上 京孝くん(前高)
早稲田大学(文学部)
MEでは常に自分の英語の力を試し、また試される場であることが魅力でした。授業は緊張感が漂う中も、楽しく充実したものでした。高校で英語が得点源になったことが心強く、授業の度に英語力が上がっていくことを実感しました。

 

児島 有美さん(前女)
早稲田大学(第一文学部)
MEの授業は生徒一人一人に焦点を当てたものなので、自分の弱点がよく分かり、勉強法のコツもつかめます。一度の授業で単語・構文・短文・長文など様々な角度からフォローができ、得るものは大きいです。授業はテンポよくおもしろくいつも楽しんで勉強することができました。

 

高橋 恵理子さん(前女)
早稲田大学(第一文学部)
MEには高3の夏期講習から通いました。指名されるので適度に緊張感があり、集中力が高まります。先生の独特な口調で語られる授業はかなり合理的で一度聞いたら忘れられないものだと思います。

 

西子 摩美さん(前女)
早稲田大学(第一文学部)
高校3年になって、伸び悩んでいた英語をどうにかしなくてはと切実に思うようになり友人に相談したところMEを勧められました。難しいと思っていた文法事項について、単純かつ明快な説明を受けると、英語をわかりやすく理解させることができる人だなと感じました。

 

高柳 舞さん(前女)
早稲田大学(第一文学部)
高3の初めの頃、私は悩んでいました。最も重要な科目である英語がどうも低迷していたのです。受験まで10ヶ月を切っていた私は、先生のパワフルな授業に託してみようと、即決めてしまいました。今、その選択が正しかったことを確信しています。

 

茂木 君之くん(高高)
慶應義塾大学(理工学部)
中学の時ほとんど全ての英語のテストは満点でした。高1の春の講習会で、文型、仮定法、分詞構文、関係詞をたかが一週間やそこらで完璧にさせていただきました。

 

美才治直明くん(前高)
慶應義塾大学
MEでは、一方通行的学習にとどまらない授業を受けることが出来ました。それは英語は勿論のこと、「言葉のセンス」を豊富にもった先生に負っている部分が多いと思います。受験期の個人授業や普段の授業に於いてより明白でありました。

2018年大学合格者の声


米澤 毅人くん(前高)
東京大学(理科三類)

MEの授業には二つの大きな特徴-「速さ」と「反復」-があります。初めてMEに来た人は皆、きっと授業の速さに驚かされることでしょう(私もその一人でした)。しかし、その速さ、圧力に負けてはいけません。このスピードについていけるようになれば、受験に必要な英語力は自ずと身に付きます。

私は小学校六年生の時MEに入塾しました。初めのうちは授業のスピードに圧倒され、ついていくのがやっとという状態でしたが、徐々に授業に慣れていくと同時に英語力が身に付いていくのがはっきりと実感できるようになりました。以来英語は私の得意教科となり受験において最大の心の支えになりました。
MEの授業には二つの大きな特徴-「速さ」と「反復」-があります。初めてMEに来た人は皆、きっと授業の速さに驚かされることでしょう(私もその一人でした)。しかし、その速さ、圧力に負けてはいけません。このスピードについていけるようになれば、受験に必要な英語力は自ずと身に付きます。そして身に付いた知識を自分のものとして定着させるために必要なのが「反復」です。MEの授業では重要な文法や語彙を例文として何度も繰り返し扱います。中には「またこの文か。」と飽き飽きする人もいるかもしれません。しかしこれは、その知識がそれだけ身に付いているということの裏返しでもあります。もしどうしてもマンネリ感があるときは、例文に使われている文法事項を使って自分で別の文を作ってみるのも良いでしょう。英作は文法や語彙の理解度を測るのに最適な方法だと思います。
MEの先生方、事務の皆さんには親切かつ柔軟な対応をしていただきとても感謝しています。七年間お世話になりました。


馬上 凌くん(中央)
東京大学(理科一類)
東京理科大学(工学部電気工学科)センター利用
慶應義塾大学(理工学部学門1)
早稲田大学(基幹理工学部学系2)

基礎の文法を徹底するのもMEの良さの1つです。文法の定着が英語上達への近道であり、MEでの基礎の反復がそれを可能にするのです。

私がMEに入塾したのは小学校5年生の頃でした。他塾にはない独特の緊張感とスピード感に圧倒されたのを鮮明に覚えています。これらは、先生の質問に対して指名された生徒が答える、という授業形態により生まれるものだと思います。質問に答えられた時の達成感は計り知れず、答えられなかった時は次は絶対に答えてやる、とやる気が起こります。この達成感とやる気以上に学習意欲を掻き立てるものを私は知りません。また、基礎の文法を徹底するのもMEの良さの1つです。現在完了を定義できる高校生は少ないと思いますが、ME生では誰もが出来てしまいます。そんなことはできる必要がないと思う方もいるかもしれませんが、文法の理解が、後々和訳問題の複雑な構文を捉えやすくしたり、長文の速読等へとつながったりしていきます。文法の定着が英語上達への近道であり、MEでの基礎の反復がそれを可能にするのです。
センター後には何度も個人授業を組んでもらいました。東大英語では高得点をとるには要約、英作文、和訳が重要となるため、そこを重点的に指導していただきました。最初はうまく出来ませんでしたが、個人授業を通してどんどん上達していきました。本番は出題傾向が大きく変わっていましたが、MEでの授業のおかげで焦ることなく自信を持って取り組めました。
最後になりますが、MEでの英語が私の英語の全てであり、ME無しでは合格はあり得ませんでした。七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さん、スタッフの方々本当にありがとうございました。


富岡 蒼生くん(前高)
東京大学(理科一類)
早稲田大学(基幹理工学部学系2)
慶應義塾大学(理工学部学門1)

MEに通って一番良かったことは、英語を好きになれたことです。授業の中で多様な英文に触れ、単語や文法の関連について体系的に学んでいくことで、英語を学習することの楽しさを感じました。確実に英語力が上がっていることを感じられることは、勉強への大きなモチベーションになりました。

私は、MEで英語を勉強することができ、本当に良かったと思います。MEの授業は、圧倒的に濃密な時間が流れます。授業では、出てきた英文に対して、その訳、文型、文法事項、関連した単語など、様々なことが問われます。先生から問いが発されて、指名されるまでに、自分の中で素早く考える、ということを何度も繰り返しいくため、授業はかなり緊張感のあるものとなり、集中力が必要になります。その分、授業は受動的に聴くだけのものではなく、自ら積極的に思考し、学び取る質の高いものになります。
授業の後には、次回の授業に向けて、その日学んだことを復習し、それを自分の中で何度も反芻することで、着実に自身の英語力は向上していきます。MEでは、自主学習の方法も様々に示して下さり、清書ノートや単語ノートの作り方、過去問に対するフォローの仕方など、いずれも私の英語学習の基盤となりました。
MEに通って一番良かったことは、英語を好きになれたことです。授業の中で多様な英文に触れ、単語や文法の関連について体系的に学んでいくことで、英語を学習することの楽しさを感じました。確実に英語力が上がっていることを感じられることは、勉強への大きなモチベーションになりました。
最終的に第一志望校に合格できたのは、MEで、長い間充実した勉強をしてこられたからであると思います。


渡辺 光紀くん(中央)
京都大学(理学部理学科)
慶應義塾大学(理工学部学門2)
早稲田大学(基幹理工学部学系1)

文構造を厳格化されたルールで解き明かすMEの授業は私の苦手を解決してくれました。英文を直訳して、その後意訳し、最後に口頭英作するという一連の流れは、私の英語力を大いに高めてくれました。

MEには高校一年生の時に入塾しました。その時の私は、何となく英語を勉強していたために苦手科目となっていました。しかし、文構造を厳格化されたルールで解き明かすMEの授業は私の苦手を解決してくれました。定義から指導する授業は他では見たことがありません。また、授業における指名も大きいモチベーションとなりました。指名された時の緊張感、答えられた時の喜びは忘れることができません。個人授業においては岩間先生が直接私の苦手な部分を指摘してくださるので、自分の弱点が分かり、効果的に勉強できました。
京都大学対策という面においては、英語の試験のほとんどが英文和訳と和文英訳、自由英作文だったので、MEで勉強したことが直接的に役に立ちました。特に、英文を直訳して、その後意訳し、最後に口頭英作するという一連の流れは、私の英語力を大いに高めてくれました。七里先生、岩間先生、佐々木先生、そして野上さんをはじめとするスタッフの方々には、さまざまな面でサポートしていただき、心から感謝しています。MEに入らなければ、今の私はなかったでしょう。3年間、本当にありがとうございました。


木村 彪悟くん(前高)
東北大学(医学部医学科)
明治大学(理工学部応用化学科)センター利用
東京理科大学(理工学部応用化学科)センター利用
早稲田大学(スポーツ科学部)センター利用
早稲田大学(先進理工学部生命医科学科)

MEの皆さんがあらゆる面でプロフェッショナルであるということです。授業中、七里先生をはじめ、MEの先生方の口からは次々と新しい英語の表現が飛び出します。他の塾や学校の先生を上回る「圧倒的指導力・引き出しの多さ・知識の深さ」にはいつも驚かされました。

中学3年生の12月からMEにお世話になりました。MEの指導がなかったら私の医学科現役合格はありえませんでした。MEの指導の素晴らしい点は大きく2点あると考えています。
ひとつめは、MEの皆さんがあらゆる面でプロフェッショナルであるということです。授業中、七里先生をはじめ、MEの先生方の口からは次々と新しい英語の表現が飛び出します。他の塾や学校の先生を上回る「圧倒的指導力・引き出しの多さ・知識の深さ」にはいつも驚かされました。先生方の実力に少しでも近づきたいという一心で、日々MEノートを主体とした英語学習に取り組みました。また、野上さんをはじめとするスタッフの皆さんのサポートにも非常に感謝しています。スタッフの方々の迅速で、正確な授業の準備のお陰で安心して授業を受けることができました。個人授業期間中にいただいた野上さんの「生徒第一」の丁寧な電話によって私は万全の準備ができ、安心して東北大入試に臨むことができました。
ふたつめは、MEの英語文法の定義の仕方です。現在完了や仮定法の定義は、入試問題に取り組むうえで良い手掛かりになりました。その定義のおかげで、数学や物理のように英語の「輪郭」がわかるようになりました。
MEの人間味あふれる思いやりのある指導が、私を合格に導いてくれたと心から感謝しています。ありがとうございました。


久保 拓也くん(前高)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

MEの授業で指名されて答えられたときはうれしく、答えられなかったときは、とても悔しくなり、次は絶対に答えたいと思うようになりました。生徒のやる気を最大限に引き出すことができるのがMEのすごいところだと思います。

私は小学校6年生のときにMEに入塾しました。最初は授業がとても速くなかなかついていけませんでした。なので、清書だけは必ずするように心懸けていました。そのため、中学校の頃には英語が得意になり、英語が好きになりました。この頃には、MEの授業で指名されて答えられたときはうれしく、答えられなかったときは、とても悔しくなり、次は絶対に答えたいと思うようになりました。このように生徒のやる気を最大限に引き出すことができるのがMEのすごいところだと思います。また、MEに同じことを何度も繰り返し聞かれるので、繰り返した分だけ、知識が定着し、構文や文法のしっかりとした土台を作れるのが良いところだと思います。MEの授業のスピードが速いため、授業についていくことで、問題を解くスピードや集中力、表現力を向上させることができます。
英語の成績が伸び悩んでいる人は、MEが言っていることを実際にやってみてください。授業の予習、清書、単語ノートの作成、口頭英作の練習をすれば自然と成績が上がると思います。そして、これらのことをするのが一番の近道だと思います。
推薦入試を受けるときには、約1ヵ月間個別授業をしていただきありがとうございました。小論文が苦手な私に、できなかった所をわかりやすく解説していただいたおかげで、徐々にできるようになりました。
今まで英語に関して困ったときには、全力でサポートしていただきありがとうございました。MEほど生徒一人ひとりに真剣に取り組んでくれる塾はないと思います。七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。


金子 優花さん(前女)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

MEは英語の力を伸ばすだけの塾ではありません。勉強とは何かを教えてくれる場所だと感じています。大学受験は、取ってつけたような知識、独りよがりの自信では到底太刀打ちできないことを自覚し、反復学習による基礎力とスピードを叩き込んでくれました。

私は小学6年生から高校3年生までの7年間、MEにお世話になりました。MEでの授業はいわゆる「痒いところに手が届く」授業で、毎週自分の知識の曖昧さを痛感しました。私は幼い頃から英語が好きで、英語には自信があると思っていましたし、長期に渡ってMEに通うことで慣れが出てしまい、提出物をただこなすだけになっていました。しかし高校に入って、英語の力を高めたいと意欲のある友達に囲まれ、もう一度本気で英語、そしてMEと本気で向き合おうと決意しました。さらに、推薦入試の1ヶ月前から個人授業が始まると、岩間先生は良い意味で私の鼻先をへし折ってくださいました。変な自信も自負もすべて一掃し、着実な努力と確固たる知識によって、超長文にも抵抗なく読み進めることができるようになりました。そのため、本番では英語で周りと差がつけられたという手応えを得ることができました。
MEは英語の力を伸ばすだけの塾ではありません。勉強とは何かを教えてくれる場所だと感じています。大学受験は、取ってつけたような知識、独りよがりの自信では到底太刀打ちできないということを改めて自覚させ、反復学習による基礎力とスピードを叩き込んでくれたMEの先生方、初めての受験に手取り足取りサポートして下さった野上さん、スタッフの方、本当にありがとうございました。

今井 理紗子さん(前女)
群馬大学(医学部医学科)公募推薦

推薦の際には、英語の小論文に苦戦し何度も心が折れそうになりました。そんな私を見捨てず、厳しく、愛のあるご指導をしてくださったおかげで、試験当日には自信をもって臨むことができました。3年間、高い志を持った仲間と共にMEで学び、刺激し合えたことが私の合格につながったのだと思います。

私は高校1年生のとき、MEに入塾しました。緊張感ある空気の中で行われる90分間の授業はあっという間で、最初はついていくのに精一杯でした。しかし清書ノートを書き、口頭英作をして、単語ノートをつくるという学習を続けていくうちに、だんだんと答えられるようになりました。そして英語の点数も自然と上がり、もっとできるようになりたいという思いから、一層勉強に励むことができる、というい好循環が生まれました。MEで学んだ何度も繰り返すことの大切さは、基本的なことですが、勉強において最も重要なことだと思います。さらにMEで培った集中力は他教科の学習にも生かされ、効率的に勉強することができました。
また推薦の際には、英語の小論文に苦戦し何度も心が折れそうになりました。しかしそんな私を見捨てず、厳しく、愛のあるご指導をしてくださったおかげで、試験当日には自信をもって臨むことができました。
3年間、高い志を持った仲間と共にMEで学び、刺激し合えたことが私の合格につながったのだと思います。最後になりますが、七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さん、そしてスタッフの方々、本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。


堀内 桃音さん(前女)
弘前大学(医学部医学科)

私はMEの授業が好きでした。勉強につまずいて悩んでいる時でも、MEの授業を受けると必ず、先生方の熱意とハイレベルな周りの生徒の姿に励まされ、自然とやる気が起きました。日々の授業に真剣に取り組み、先生方の言うことをすぐに確実にやることが大切だと思います。

私はMEの授業が好きでした。勉強につまずいて悩んでいる時でも、MEの授業を受けると必ず、先生方の熱意とハイレベルな周りの生徒の姿に励まされ、自然とやる気が起きました。日々の授業に真剣に取り組み、先生方の言うことをすぐに確実にやることが大切だと思います。実際、長期休みの度にまとめ直した口頭英作ノートは受験当日まで役立ちましたし、やれと言われた時期にやらなかった単語は、過去問を解く中でその重要性と自分の非力さに気付いて焦り受験直前に大急ぎでやる羽目となりました。
センターや二次の過去問を解く時、MEの授業が活きていると感じた瞬間は何度もありました。また、特に個人授業では、先生方が私のためにどれだけ心を込めて授業を準備し応援してくださっているかが伝わり、絶対に合格しなければならないと思いました。「あなたは受かるよ、こんだけやってきたんだから」という七里先生の言葉は、センターで失敗した私に自信を与え、最後まで努力を続けさせてくれました。
一番大事なのは、悔しさを糧に気を燃え上がらすことのできる折れない心と、応援してくださる方々に感謝し、合格してその恩を返したいという強い気持ちを持つことだと思います。これらを育ててくれたのが、MEの授業であり、MEの先生方でした。MEで培った力がなければ、現役合格は不可能だったと思います。MEの先生方とスタッフの方々、8年間、本当にありがとうございました。

浜島 りこさん(前女)
新潟大学(医学部医学科)AO入試

英語は全教科の中で1番の得意科目だと自信を持って言えます。センターで9割を目指していた私にとって、大きな貯金をつくることが出来たのが英語でした。

私は中学入学と同時に、MEに通い始めました。それまでにも英語の塾には通っていましたが、大人数のクラスで指名制という授業形態は初めてでした。MEには6年間通ったことになりますが、授業中いつ指されるかわからないという緊張感がなくなることはありませんでした。この緊張感が、高い集中力の持続に繋がっていったのだと思います。
文法事項を何度も授業で確認し、文法問題や長文問題などに幅広く取り組んできた甲斐あって、英語は全教科の中で1番の得意科目だと自信を持って言えます。特にセンターでは、9割を目指していた私にとって、大きな貯金をつくることが出来たのが英語でした。国語などの苦手教科をカバーでき、目標よりも高い点数を取ることが出来ました。推薦の結果が出るまでは、前期入試対策を個人授業で行って頂き、私の気持ちを切らさないようにしてくださいました。過去問10年分のコピーや、提出した記述問題の解答の添削など、大変丁寧な対応をして頂きました。
私が医学部志望を貫いていくことが出来たのは、MEで培った英語力のおかげです。他の教科が目標点に届かない中、英語だけはいつも安定した点数を取ることができ、なんとかボーダーにしがみついていました。諦めずに第一志望を追い続けたことが、合格に繋がったのだと思います。先生方、事務の方々、本当にお世話になりました。ありがとうございました。


佐藤 弘基くん(前高)
金沢大学(医薬保健学域医学類)

自分の予復習の成果で質問に答えられたときは喜びによって、また自分が答えられなかった時は悔しさによってその内容が深く印象に残りました。

私がMEの授業に始めて参加したのは中学1年の時でした。塾というものが初めてで右も左もわからなかった私にとってMEの授業は驚きの言葉では足りないほど衝撃のものでした。先生の迫力や授業のスピード、教室の緊張感に圧倒されるばかりでしたが、それ以上に教室にいる誰もが熱意を持って授業に取り組んでいることがひしひしと感じられ、ここなら自分の英語力を最大限に伸ばすことができると確信しました。
MEでの授業の特徴の1つとして生徒に何か言わせるという方針が挙げられているのだと思います。自分の予復習の成果で質問に答えられたときは喜びによって、また自分が答えられなかった時は悔しさによってその内容が深く印象に残りました。私は特に、自分が答えられず他の人が簡単に答えた時には本当に悔しくて、より一層予復習に真剣に取り組むというサイクルが出来上がっていたため、いつもやる気を失わず勉強を続けることができました。時折、授業に集中できない時もありましたがそんな時はすぐに先生から注意されました。このような先生の生徒1人1人に対する真剣な姿勢がMEの最も良い所だと思います。授業中のみならずテスト対策の音声CDや教材、個人授業の際の添削など分析を重ね生徒に必要なことをピンポイントで教えてくれる指導にいつも助けられていました。受験前も連絡を密にし、サポートの体制を整えてくれるスタッフの方々を頼もしく感じ、安心して受験に臨むことができたと思います。
中高6年間、勉強の中心にあったのは英語でした。知識を身につけている実感とその楽しさを教えてくれたのは英語ですし、MEで授業を受けていることが自信につながっていました。MEで過ごした時間の中で得た勉強に対する高い意識を忘れることなく、さらなるステップアップに臨みたいと思います。MEのスタッフの方々、本当にありがとうございました。

藤掛 遥香さん(前女)
山形大学(医学部医学科)AO入試
自治医科大学(医学部医学科)

私がMEの授業で最も感銘を受けたのは口頭英作です。英語から日本語へ訳すという普段長文などで行う学習の逆を口頭で行うことで、かなりの英語力を身につけることができました。

私は高校二年生の夏期講習からMEに通い始めました。中学時代、英語は得意教科の一つでしたが、高校に入ると模試やテストの点数が徐々に下がり続け、英語はいつの間にか私の最も苦手な教科になっていました。特に、長文は読んでいるだけで苦痛を感じるほど嫌いになりました。このままではまずいと感じ、近くに英語専門塾があると聞いた私はMEに入塾しました。初めて授業を受けたときは、ノートを取る余裕もないほど速すぎる先生と生徒の問答に衝撃を受けました。同時に、先生の質問に答えられなかった悔しさを感じました。それからは、一度間違えたところは次に即答できるよう、定義や派生語などを繰り返し覚えました。また、私がMEの授業で最も感銘を受けたのは口頭英作です。英語から日本語へ訳すという普段長文などで行う学習の逆を口頭で行うことで、かなりの英語力を身につけることができました。
MEの授業を通して、あれほど英語が嫌いだった私が暇さえあれば英語を勉強したくなるほど好きになれました。そして、第一志望校にも合格することができました。生徒一人一人に熱心に指導して下さった先生方、手厚くサポートして下さったスタッフの方々には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

岩崎 凪沙さん(前女)
東京外国語大学(言語文化学部英語)
立教大学(文学部英米文学科)センター利用
津田塾大学(学芸学部英文学科)センター利用
上智大学(文学部英文学科)

外大のリスニング英作文がすごく不安だったのですが、個人授業を受けていくうちに自分でも力がついてきていることを実感し、自信がつきました。センター試験も二次試験もすごく緊張しましたが、英語は大丈夫という自信が私を合格へ導いてくれたと思います。

私は中学1年生のときにMEに入塾しました。初めて授業を受けた時は、周りの集中力や授業のスピードに圧倒されるばかりでした。しかし同時に、MEの力を信じ絶対にこの授業についていきたいと思いました。私は昔から英語が好きでしたが、MEのおかげでもっと英語が好きになり、どんどん英語の魅力に引き込まれました。私が外大の英語学科を選び、専門的に学びたいと思ったのも、MEの影響です。授業で答えられたときは嬉しく、答えられなかったときは自分の勉強不足を実感し、いつでも私の勉強のやる気を引き出してくれました。口頭英作の習慣や豊富な語彙力を身に付けただけでなく、他の教科の基盤となる繰り返しの大切さを学びました。また、個人授業では本当に熱心に指導していただきました。私は外大のリスニング英作文がすごく不安だったのですが、個人授業を受けていくうちに自分でも力がついてきていることを実感し、自信がつきました。センター試験も二次試験もすごく緊張しましたが、英語は大丈夫という自信が私を合格へ導いてくれたと思います。私が英検や海外研修、高校受験、大学受験で成功することができたのは、本当にMEのおかげです。6年間MEで学んだことを、これからも大切にしていきたいです。七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするスタッフの方々、長い間本当にお世話になりました。ありがとうございました。

三井 柚香さん(前女)
東京外国語大学(言語文化学部ポルトガル語)
津田塾大学(学芸学部国際関係学科)センター利用
獨協大学(外国語学部英語学科)センター利用
上智大学(外国語学部イスパニア語学科)
明治大学(国際日本学部国際日本学科)

MEでの2年半を振り返ってみて今私が感じることは、MEの先生方の教えの通りに努力し続ければ、必ず目標を達成することができるということです。私が、大学受験だけではなく英検など、自分には高すぎる目標を達成することができたのも、今の私があるにも全てMEのおかげです。

MEには高1の9月に入塾してから、約2年半お世話になりました。その2年半を振り返ってみて今私が感じることは、MEの先生方の教えの通りに努力し続ければ、必ず目標を達成することができるということです。私が、大学受験だけではなく英検など、自分には高すぎる目標を達成することができたのも、今の私があるにも全てMEのおかげです。
しかし、私も今までずっと努力を続けてこられた訳ではありません。2年生の時には、なんとなく気持ちが緩んでしまいMEノートを毎週提出できていない時もありました。単語ノートも面倒くさがって作るのを怠っていました。そんな私も2年生の後半から気持ちを切り替えて本格的に勉強を始めました。授業中は必死にノートをとり、授業が終わったらすぐにMEノートにまとめ、こまめにノートを見て口頭英作をするようにしました。また、単語ノートを作り、市販の単語集をやる時は発音やアクセントを意識して勉強しました。とにかくMEの先生方が日頃から授業の中で何度も何度も繰り返しおっしゃっていたことをやりました。今思うとそれこそが合格への近道だったと思います。
MEほど生徒に対して真剣に向き合い、常に100%を与えてくれる塾は他にはありません。しつこいぐらいの反復は受験本番で自信となり、答えられなかった悔しさや頑張って作ったMEノートは必ず自分の財産になります。今まで支えてくださったMEの先生方、スタッフの方々には本当に感謝しています。ありがとうございました。

佐藤 千文さん(前女)
東北大学(医学部保健学科-放射線技術)
杏林大学(保健学部診療放射線技術学科)センター利用
北里大学(医療衛生学部医療工学科)
杏林大学(保健学部診療放射線技術学科)

反復こそMEの授業の特徴だと思います。入試直前には個人授業で自分の分からないところを丁寧に解説してくださり、得点を伸ばすことが出来ました。ここまで一人一人に向きあってくれる塾は他にはないです。

私は小学6年の夏にMEに入塾しました。最初はスピードのある授業に困惑しましたが、自分も周りの人のように指名されてすぐ答えられるように頑張ろうと思っていました。しかし月日が経つにつれてノートを提出しなくなり授業でも答えられなくなり、それが当たり前になり、英語が苦手になっていきました。高校生になり周囲とどんどん差がついていく中で、このままではいけないと思うようになりました。何かしなければいけないと思って始めたのは授業ノートの見直しでした。復習を始めると重要なことは何度も繰り返されていることに気が付きました。この反復こそMEの授業の特徴だと思います。
入試直前には個人授業で自分の分からないところを丁寧に解説してくださり、得点を伸ばすことが出来ました。ここまで一人一人に向きあってくれる塾は他にはないです。
私は最後まで英語を得意科目にすることはできませんでしたが、MEなくして合格はなかったと思います。今振り返ると高校生になったときから、中学生になったときからもっと真剣に英語の勉強に取り組めば良かった、先生方に言われた通り単語ノートの作成や口頭英作を行えば良かったと思います。
七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするスタッフの方々長い間お世話になりました。本当にありがとうございました。

大山 真生さん(前女)
東京外国語大学(国際社会学部北アメリカ)
中央大学(文学部人文社会学科-英語文学文化専攻)センター利用
明治大学(国際日本学部国際日本学科)センター利用
津田塾大学(学芸学部国際関係学科)

何より重要なのは、これらをどれだけ工夫し、自分だけのものにし、実のある学習法へと昇華させられるかどうかです。どんな生徒も最初は基礎徹底、効率の良いテキストなどMEの魅力はたくさんありますが、自分の努力次第でいくらでも英語に磨きをかけられること、これがMEの最大の魅力だと私は思います。

私は、中学生の頃から英語を学ぶのも話すのも大好きでした。しかし、高校に入学し、自分の英語の力が曖昧なものであることに気付き、成績も伸び悩みました。そんな時、英語が得意な友達がMEに通っていると聞き、MEに通い始めました。MEの春期講習で私を待ち受けていたのは、今まで私が通ったことのあるどんな塾とも違う、講師と生徒の間で言葉が飛び交う圧倒的な授業でした。
MEのやり方には理由があります。だから信じることができます。MEが推奨する授業ノートの清書、口頭英作の実践、単語ノートの作成。これらを信じ、また継続することが大事です。そして何より重要なのは、これらをどれだけ工夫し、自分だけのものにし、実のある学習法へと昇華させられるかどうかです。どんな生徒も最初は基礎徹底、効率の良いテキストなどMEの魅力はたくさんありますが、自分の努力次第でいくらでも英語に磨きをかけられること、これがMEの最大の魅力だと私は思います。
MEで得た力の発展性は無限。私にもまだまだ伸びしろがあると信じることができます。今後、MEで得た英語の力を更に高め、またそれを使って社会に貢献しようと思います。
最後に、英語のみならず、学習という名のつくすべての人間の活動に応用のきく勉強法を伝授して下さった熱意あふれる先生方、事務のスタッフの方々、本当にありがとうございました。

猿山 春花さん(前女)
東北大学(薬学部)
星薬科大学(薬学部薬学科)
北里大学(薬学部薬学科)

個人授業では、一対一で授業をするので細かいところまで見てもらえました。東北大学は和訳や英作文が主なので、添削された自分の答案を何度も読み返すようにし、覚えるようにしていました。本番では、英語に関してはあまり不安を感じずに受けることができました。

私は高校に入学すると同時にMEに通い始めました。初めの頃は授業のスピードやノートをとる量に圧倒され、ついていくのに必死でした。また、授業中に突然先生に指されるので、100分間ずっと緊張しっぱなしでした。しかし、だんだんと授業の形式に慣れ始め、少しずつ質問にも答えられるようになり、学ぶ意欲がでてくるようになりました。まわりの人たちはすらすら答えているのに自分は答えられないことがよくあり、恥ずかしい思いをたくさんしたけれど、そのぶん復習に力をいれるようになり、成績向上につながったんだと思います。
個人授業では、一対一で授業をするので細かいところまで見てもらえました。東北大学は和訳や英作文が主なので、自分では採点しにくく、個人授業はとても役に立ちました。私は英作にあまり慣れていなかったので、添削された自分の答案を何度も読み返すようにし、覚えるようにしていました。本番では、数学や物理といった理系科目を不安に感じる一方で、英語に関してはあまり不安を感じずに受けることができました。
最後に、いつも熱心に指導してくださった先生方、親身になってサポートしていただいたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

高草木 寧緒さん(前女)
東北大学(工学部材料科学総合学科)公募推薦

MEの生徒のレベルの高さには本当に驚かされました。先生の質問に即答し、長文をスラスラ訳す姿を見て自分のモチベーションを高く保つことができ、もっと早くからMEに通っていればよかったと何度も思いました。

私がMEに入塾したのは、高校1年の冬でした。頭のいい人達はみんなMEに通っているという印象があり、私も英語を得意にしたいと思い、入塾を決意しました。MEの生徒のレベルの高さには本当に驚かされました。先生の質問に即答し、長文をスラスラ訳す姿を見て自分のモチベーションを高く保つことができ、もっと早くからMEに通っていればよかったと何度も思いました。常にレベルの高い仲間に囲まれて勉強できるMEの授業は必ず自分を成長させてくれるはずです。
私は運良くAO入試で合格という形になりましたが、一般入試にも十分対応できる力を養うことができ模試の英語の成績はいつも安定していました。合格報告をしに事務室に行った時にはその場にいらっしゃった先生方や事務スタッフの方全員におめでとうと言っていただき、普段あまり見ることのなかった先生の笑顔を見て、本当に合格したんだなと実感しました。熱意溢れる授業を展開して下さった先生方、様々なサポートをして下さったスタッフの方々、共に授業を受けた同級生、全員に感謝をしています。本当に、ありがとうございました。

山田 桂一くん(前高)
東北大学(農学部)AO入試

受験直前には、非常に丁寧な個別授業・面接指導を行ってくださいました。海外留学、英検、TOEIC、TOEFL……。将来、実用的な英語力が求められる場面は多々あることでしょう。ME外語学院で学んだことは必ず役に立つと、私は確信しています。

私は二学年の二学期からME外語学院に入塾しました。英語に苦手意識を抱いていたことと、周囲の高い評判が動機でした。三学年に進級するまでは、部活動が忙しく、予習・復習を疎かにしていました。授業中も後部の座席につき、集中していたとはあまり言い難かったように思います。当然ながら、そのような有様では成績が上昇するはずもありませんでした。しかし、そういった状況を打開しなければならないと奮起しました。まず、予習・復習を徹底的に行いました。授業でも前方の座席につき、可能な限り多くを吸収しようと試みました。そのころから、少しずつながらも苦手意識が解消されていきました。受験直前には、非常に丁寧な個別授業・面接指導を行ってくださいました。ME外語学院では非常に充実した学びを得ることができました。
合格したときの心情は、歓喜というよりむしろ安堵です。ME外語学院に通い、英語や対人コミュニケーションの面で大きく力を伸ばすことができたと実感しています。それだけでなく、勉強に向かう姿勢の本質的な部分も教えていただいたような気がしています。合格は誇らしいことではありますが、決してそこが終着点ではありません。海外留学、英検、TOEIC、TOEFL……。まだまだ英語力を向上させていかなければなりません。将来、実用的な英語力が求められる場面は多々あることでしょう。そんなとき、ME外語学院で学んだことは必ず役に立つと、私は確信しています。

勝守 晴香さん(前女)
東北大学(農学部)自己推薦

私がMEに入塾したのは高3の春でした。私が答えられなかった質問に他の子がスラスラ答えると悔しさが込み上げる、その悔しさが私をつき動かしていたように思います。「次は必ず答えてみせる!」その一心で毎週欠かさずMEノートと単語ノートを作成した結果、英文法はもちろんのこと、長文の理解度もぐっと高まりました。

私がMEに入塾したのは高3の春でした。元々、英語に対して苦手意識はありませんでしたが、英語をもっと伸ばしたいと思い、入塾を決めました。MEの評判は入塾する前から耳にしていましたが、MEの授業は私の想像をはるかに越えていました。消しゴムを使うひまもないほどのスピードといつ指名されるか分からない緊張感。私はそれに押しつぶされないよう授業にくらいついていました。私が答えられなかった質問に他の子がスラスラ答えると悔しさが込み上げる、そして、その悔しさが私をつき動かしていたように思います。「次は必ず答えてみせる!」その一心で毎週欠かさずMEノートと単語ノートを作成した結果、基本的な英文法はもちろんのこと、英語長文の理解度がぐっと高まりました。
私は高3の夏休みにAO入試を受験することを決め、AO入試Ⅱ期では英文読解が課されるので、すぐにMEに電話しました。すると、七里先生が的確なアドバイスをくださり私は迷うことなく、自分がやるべきことをすることができました。個人授業では、私だけのために対策を考えてくださり、私は先生方の言葉を信じて、それを確実にこなしました。入試本番のときは、MEノートと七里先生からもらった激励の言葉をお守りに実力を発揮することができました。
私が合格することができたのは、MEのおかげです!熱心なご指導ありがとうございました。

神辺 尚美さん(高女)
筑波大学(人文文化学群比較文化学類)
東京女子大学(現代教養学部心理コミュニケーション学科)センター利用
東京女子大学(現代教養学部国際社会学科)センター利用
中央大学(法学部政治学科)
中央大学(文学部社会学科)

MEの素晴らしさを最も感じたのは個人授業です。特に英作文の指導では、単に間違いを指摘して終わるのではなく、どうすればより良い英文が書けるのかまで添削していただき、確実に力を伸ばすことができました。最後に、MEなしでは合格を掴み取ることができませんでした。

「MEであれだけやってきたのだから他の受験生に負ける訳がない」センター試験と私大入試で思うような結果が得られず、傷心していた私は、試験開始直前、MEノートを見返して自信を取り戻すことができました。無事、第一志望校に合格することができたのはMEのおかげです。
MEに通い始めたのは高1の冬でした。スピーディーな授業、いつ指名されるかわからない恐怖、質問に即答する生徒達。それまで経験したことのない緊迫した雰囲気に圧倒されるばかりで、当初は授業が苦痛でした。しかしMEを100%信頼して、単語ノート作成、清書ノート提出、口頭英作文を行っていくうちに、質問に答えられるようになり指名されることが楽しみで仕方がなくなりました。また授業を通して何度も何度も繰り返した事項は、無意識のうちに体に染み付いており、「挿入句はとっぱらって」「先行詞の後ろに,をつけて接続詞、代名詞」といった先生方の声が、試験中に脳内で再生されていました。
MEの素晴らしさを最も感じたのは個人授業です。特に英作文の指導では、単に間違いを指摘して終わるのではなく、どうすればより良い英文が書けるのかまで添削していただき、確実に力を伸ばすことができました。
最後に、MEなしでは合格を掴み取ることができませんでした。七里先生をはじめ講師の先生方、スタッフの方々に心から感謝しています。本当にありがとうございました。


櫻井 菜那子さん(前女)
筑波大学(人文・文化学群比較文化学類)公募推薦

最終的に公募推薦で合格しました。英語の小論文の試験では、今までMEで培ってきた口頭英作のおかげで、英作文は、短時間で書き終えることができました。また英語検定や推薦用の面接対策など、こんなに面倒を見てくれる塾は、他にないと思っています。MEに通っていたからこそ合格できました。

私は、高校2年生の春期講習からMEに入りました。元々、中学生の頃から、英語は得意だと思っていたけれど、いっきに難しくなった高校のレベルについていけず、悩んでいました。その時に、部活の先輩から「MEに入るなら早い方がいいよ。」と勧められて、入りました。
最初は、ものすごいスピードと指名されるのに慣れるのにせいいっぱいで、授業の度に緊張し、お腹が痛くならないかなと心配していました(笑)。でも、少しずつ質問に答えられるようになることが嬉しくて、毎回の授業が楽しみになりました。授業の後は、家に帰ってMEノートを清書し、口頭英作することが習慣になりました。その結果、MEノートは、10冊以上になり、英語の成績は、ぐんぐん伸びました。また、MEに行くと、私が答えられない質問を答えられる優秀な生徒がたくさんいました。私は、とても刺激を受けて、毎回「自分も頑張ろう」と思うことができました。
私は、最終的に公募推薦で合格しました。英語の小論文の試験では、今までMEで培ってきた口頭英作のおかげで、英作文は、短時間で書き終えることができました。また英語検定や推薦用の面接対策など、こんなに面倒を見てくれる塾は、他にないと思っています。MEに通っていたからこそ合格できました。ユーモア溢れる授業をしてくださった七里先生をはじめ、岩間先生、佐々木先生、スタッフの方々にとても感謝しています。

小淵 里恵さん(前女)
筑波大学(理工学群化学類)公募推薦

MEに入るまでなんとなくで英語を勉強しており英語には苦手意識がありました。入塾しMEで言われたことを素直にこなすことで英語の成績はどんどん伸びました。緊張感、高い集中力、一授業での膨大な情報量と内容の濃さ、授業の質の高さは他の塾にはないものと思います。

私は高二の夏に友人からMEの評判をきいて入塾しました。初めて授業を受けたときの、想像を遥かに超える熱量に圧倒されました。そして同時にMEについていけず必ず伸びると確信しました。両親に授業の様子を興奮気味に話したことは今でも覚えています。
MEに入るまで私はなんとなくで英語を勉強しており英語には苦手意識がありました。でも、入塾しMEで言われたことを素直にこなすことで英語の成績はどんどん伸びました。MEの授業は独特ですが、100分間メモを取る手が止まらない程の授業スピード、いつ指名されるか分からない緊張感、それゆえの高い集中力、一授業での膨大な情報量と内容の濃さ、これだけの授業の質の高さは他の塾にはないものと思います。また、仮定法や現在完了形、所有格名詞構文などあらゆる文法事項について定義することで英語に対する「なんとなく」をやめることができました。基礎を確実なものとし、さらに発展的な内容にも多く触れ、苦手だった英語は得点源となりました。推薦入試本番でもその力は遺憾なく発揮されたと思います。
英語の本当の実力を身に付け、入試で武器とすることができたのはMEのおかげです。七里先生、岩間先生、野上さんをはじめとするMEの皆様に心から感謝しています。本当にありがとうございました。

荒井 実加子さん(前女)
筑波大学(人間学群教育学類)公募推薦

私はMEに入塾したのは、部活を引退した六月でした。英語は元々得意だったのでさらに伸ばしたいと思ったからです。通った半年間でたくさんのことを学ぶことができ、それを自信にかえて、試験に臨むことができました。この学んだ英語力を活かして、実際の入試では自分の力を出し切ることができたと思います。

私はMEに入塾したのは、部活を引退した六月でした。英語は元々得意だったのでさらに伸ばしたいと思ったからです。
私は最初から英語が得意なわけではありませんでした。私はずっと得意教科も苦手教科もないような状況でした。しかし、高二の冬頃、英単語を徹底的に覚えはじめてから、英語の成績が伸びていきました。また、私はテニス部で、ほぼ毎日部活の日々を送ってきました。そのため、勉強時間は周りと比べれば少なかったと思います。しかし、だからといって勉強をおろそかにしてきたわけではなく、両立できていた方だと思います。そのときの努力が合格につながってくれたのだと思います。私は志願大学を決めたのが高三のはじめごろで、それまでは進路にかなり迷っていました。しかし、どの進路に行くにしても、英語は絶対得意な方がよいと思ったので力を入れていました。
私は推薦入試だったので、英文を読んで日本語で書く小論文と面接でした。そこで、MEで学んだ英語力を活かして、自分の力を出し切ることができたと思います。MEに通った半年間でたくさんのことを学ぶことができ、それを自信にかえて、試験に臨むことができました。MEのおかげで英語力が向上したと思うので、大学ではさらに向上させていけるようにがんばっていきます。

阿佐美 奈緒さん(前女)
早稲田大学(文科構想学部文科構想学科)
立教大学(観光学部観光学科)センター利用・一般
立教大学(文学部英米文学学科)センター利用
法政大学(法学部法律学科)センター利用
明治学院大学(文学部英文学科)センター利用
立教大学(文学部文学科-英米文学)
明治大学(国際日本学部国際日本学科)

小学生の頃から英語に苦手意識を持ったことは一度もありませんでした。高校に入り授業や模試が難しくなったものの、MEで教わったことを繰り返した結果センター本番では自分の納得のいく高得点を取ることができました。個人授業では志望校の問題に沿った指導をしてくださり、私に合った勉強方法も提案してくださいました。

私は小学6年生からMEに通い始め7年間お世話になりました。私の英語力はMEで鍛えられました。私が憧れの高校に入学し夢にまで見ていた大学に合格することができたのは全てMEのおかげだと言っても過言ではありません。小学生の頃から英語に苦手意識を持ったことは一度もありませんでした。高校に入り授業や模試が難しくなり思うように点数がとれなくなったはものの、最終的にはMEで教わったことを繰り返した結果センター本番では自分の納得のいく高得点を取ることができました。個人授業では志望校の問題に沿った指導をしてくださり、私に合った勉強方法も提案してくださいました。個人授業の時期になり、教室の隣で待機していた時に、先生方が教室の階段を駆け上がり、そして駆け下りていく音を何度も聴くこととなりました。その音は、一人一人に全力で向き合おうとすることでしか出せない音だと思います。夜遅くまで電話で授業をしてくださったこともありました。ここまで熱心に指導をしてくださる先生方に私は出会ったことがありませんでした。MEには感謝してもしきれません。MEに出会えて本当によかったです。MEを信じてやってきて正解でした。最後の最後まで面倒をみてくださりありがとうございました。
最後に七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするスタッフの方々、7年間本当にありがとうございました。

豊島 爽くん(中央)
早稲田大学(教育学部教育学科初等教育専攻)
法政大学(経済学部経済学科)センター利用
成城大学(経済学部経済学科)センター利用

第一志望校以外の大学を一般受験しないと決めたのだ。もちろん、その大学に入学したいという強い意志の表れだったのだが、高校には猛反対された。しかし、MEは違った。それを当然とするかのように僕に的確な指導と大量の過去問を与えてくれた。MEに信頼されている、と感じた。その瞬間、僕の受験が成功することを確信した。

中学1年の夏、クラスで最も英語ができる生徒に勉強法を聞きに行ったことがある。
「ME外語学院っていうすごい塾があってさ」これが、僕とMEとの出会いだった。
ME入塾後の僕の成績は、だれが見てもわかるほど伸びていた。中学を卒業し、県内の進学校に入学した後も英語の成績は上位だった。このころから英語に自信をもつようになっていた。自分は英語ができる、と思い込んでいた。そして、いざMEの授業を受けてみる。
完敗だ。周りが解ける問題を、僕は何一つ答えることができなかった。英語ができると勘違いしていた。まだまだ成長段階であることを思い知らされた。それでよかった。それだけでシャーペンを握ることができた。
月日は流れ、受験期になった。この時期、僕は狂っていた。第一志望校以外の大学を一般受験しないと決めたのだ。もちろん、その大学に入学したいという強い意志の表れだったのだが、高校には猛反対された。しかし、MEは違った。それを当然とするかのように僕に的確な指導と大量の過去問を与えてくれた。MEに信頼されている、と感じた。その瞬間、僕の受験が成功することを確信した。
最後に、このような素晴らしい塾に巡り合えたことに深く感謝申し上げます。今後も進化し続ける英語塾『ME外語学院』の皆様、6年間本当にお世話になりました。

木下 裕介くん(前高)
早稲田大学(文化構想学部)指定校推薦

MEに入塾したのは、中学一年の一学期でした。私の中間テストの英語の点数は平均点にも届かないものでした。ME独特の雰囲気、スピードに圧倒されながらも何とか必死に置いていかれまいと自分なりに努力をしました。その結果、次第にテストで高得点を取れるようになり、英語は得意科目と言える程になっていきました。

私がMEに入塾したのは、中学一年の一学期でした。その時の私の中間テストの英語の点数は平均点にも届かないものでした。何とかしなければと、英語の成績の良い友人達に聞くとMEを紹介されました。入塾し、ME独特の雰囲気、スピードに圧倒されながらも何とか必死に置いていかれまいと自分なりに努力をしました。その結果、次第にテストで高得点を取れるようになり、英語は得意科目と言える程になっていきました。高校入学後も当初、英語は私にとって得点源でした。しかし、その事に慢心した為、次第に英語の勉強時間を減少させてしまい、その結果、高二の後半から徐々に成績を下げてしまいました。成績を上げる為に何から始めたら良いのか悩んだ私は、私より英語の成績の良い友人に助言を求めると、彼は単語と文法を固めることを勧めてくれました。この時私は気付きました。いつも岩間先生がおっしゃっている事と同じだな、と。そして、その方法を実行した私は、英語の成績を上げる事に成功しました。
英語で高得点を取る為に必要な事を最善の方法で分かりやすく指導してくれる塾、それがMEだと思っています。難しいと思うような文章でも、理解出来るようにお決まりのフレーズで落としこむ。こんな事が出来る塾は唯一無二です。このMEでの六年間があったからこそ、今新しいステージに立つことができる自分がいるのだと思います。七里先生、岩間先生をはじめとする先生方本当にありがとうございました。

田口 敦也くん(前高)
早稲田大学(文化構想学部)
立教大学(文学部史学科)センター利用
中央大学(法学部政治学科)
明治大学(国際日本学部国際日本学科)

MEの先生方のつくってくださった教材により、定期テストでは常に高得点を取ることができ、英検では準一級を取得することができました。センター試験後の二次対策個人授業では、難関である早稲田大学の問題の解説や解法をきめ細かく指導してくださいました。

私はMEに入塾して良かったと思うことが二つあります。一つ目は効率的に文法、語彙を理解できることです。MEでは指名式の授業になっています。指名されて答えられたときは嬉しさを感じ、次も答えたい、という気持ちになります。一方、指名されて答えられない時は悔しさを覚え、次は絶対答えたいと思うようになります。このやる気を引き出す授業スタイルは私の力を最大限に伸ばしてくれました。
二つ目は英検や定期テスト対策、個別指導が充実していることです。MEの先生方のつくってくださった教材により、定期テストでは常に高得点を取ることができ、英検では準一級を取得することができました。センター試験後の二次対策個人授業では、難関である早稲田大学の問題の解説や解法をきめ細かく指導してくださいました。
高校一年生の時に入塾して以来、MEには大変お世話になりました。当初とても届きそうになかった私を、早稲田大学に近づけてくれたのはMEのおかげです。これまで熱心に指導してくださった七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするスタッフの方々に大変感謝しております。ありがとうございました。

金子 りささん(前女)
早稲田大学(政治経済学部経済学科)指定校推薦

前橋で育って一番良かったことは、即答で「MEに出会えたこと」です。小学五年生でMEに入り、他塾とは全く違うスピード感や、同じ文法を何度もする徹底ぶりに衝撃を受けました。小学生ながらも、MEで培われた「徹底力」を英語だけでなく他教科にもこだわるようになり、五年生からぐんと成績が伸びたのを覚えています。私の勉強に対する姿勢は、この頃のMEで生まれたと言っても過言ではありません。

前橋で育って一番良かったことは、即答で「MEに出会えたこと」です。
小学五年生でMEに入り、他塾とは全く違うスピード感や、同じ文法を何度もする徹底ぶりに衝撃を受けました。先生が言ったことを一言一句間違わずに書き写し、家では口頭英作を何度も繰り返し、徐々に「英語の感覚」というものが自然と身についたように思えます。また小学生ながらも、MEで培われた「徹底力」を英語だけでなく他教科にもこだわるようになり、五年生からぐんと成績が伸びたのを覚えています。私の勉強に対する姿勢は、この頃のMEで生まれたと言っても過言ではありません。
しかしながら私にはME人生において後悔していることが一つあります。それは、「私はみんなよりも前にMEに入っているから大丈夫」高を括って、他教科の勉強を言い訳に、高校入学から二年生までMEの復習を疎かにしてしまったことです。そんな中、授業中に岩間先生に「昔の方が出来ていた」と言われ、ショックを受けました。それから先生を見返したいという思いで、それまでの授業用ノートを全て復習しました。そのおかげでもあり、停滞していた英語の偏差値もすぐに上がりました。そのとき改めてMEは偉大だと思いました。MEに行けば、英語だけでなく、全ての科目で成功を収めることができると思いました。こうしたMEによって引き出された力による積み重ねもあり、合格を勝ち取ることができたと信じています。
最後に、八年間もの間熱意のある先生方のもと、MEという環境で英語を学べたことを感謝します。

木暮 清楓さん(前女)
早稲田大学(基幹理工学部学系2)指定校推薦

生徒の意欲をかき立てるような授業の仕組みが英語の学力向上につながるのだと思います。模試を受けるときに英語は自信を持って取り組むことができ、結果も、英語は常に最も良い判定がでていました。いつのまにか本当に英語だけはゆずれなくなっていました。

高校2年の夏、今までは漠然とした自信を持っていた英語の成績に不安を感じ始め、部活の友達と一緒に夏期講習に参加しました。いつ指されるか分からない緊張感と、授業のスピードに驚きました。そして自分が今までいかに感覚で英語を問いていたのかを思い知り、同時にMEでもっと学びたいと思い、入塾を決めました。
最初は指されたらどうしよう、怖いと思っていたのが、授業を重ね、友達と口頭英作の問題を出し合ううちに、指してほしいと考えるようになっていました。この生徒の意欲をかき立てるような授業の仕組みが英語の学力向上につながるのだと思います。そして最後には、模試を受けるときに英語には大きな自信を持って取り組むことができ、結果も、英語は常に最も良い判定がでていました。いつのまにか本当に英語だけはゆずれなくなっていました。
直前には、英語の面接でないにもかかわらず、面接対策の授業をして頂き、本番では全く緊張することなく臨むことができました。また、スタッフの方々が、最後の一人が帰るまで寒空の下でも立って見守って下さいました。このような講師の方々の熱意と温かい心にあふれたMEは最高の塾だと思います。最後になりましたが、今まで支えて下さったMEの先生方、スタッフの方々、本当にありがとうございました。

江原 みなみさん(高女)
早稲田大学(商学部)
日本大学(経済学部経済学科)センター利用
東洋大学 (経済学部経済学科) センター利用
成城大学 (経済学部経済学科) センター利用
中央大学 (経済学部経済学科) センター利用
法政大学 (法学部法学科) センター利用
津田塾大学 (学芸学部英米文学) センター利用
青山学院大学 (法学部法学科)

初めてMEの授業を受けたのは高3に上がる春休みでした。スピーディーかつ熱意のある授業、指名されても即答する他の人たち、そして漂う緊張感。それまで勉強や受験に対して真剣に向き合ってこなかった私にとって、それは驚きや刺激や焦りなどの連続でした。MEなしでは私の合格はほど遠かったと思います。

初めてMEの授業を受けたのは高3に上がる春休みでした。スピーディーかつ熱意のある授業、指名されても即答する他の人たち、そして漂う緊張感。それまで勉強や受験に対して真剣に向き合ってこなかった私にとって、それは驚きや刺激や焦りなどの連続で、この中でついていけるのかという不安でいっぱいでした。
それでもMEでがんばろうと決めたのは、今まで受けたことのないような授業に魅了されたからです。答えられず悔しい思いをするから必ず次回までに覚えようと努力をする。何度も同じ事を聞かれるので定着する。指導していただいたとおり、できなかった問題をフォローしノートにまとめ口頭英作をするというのを何度も繰り返す。これらによって自然と力がつき、頑張ったから大丈夫!という自分の自信にもつながりました。はじめは英語が全然理解できずどことなく英語を敬遠しがちだった私が、最後には英語が大好きになり、どんなに受験勉強をやりたくなくても英語だけは毎日ちゃんと取り組んでいました。MEなしでは私の合格はほど遠かったと思います。
最後に、熱心にご指導・サポートしていただいた七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

北澤 梨奈さん(前女)
早稲田大学(文学部文学科)指定校推薦

私は高3の春からMEに入塾しました。この文法の時はこの例文と決まっているため、それを何度も繰り返すことで、あやふやだった知識が着実に定着していきました。模試や定期テストでも、何度も「これMEで習った!」となり、英語の得点はみるみる上がっていきました。

私は高3の春からMEに入塾しました。高1の時からMEの存在は知っていましたが、授業が指名制で行われ、進むスピードが速いと聞き入塾をためらっていました。しかし、文系の私にとって最大の得点源でなければならない英語の点数がなかなか上がらず、このまま受験をしても良い結果は出ない!本気で受かるためには変わらなければならない!と思い、入塾を決意しました。
初めての授業を受けた時、ME特有のスピード感、100分間の授業で得ることができる情報量の多さに衝撃を受けたことを覚えています。また、他の生徒が先生の質問に素早く答えているのを見て「私もああなりたい!」と思い、それが勉強のモチベーションにも繋がりました。
MEの授業は難しい長文問題も文法問題も、センターレベルにまで噛み砕いて教えてくださるのが魅力だと思います。また、この文法の時はこの例文と決まっているため、それを何度も繰り返すことで、あやふやだった知識が着実に定着していきました。模試や定期テストでも、何度も「これMEで習った!」となり、MEでの授業が自分の糧となっているのが実感でき、嬉しかったです。こうして、MEに入塾してから、英語の得点はみるみる上がっていき、今では安定して点数のとれる科目となりました。
今回、自分の実力では手が届かないような大学の指定校推薦をいただいたのも、MEのおかげです。先生方、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

太田 百香さん(高女)
慶應義塾大学(環境情報学部環境情報学科)
東京女子大学(現代教養学部心理学科)センター利用・一般
東京女子大学(現代教養学部人文学科)センター利用

私は三年生になっても文法などの基礎が固まっておらず、七里先生が仰っているところの「チェーンの外れた自転車」状態でした。そのため、夏期講習ではADVANCEDとINTERMEDIATEの二種類のコースを受講しました。そのことが、努力を結果へと繋ぐ道を作ってくれたと思っています。

私は進学先を英語と小論文で受験しました。科目数が少ない上に、英語で足切り点を超えて初めて小論文が採用されるという仕組みなので、英語は私にとって命綱のような存在でした。私は三年生になっても文法などの基礎が固まっておらず、七里先生が仰っているところの「チェーンの外れた自転車」状態でした。そのため、夏期講習ではADVANCEDとINTERMEDIATEの二種類のコースを受講しました。そのことが、努力を結果へと繋ぐ道を作ってくれたと思っています。また個人授業では英語の解説はもちろんのこと、日本語訳の意味が分からなかった際も、一つ一つ丁寧に説明して頂き理解することができました。参考書はターゲット1900とVINTAGEを使っていました。複数のものをやるよりも、自分が決めた一つのものに集中したかったので、リンガメタリカなどは使っていませんでした。しかし対策としてはやはり過去問を解いて知らなかったものをノートにまとめて口頭英作するというのが一番有効だと思います。小論文は夏休み頃に対策を始めました。新聞の社説をスクラップして問題の原因や展望を書いたり、過去問を実際に解いて学校の先生に添削して頂いていました。その時に担任の先生に勧められた本がマイケルサンデル氏の「これからの正義の話をしよう」で、少し難しく感じる部分もありましたが、多くの考え方を知ることができ、読んでよかったと思っています。小論文を使わない方にも是非読んでもらいたい一冊です。
体調を崩すほど熱心に指導して頂いているのに、相変わらず以前聞かれたことが答えられない自分を情けなく思いながらも、どうにかそのお気持ちに報いたいという思いが私のモチベーションとなっていました。MEの先生方やスタッフの皆さんには大変お世話になりました。皆さんのおかげで最後まで走り続けることができました。本当にありがとうございました。

吉田 未奈さん(前女)
慶應義塾大学(文学部人文社会学科)
立教大学(法学部法律学科)センター利用
立教大学(コミュニティー福祉学部コミュニティー政策学科)センター利用
明治学院大学(法学部法律学科)センター利用
上智大学(法学部地球環境法学科)

私がMEに入塾したのは高校3年生の春です。指名されても答えることができず、私が答えられなかった質問を先に入塾していた同級生たちが答えていく姿を見て、非常に悔しく思いました。しかし、補習もたくさん実施してくれるし、授業も「繰り返し」をテーマとしているので、入塾するのに遅いかなと心配する必要はありません。

私がMEに入塾したのは高校3年生の春です。指名されても答えることができず、私が答えられなかった質問を先に入塾していた同級生たちが答えていく姿を見て、非常に悔しく思いました。しかし、その悔しさが英語の勉強への糧となり、「清書」や「単語ノート」を継続することができました。MEは補習もたくさん実施してくれるし、授業も「繰り返し」をテーマとしているので、入塾するのに遅いかなと心配する必要はありません。
MEには精神面でもサポートしてもらいました。私は上智大学の入試の1週間少し前にインフルエンザにかかってしまいました。下がったと思った熱がまた上がったり、直前期なのに追い込むことができない状況に絶望し、センター利用でとれているだろう立教大学法学部に気持ちが揺らぐこともありました。そんなときに野上さんから個人授業に関する連絡がありました。インフルにかかったという旨を伝えると、「何も心配しなくていいよ、治ったら優先的に個人授業を組みます。今は治すことだけに専念してください」と言ってくださいました。力になってくれるMEという存在がありながら、妥協しようとしていた自分が情けなく、逆境でも力を尽くすべきだと考えられるようになりました。
MEで私は英語の奥の深さに気づかされました。大学でもTOEICなどで高得点をとれるよう頑張ります。先生方、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

北條 桃さん(前女)
北里大学(医学部医学科)指定校推薦

MEでは何度も繰り返し学ぶことで英語の基礎を固めることができ、長文や難しい構文に対する苦手意識も無くなりました。またMEノートの提出や単語ノートを作ることで知識の定着を図ることができ、英語の勉強はMEの授業に全面的に頼っていました。

私は中学2年から5年間MEで英語を学ばせて頂きました。MEに入塾してすぐの頃は授業のスピードに圧倒され、指名されても答えられなくMEに行くたびに悔しい思いをしてきました。だんだんと授業になれていくと少しずつ先生の質問にも答えられるようになり、自分でも英語の力がついていくのを実感しました。MEでは同じことを何度も繰り返し学ぶことで英語の基礎を固めることができ、長文や難しい構文に対する苦手意識も無くなりました。またMEノートの提出や単語ノートを作ることで効率よく知識の定着を図ることができ、英語の勉強はMEの授業に全面的に頼っていました。
また私が特に英語の能力が向上したと実感したのは英検対策授業です。英検取得に向けて計画的な勉強の仕方を教えて頂き、授業に出るたびに多くの新しい知識を得ることができました。さらに二次の面接対策では実践に即した授業をして頂き、自信をもって試験に臨むことができました。
これらの授業で培った英語の知識や勉強方法は受験勉強で大いに役に立ち、無事志望校に合格することができました。最後になりましたが、今までお世話になった先生方、スタッフのみなさん、5年間本当にありがとうございました。

吉田 雅紀くん(中央)
東海大学(医学部医学科)
埼玉医科大学(医学部医学科)

塾に行っているからと授業を受けて満足しないようにしましょう。MEでは文法と長文を重点的にやってくれますが、単語だけは自分で学ばなければいけません。勿論文法は大事ですが単語が理解できなければ何の意味も為さないので、学校指定の単語帳などを使って語彙力を身につけましょう。

私の英語力の8割はMEで身についたものでした。ハイテンポで行われる授業はついていくのに必死で、先生の問いに答えられないこともありましたが、繰り返される問いと私たちが理解しやすいように定型化された文法説明、この二つのおかげで私は英語に自信を持てるようになりました。皆さんもMEの授業は大事にしましょう。私は忙しさを言い訳に清書ノートを提出しなかったこともありましたが、時々提出しなかった人と毎週きちんと提出していた人では必ず大きな差が開きます。
ただMEも万能ではありません。塾に行っているからと授業を受けて満足しないようにしましょう。MEでは文法と長文を重点的にやってくれますが、単語だけは自分で学ばなければいけません。勿論文法は大事ですが単語が理解できなければ何の意味も為さないので、学校指定の単語帳などを使って語彙力を身につけましょう。特に医療系の大学を志望している方は医療系英単語帳を学んでおかないと苦労します。
今回私は東海大学医学部医学科に合格しました。国立はセンターの失敗を挽回できず落ちてしまいましたが、センター後うまく気持ちを切り替えて私立受験に全力を注げたことが受験の成功につながったと思います。受験において英語は唯一安定して点が取れる教科でした。どの大学でも例外なくMEで学んだことは活きました。こういった教科があることは受験では強みになるので、皆さんもMEを活用して英語で点をかせげるようになってください。
関口 ヒナさん(前女)
上智大学(外国語学部イスパニア語学科)
獨協大学(国際教養学部言語文化学科)
法政大学(グローバル教養学部グローバル教養学科)
明治大学(文学部ドイツ文学学科)
東京女子大学(現代教養学部国際英語学科)センター利用
法政大学(経済学部国際経済学科)センター利用

先生方に言われた通り、授業後は学んだことを復習し、MEノートに清書して口頭英作を繰り返しました。また私は入塾した時期が遅いということもあり、周りに後れを取らないように、ノートは必ず提出しました。すると、授業で答えられるようになり、定期テストや模試では点数が安定し、大きな得点源となりました。

私は高校二年生の秋に、MEに入塾しました。初めて受けた授業はただただ衝撃的でした。スラスラと流れるように長文の直訳をしたり、聞いたことのない謎の文法用語を次々と口にする、ハイレベルな生徒たち。スピーディーに授業を進める先生方。緊張感と膨大な知識があふれる教室。今もなお鮮明に覚えています。入塾当初はこのような周りの勢いに圧倒され、授業には必死に食らいついていくような状態でした。しかし先生方に言われた通り、授業後は学んだことを復習し、MEノートに清書して口頭英作を繰り返しました。また私は入塾した時期が遅いということもあり、周りに後れを取らないように、ノートは必ず提出しました。すると、授業で答えられるようになり、定期テストや模試では点数が安定し、大きな得点源となり、まさに英語だけはゆずれなくなりました。
MEには通常授業の他に、英検講習やセンター講習でもお世話になりました。特に一般試験直前の個人授業では、徹底的に過去問の指導をしていただきました。また、センターで思うように点数が取れず、直前期は不安で押しつぶされそうになりましたが、先生方からいただいたアドバイスや励ましの言葉が、心の大きな支えとなりました。
最後に私が志望校に合格できたのは、MEのおかげです。熱心にサポートしてくださった先生方、そしてスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

牛久保 夏姫さん(前女)
昭和大学(医学部医学科)

二年生になってからは気持ちを一新し、毎回MEノートを提出し、単語ノートを作り、常にノートを見返す癖をつけました。英検準1級にも挑戦し、英検講習にも参加しました。友達と単語の問題を出し合ったりして、どんどん英語が好きになり、英語が一番の得意科目になりました。

高校一年生の時、周りの友達がMEに通っていて、良い塾だと聞き、私はMEに入塾しました。最初の授業では、今まで私が通っていた塾とは全く異なる雰囲気で、最初から最後まで緊張感が抜けない授業に圧倒されました。はじめの方は、指名されても全く答えることができず、感覚で解いていた中学のように高校では通用しないのだと痛感しました。それにも関わらず、復習もしっかりやらずにサボってしまうこともあり、1年生の時にはとても無駄な時間を過ごしていたのだと後悔しています。二年生になってからは気持ちを一新し、毎回MEノートを提出し、単語ノートを作ったり、時間がある時には常にノートを見返す癖をつけました。英検準1級にも挑戦し、MEの英検講習にも参加しました。友達と単語の問題を出し合ったりして、どんどん英語が好きになり、英語が一番の得意科目になりました。
受験期には、何度も個人授業をやらせていただき、自分の弱点を引き出してくれるような、内容の濃い授業にとても感激しました。毎回新しいものを得ることができ、受験の自信につながりました。また、先生や事務のスタッフの方々が、電話やメールを通して私達に向き合ってくださったことは、受験期の私の心の支えとなりました。今までお世話になったMEの先生方、事務のスタッフの方々、本当にありがとうございました。

伊藤 陽菜さん(前女)
帝京大学(医学部医学科)
東京理科大学(理工学数学科)センター利用

2年生の終わりに部活を引退したのと同時に真面目に清書や口頭英作に取り組むようになり、学校や模試の成績も少しずつ上がってきました。2次対策では、自分の弱点がどこか、やるべきことは何かを明確に提示してくれ、モチベーションを維持し続けることができました。

私は高校1年の春にMEに入りました。最初の授業のとき、授業のスピードの速さと書く量の多さに圧倒され、指名されてもほとんど答えられないまま終わってしまったことをよく覚えています。しかし、周りの人はどんな質問をされても答えていて、驚きとともに、劣等感を強く感じました。結局そのまま週に一度の授業と清書だけに満足してしまい時間が過ぎて行ったのですが、2年生の終わりに部活を引退したのと同時にやらなければいけないと思いました。そこから、やる気を出すには遅いくらいでしたが、真面目に清書や口頭英作に取り組むようになり、学校や模試の成績も少しずつ上がってきました。センター前からは個人授業も始まり、特に2次対策では、自分の弱点がどこか、やるべきことは何かを毎日明確に提示してくれ、モチベーションを維持し続けることができました。何度も個人授業をやって頂いたおかげで2次試験に対する恐怖心も薄れていきました。第一志望の大学には自分の力不足で届きませんでしたが、幼少期からの夢を叶えることができる医学部に合格することができ、MEの講師陣の方々やスタッフの方々に大変感謝しています。本当にありがとうございました。

長尾 帆夏さん(前女)
東京学芸大学(教育学部初等教育教員養成課程-数学)
東京理科大学(理学部数学科)センター利用
明治大学(理工学部数学科)センター利用
日本大学(文理学部数学科)センター利用
東海大学(理学部数学科)センター利用
津田塾大学(学芸学部数学科)センター利用
東京女子大学(現代教養学部数学科)センター利用
日本大学(理工学部数学科)
中央大学(理工学部数学科)
早稲田大学(教育学部数学科)

センター試験直前には見直しが足りないとご指摘をいただき、その日から試験前日まで、今まで間違えた問題を無我夢中でノートに書きました。そのノートが自信となり、センター英語は目標点を超え、難関私大にも合格することができました。

私がMEに入塾したのは高1の春からでした。
問題を解きフォローした後、授業の解説を聞き、家に帰ってノートにまとめるというMEの勉強方法を実践するだけで、今まで得意ではなかった私の英語の実力は向上していきました。また、授業と宿題で4回同じ問題と向き合い、復習を重ね、だんだん実力がついてくると英語を学ぶことが楽しくなりました。
センター試験前から始まった個人授業では難しくて理解を諦めていた問題も、解説の中でそれと関係した単純な例文を出していただいたり、私が理解するまで何度も解説していただいたりして、毎回とても晴れやかな気分で家に帰ったのを覚えています。直前には「あなたは見直しが足りない」とご指摘をいただき、その日から試験前日まで、今まで間違えた問題を無我夢中でノートに書きました。本番そのノートが自信となり、センター英語は目標点を超え、難関私大にも合格することができました。
私が英語の成績を伸ばし、本番に成功できたのはMEの完璧な勉強システムと、MEから言われたことをしっかり行えば大丈夫という確かな信頼があったからだと思います。普段の定期テストや英検、入試の本番直前までたくさんのご指導をいただきとても感謝しています。MEの先生方、スタッフの皆様、今まで本当にありがとうございました。

中曽根 佑亮くん(前高)
千葉大学(法政経学部法政経学科)

ME流の学習方法はめちゃくちゃ効きます。大学の問題を解いて、フォローし、次は満点を取れるように復習し、実際に解く。これを英語10年分やると、記述力が本当に上がります。試験当日、数学でやらかしましたが、英語への自信があり、あまり落ち込むことなく次の英語に進めました。

僕はME外語学院に、高1の冬に入りました。初めは授業が口頭で進んでいくスタイルに全くついていくことができず、質問にも答えられず、圧倒されました。徐々に慣れてきた高2の後半あたりから、怠っていたMEノートを毎週出し、予習をする頻度も増え、英語の成績が上がり始めました。そのおかげで英語が自分の得点源になりました。MEは基礎を徹底的に教えてくれるので、感覚で解くのではなく根拠(文法、構文)に基づいた解き方ができるようになります。
また、ME流の学習方法はめちゃくちゃ効きます。大学の問題を解いて、フォローし、次は満点を取れるように復習し、実際に解く。これを英語10年分やると、記述力が本当に上がります。試験当日、数学でやらかしましたが、MEの授業で培ってきた英語への自信があり、あまり落ち込むことなく次の英語に進めました。実際解いてみると普段通りに解け、思わず笑みがこぼれました。
MEの学習法は勉強の本質を突いていると思います。基礎を大事にする、そして間違えた問題を次には解けるようにする。これは、英語だけに限らず、どの科目にも使えます。MEで英語を武器にできたことが、合格につながったのだと強く感じます。試験中「ダメだ。」と思ったときに自分の支えとなった英語をMEで身につけることができました。
七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするスタッフの方々の支えに本当に感謝しています。本当にお世話になりました。

須田 梨湖さん(前女)
千葉大学(教育学部小学校教員養成課程)
駒澤大学(文学部英米文学科)センター利用
明治学院大学(文学部英文学科)センター利用
中央大学(文学部英語文学文化学科)
明治学院大学(文学部英文学科)

受験が正念場を迎える一月からは個人授業が始まり、自分の受験校に合った授業をしてもらうことで、不安要素を減らすと共に本番に対して自信をつけていくことができました。どんな問題集、模試、そして試験本番においても「ここ、MEでやったところだからできる!」…と。

私は、高校一年生になる春、MEに入塾しました。初めて授業を受けた日、先生が生徒を指し、その質問に生徒が次々と答えていく問答式の授業スタイルに衝撃を受けました。これが、他のどの塾にもない、MEだけの魅力だと思います。答えられて嬉しかった日も答えられなくて悔しかった日もありましたが、「来週には絶対即答する」という原動力のなかで毎週毎週、必死にくらいついていきました。そして、三年になって受験期を迎えた時、英語という存在が自分にとって大きなアドバンテージとなっていることに改めて気づきました。英語があるから大丈夫、と自信を持って他の教科に取り組むこともできました。また、受験が正念場を迎える一月からは個人授業が始まり、自分の受験校に合った授業をしてもらうことで、不安要素を減らすと共に本番に対して自信をつけていくことができました。どんな問題集、模試、そして試験本番においても「ここ、MEでやったところだからできる!」そう思えたのは、三年間教えてくださった七里先生、佐々木先生、また、野上さんをはじめとするスタッフの方々のサポートのおかげです。MEに入って英語を学べて本当に良かったです。今までありがとうございました。

富澤 初音さん(前女)
千葉大学(国際教養学部国際教養学科)
神田外語大学(外国語学部国際コミュニケーション学科)センター利用
津田塾大学(学芸学部国際関係学科)

試験の時にはいつもME独自のフレーズが頭の中でスラスラ思い出され、文法問題は得点源になりました。MEで徹底的に強化された文法知識は、長文の精読、速読いずれにおいても効果的で、基礎の大切さを実感しました。英語が常に得点源であったのはMEのおかげだと思います。

私は高校一年の夏からMEに通い始めました。得意教科である英語を伸ばしたいと思い入塾を決めましたが、実際にMEの授業を受けてみると、学校の授業にはないスピードと緊張感の中、周りの同級生たちが突然の指名にもスラスラ答えているのを目の当たりにして衝撃を受けました。部活をやっていたため夜遅い時間帯の授業で、毎週答えらずに悔しい思いをしながら帰宅していたものの、復習は後回しになってしまっていました。それでも時間があるときにはMEノートと単語ノートの作成をコツコツ続けました。
初めはMEで教えられた通りに文法事項を答えるというのは大変だと思いましたが、一度覚えてしまうと、試験の時にはいつもME独自のフレーズが頭の中でスラスラ思い出され、文法問題は得点源になりました。MEで徹底的に強化された文法知識は、長文の精読、速読いずれにおいても効果的で、基礎の大切さを実感しました。
国立問題の前期試験直前の個人授業では、記述問題や英作文の添削を丁寧にしていただいたおかげで、自分の解答の不十分さや解答のポイントを知ることが出来、試験に自信を持って臨むことが出来ました。
高校三年間での様々な試験において英語が常に得点源であったのはMEのおかげだと思います。これからは受験を通してMEで学んだ英語を実践的な場で使っていけるよう励んでいきたいと思います。熱心に指導して下さった先生方、手厚いサポートをして下さったスタッフの方々、本当にありがとうございました。

人見 奈々さん(樹徳)
千葉大学(工学部総合工学科)

同じ事の繰り返しの中で毎回新しい事を学んでいく授業に必死に食らいついていくうちに英語が得意科目になり、センター試験、二次試験共に不安を感じることはありませんでした。三年生になって、中途半端にしていた口頭英作と単語ノートに力をいれました。

私が初めて英語でつまずいたのは三人称単数現在でした。定期テストでの点数が大幅に下がり、そんな時に勧めてもらったのがMEでした。今でも初めてMEの授業を受けた時の衝撃をはっきり覚えています。岩間先生の熱量、スピード、集中力、全てに圧倒されました。
同じ事の繰り返しの中で毎回新しい事を学んでいく授業に必死に食らいついていくうちに英語が得意科目になり、センター試験、二次試験共に不安を感じることはありませんでした。三年生になって、今まで中途半端にしていた口頭英作と単語ノートに力をいれました。初めのうちは短文から、だんだんと長文にも慣れていきました。最初のうちはもちろん全然できませんでした。しかしそこで諦めることなく継続できたことが自信へと繋がっていったと思います。単語ノートは、一つの単語に対して同義語、対義語、名詞形、形容詞形など枝を広げていくのが楽しさに変わっていきました。また個人授業では直訳を生かしながら最後の最後まで正確に点を取れる和訳を書けるように細かい所まで指導してくださいました。試験前で不安になったりしていた中で先生方の言葉がお守りのようでした。
改めて七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんを中心とした講師やスタッフの方々、本当にお世話になりました。感謝しきれません。本当にありがとうございました。


春山 慶介くん(中央)
広島大学(工学部第三類)

初めての授業の後から、「指名されたら全て答えてやる」という意志を常に持ち続けました。この意志こそが私が英語を得意科目にした理由であると思います。答えられなかったところは家で復習しました。この作業を続けていくうちに学校のテストや模試でも点が伸びていきました。

私がMEに通い始めたのは中一の始めからです。兄が通っていたという理由で私も通い始めました。初めて授業を受けたときのことは今でも鮮明に覚えています。授業のスピード、雰囲気に圧倒され、指名されても一つも答えられませんでした。その授業の後私は答えられなかった悔しさと自分の不甲斐なさから帰り道に泣いたのをよく覚えています。そして、初めての授業の後から、「指名されたら全て答えてやる」という意志を常に持ち続けました。この意志こそが私が英語を得意科目にした理由であると思います。答えられなかったところは家で復習しました。この作業を続けていくうちに学校のテストや模試でも点が伸びていきました。月日が流れ、私も受験生になりました。初めての受験でプレッシャーに押し潰されそうになったことがありますが、MEで鍛えられた集中力や精神力を武器にして何とか乗り越えられました。センター試験本番や国立の二次試験は言うまでもなくガチガチに緊張しましたが、英語には絶対的な自信を持っていたので、「英語は大丈夫」と自ら言い聞かせることで緊張をほぐしました。そして大学に合格することができました。今思うとMEに通っていなかったら英語を不得意教科として受験に臨み合格していなかったでしょう。冒頭でも書いた通り、私は英語が全く出来ず、苦手で嫌いな教科でした。しかしMEは英語を私の得意教科にしてくれました。大嫌いな教科、大の苦手な教科を大好きな教科、大の得意教科にしてくれるMEに、私は無限の可能性を感じました。

山田 みどりさん(前女)
新潟大学(歯学部歯学科)
明治薬科大学(薬学部生命創薬科学科)

高3の春期講習からMEに入塾しました。口頭英作を習慣にしてから定期テストや模試の成績も上がり、英語だけは誰にも負けないという自信を持って臨むことができました。本番では口頭英作をしていた文と似たような文が出題され、MEの授業内容の充実を改めて実感することができました。

私は中学生の時から英語が嫌いで成績も悪く、高校でも英語が苦手科目になってしまったので、どうにかして成績を上げたいと思い、高3の春期講習からMEに入塾しました。最初の授業は先生の質問に全く答えることができなかったのですが、授業を重ね、口頭英作を習慣にしてからだんだんと答えられるようになり、いつのまにか英語が好きになっていました。その結果、定期テストや模試の成績も上がり、入試本番も英語だけは誰にも負けないという自信を持って臨むことができました。ただ、MEの先生の、まずは単語を覚えるという言葉を無視して後でやればいいと後回しにし続けていたため、センター直前で焦り、春休みにもっとやっていればよかったと後悔しました。今だから言えることですが、MEの先生の言葉を信じて言われたことをすれば必ず力が伸びると思います。
個人授業では七里先生に何度も英作の添削をしていただいたので、苦手だと思っていた英作も入試直前には自信がつきました。本番では口頭英作をしていた文と似たような文が出題され、MEの授業内容の充実を改めて実感することができました。
MEに入塾した時はもう遅いかもしれないと不安でしたが、たった一年で苦手な英語が得点源に変わったのはMEの方たちのおかげです。本当にありがとうございました。

大津 なな子さん(農二)
金沢大学(理工学域生命理工学類)
武蔵野大学(人間科学部)センター利用
立命館大学(総合心理学部総合心理学科)
中央大学(理工学部)

MEで様々な事を経験させていただきました。集団授業とは思えない緊張感、幾度となく繰り返す構文の定義の確認、問題にフォローの仕方の伝授、個人授業での丁寧な添削など、MEでもらった全てが私を成長させてくれました。高2から始めたことを、もっと早くから始めていれば更に力が伸びたと思います。

私は小学5年の時入塾しました。高校受験で失敗しましたがそれでも頑張りたいと思いMEに通い続けました。しかし高校の英語は難易度が上がり、長文も長く難しくなっていき、だんだんと英語の点数が安定しなくなっていきました。不安を感じ、大学受験ではもう悔しい気持ちを味わいたくないという思いで、今までサボっていたノート清書、口頭英作、単語ノート作成を高2秋から必死にやりました。するとMEで教わってきた文法や構文の1つ1つが頭の中で整理されてゆき、長文も抵抗感なく臨めるまでになりました。確実に英語の力がついてきたのを感じられ、最終的には英語を武器にしたおかげで苦手な数学に安心して専念することができるようになりました。
MEで様々な事を経験させていただきました。集団授業とは思えない緊張感、幾度となく繰り返す構文の定義の確認、問題にフォローの仕方の伝授、個人授業での丁寧な添削など、MEでもらった全てが私を成長させてくれました。高2から始めたことを、もっと早くから始めていれば更に力が伸びたと思います。だから後輩の皆さんには、それらを徹底的に行って是非英語を武器にしてもらいたいです。
MEの方々には長い間本当にお世話になりました。MEで学ぶことができて良かったと心から思っています。今まで本当にありがとうございました。

石田 海さん(育英)
新潟大学(医学部保健学科看護)公募推薦

毎週の授業の予習・復習・単語ノートの作成・リスニングのシャドーイングを行った結果、英語が私の圧倒的な得点源になっていました。英語に対し絶大な自信をもって、入試を受けることができ、合格を勝ちとることができました。

まずは七里先生をはじめとする講師の方々、そしてMEスタッフの皆さま三年間本当にありがとうございました。私がこうして第一志望校に合格し、この合格体験記を書けているのも、MEの熱血な、ハイレベルな授業のおかげだと思っています。本当に感謝してもしきれません。
合格体験記ということもあり、私が合格するにいたった経緯をお伝えしたいと思います。
実は私は高校入試に失敗しました。自分の受験番号が無いことを知ったときから、丸一日、家に引きこもっていました。しかし、合格発表日の次の日、母が私に、MEのパンフレットを見せてくれました。私は直感で「この塾が今の私を変えてくれるかもしれない。」そう思いました。そしてMEの存在を知ったその日に入塾しました。しかし、最初の授業を受けて私は入塾したことを後悔しました。とにかく授業スピードがはやく、授業内容もハイレベルでまったくついていけなかったのです。おまけに指名されても答えられず、とても恥ずかしかったです。何度か退塾も考えました。しかし、「ここで退塾したら、ここで断念したら、高校入試で失敗したあの頃の自分と同じだ。」そう自分に言いきかせ、毎週の授業の予習・復習・単語ノートの作成・リスニングのシャドーイングを2年半行った結果、英語が私の圧倒的な得点源になっていました。入塾初期ではまったくついていけなかったMEの授業も、今ではついていけるようになり、指名されても、自信をもって答えられるようになっていました。そして結果として、英語に対し絶大な自信をもって、そして、「あの頃の自分とはもう違うのだ」という確信をもって、入試を受けることができ、合格を勝ちとることができました。
今振り返ってみると、あのとき入塾しにMEを訪れた日が、自分の実力のなさを痛感したあのMEの授業が、単語ノートにまとめた膨大な数の英単語が、MEノートにまとめた何百もの例文が、決して無駄なものではなかったと、合格するための通過地点であったのだと実感できます。
学校の英語の授業でスティーブ・ジョブズのスピーチについてやりました。彼は「今現在打っている点が何年後かして振り返ってみると、それは一つの直線になっていた」と言いました。まさにこのことだなと思います。今やっていることが本当に合っているのか、特に受験勉強をしている私たちは不安になると思います。しかし、長い目で見れば、その1つ1つの挑戦や努力が未来の自分を創りあげているのだと思います。
MEに入塾し、私は変わることができました。変われたからこそ志望校に合格できました。
MEの講師の方々、スタッフの皆さまには感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。

新井 愛菜さん(前女)
首都大学東京(システムデザイン学部電子情報システム工学科)指定校推薦

英語の成績はぐんぐん上がっていきました。MEで文法を徹底的に学ぶことで自分の解答に自信を持てるようになり、更には英語を勉強することの楽しさを知ることができました。勉強へのやる気が出ないとき、最初に手を伸ばしたのはMEノートでした。

私は高2になると同時にMEに入塾しました。1年次は地元の個人塾に通っていたのですが、MEの高い評判を聞き、MEに通うために他の科目も前橋の塾に変えました。最初はその授業のスピード、そして密度に驚き、毎週必死にシャーペンを走らせていました。指名されたときに答えられない悔しさが記憶の定着を促し、英語の成績はぐんぐん上がっていきました。今まで”なんとなく”で解いていた英語でしたが、MEで文法を徹底的に学ぶことで自分の解答に自信を持てるようになり、更には英語を勉強することの楽しさを知ることができました。勉強へのやる気が出ないとき、いつも最初に手を伸ばしたのはMEノートでした。今でも英語は私の好きな科目の1つです。
私は推薦入試を使いましたが、MEでの面接練習がとても有効だったと思います。面接練習は集団で行いましたが、それでも緊張感はあり、そのおかげか本番でも緊張しすぎることなく臨むことができました。また、面接練習だけでなく、MEは通常授業でも緊張感があり、先生の問いに即答しなければならないので、面接で必要とされる能力が自然と身についていたようにも思えます。
私が合格できたのは、英語を身に付ける方法を教えてくださり、一人一人の生徒に真剣に向き合ってくださった七里先生をはじめとする諸先生方、事務の方々のおかげです。今までありがとうございました。

星野 有香さん(前女)
群馬大学(医学部保健学科-看護)
高崎健康福祉大学(保健医療学部看護学科)

私大の日本語訳や解説が赤本になく、困惑しましたが、先生方のご指導のおかげで自信を持って試験に臨めました。小論文対策は1年分やるごとに何回もMEに通いました。小論文I(英語)は高得点を取る自信がありました。

中学からMEにお世話になりました。入塾当初は、授業に追いつくのに必死で長期休みは毎日MEノートを清書し続けていました。おかげで第一志望だった前女に受かることができ、受験モードが終わった途端、成績が落ちました。今では笑い事ですが、1年から2年にかけての模試の成績はきれいに急降下してます。しかし、これではダメだと思い2年の時に看護師になることを考え、地元の群馬大学を目標に決めました。高校からMEが近いので授業の前はMEの自習室で予習をして、授業で答えられなかったところ、分からなかったところを徹底的に復習しました。自分より後にMEに入った子が授業に慣れてすらすら答えられるのに自分が答えられないのが悔しく、励みになっていました。
センターが終わってから、私大と小論文の個人授業をやっていただきました。おかげでセンターが終わってからすぐに、私大、小論文と切り換えを行うことができました。私大の日本語訳や解説が赤本になく、当初は困惑しましたが、先生方のご指導のおかげで自信を持って試験に臨めました。小論文対策は少しでも多くの先生にみていただきたくて、1年分やるごとに何回もMEに通いました。小論文I(英語)は高得点を取る自信がありました。
結果として私は、中学校から高校までMEで面倒をみていただき、2つの第一志望を掴むことができました。MEの先生方の熱い指導、スタッフの皆様のサポートと応援は受験の大きな支えになっていました。6年間、ありがとうございました。

細川 明果苗さん(前女)
群馬大学(医学部保健学科-看護)公募推薦

最初、指されても答えられないことが多く、悔しくてたまりませんでした。次は絶対答えらえるようにするという思いで口頭英作を繰り返し、答えられるものが増えていくにつれて英語の楽しさを知り、もっともっと頑張りたいと思うようになりました。

私が合格できたのはMEのおかげだと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。私がMEに入ったのは高校二年の春でした。初めて受けた授業では、授業のスピードや雰囲気にただただ圧倒されていました。最初、先生に指されても答えられないことが多く、悔しくてたまりませんでした。次の時は絶対答えらえるようにするんだという思いで口頭英作を繰り返していました。答えられるものが増えていくにつれて英語の楽しさを知り、もっともっと頑張りたいと思うようになりました。英語が苦手で嫌いだった私をここまで変えてくれたのはMEだと思います。推薦入試の前には個人授業を忙しい中たくさん組んでくださり、本当にありがとうございました。一対一の授業の中で自分の苦手とするところをていねいに解説してくださいました。この個人授業なしでは、私の合格はなかったと思います。また、面接対策もしてくださいました。そして、いつも励ましの言葉を掛けてくださり、自信を持つことができました。
最後に、七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするMEの先生方には感謝してもしきれません。いつも熱心に指導してくださり、私たちのことを考えてくださいました。本当にありがとうございました。

斎藤 駿くん(前高)
群馬大学(教育学部保健体育)

自分は幼いころからの夢であった体育教師になるためにサッカーと勉強の両立を図ってきました。部活の時間も長く、文武両道は大変でしたが、MEで培ったスピードと集中力のおかげで効率の良い勉強を行うことが出来ました。

私は長い間MEにお世話になりました。最初のころは授業のスピードに圧倒され、ついていくのがやっとでした。またMEの授業は100分と、とても長く授業の終盤は苦痛でしかありませんでした。しかし授業の回数を重ねるごとにスピードや集中力が身に付き自分の勉強にも活かすことが出来ました。自分は幼いころからの夢であった体育教師になるためにサッカーと勉強の両立を図ってきました。部活の時間も長く、文武両道は大変でしたが、MEのおかげで英語の勉強の時間を短縮でき、また、MEで培ったスピードと集中力のおかげで効率の良い勉強を行うことが出来ました。
また、清書や口頭英作、単語ノートはとても役に立ち、テスト前には何度も見直していました。MEの言っていることは役に立つのかと何度も疑ったこともありましたが、もっと早くから始めればよかったなと今では思います。
MEには本当に長い間お世話になりました。この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。七里先生、岩間先生、佐々木先生をはじめとする講師の皆さん、また、野上さんをはじめとする事務の皆さん、本当にありがとうございました。

阿部 凪紗さん(前女)
群馬大学(教育学部国語学科)
日本女子大学(文学部日本文学科)
学習院女子大学 (国際文化交流学部日本文化学科)

苦手だからと英語と向き合ってこなかった自分に、諦めないきっかけを与えてくれたのは他でもなくMEでした。受験目前となった高3の秋頃、自分の中の英語への意識が少しずつ変化するのを感じました。そしてセンター試験では自己ベストを出せ、私立大学入試でも落ち着いて全力を尽くすことができました。

中学までは特に意識していなかった英語。高校では今までの学習方法が全く通用せず、みるみるうちに成績が落ちていきました。自分では修復し切れずに、藁にもすがる思いで高1の冬に、MEに入塾しました。噂で聞いていたその塾は、想像以上のものでした。授業のスピードや情報量、的確に次々と解答する周りの友達、全てのことに驚いたことを今でも覚えています。レベルと質の高い授業に追いつけず、疲れてしまうこともありました。しかし苦手だからと英語と向き合ってこなかった自分に、諦めないきっかけを与えてくれたのは他でもなくMEでした。
熱心なご指導のおかげで受験目前となった高3の秋頃、自分の中の英語への意識が少しずつ変化するのを感じました。そしてセンター試験では自己ベストを出せ、私立大学入試でも落ち着いて全力を尽くすことができました。さらに余裕を持って国立大学入試を受け、合格を手にすることができ、大変嬉しく思っています。自分のペースを崩すことなく受験を乗り切れたことは、この先も私の自信になると思います。2年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。

片貝 星奈(前女)
群馬大学(理工学部化学生物化学科)
群馬パース大学(保健科学部臨床検査学科)
高崎健康福祉大学 (保健医療学部看護学科)

国立の2次試験の前日、勉強机の横に並んだ数十冊にもなったMEノートが、不安な気持ちでいっぱいだった私を「これだけやってきたんだから大丈夫!」と安心させてくれました。数学・理科ができなく、心が折れそうになっていましたが、持っていったMEノートを見て、英語で挽回!と気持ちを立て直すことができました。

私の苦手教科は英語で、特に長文問題は読んでいるのに頭に入ってこなく、英語の勉強が苦痛でしかありませんでした。そんなとき友人から「MEっていう英語塾がいいよ」と勧められ、少し興味をもちましたが、とてもスピードが速く、指名制で厳しいと聞き、気が引けてしまいました。しかし、勇気を出して入塾しました。すると実際、友人が言っていて通り、緊張感とスピードある授業が繰り広げられ、自然と集中力が高まっていく刺激ある環境で、要点が明確である質の高い100分間の勉強ができました。気づけば英語の勉強を苦痛だと感じることはなく、長文問題も抵抗感を感じないようになっていました。
国立の2次試験の前日、勉強机の横に並んだ数十冊にもなったMEノートが、不安な気持ちでいっぱいだった私を「これだけやってきたんだから大丈夫!」と安心させてくれました。お守りとして試験会場にも数冊持っていきました。数学・理科ができなく、心が折れそうになっていましたが、持っていったMEノートを見て、英語で挽回!と気持ちを立て直すことができました。合格できたのはMEのおかげです。
今までお世話になった七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするスタッフの皆さんのサポートに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

須藤 諒くん(農二)
群馬大学(理工学部電子情報理工学科)
群馬パース大学(保健科学部検査技術学科)センター利用・一般
芝浦工業大学デザイン工学部デザイン工学科
芝浦工業大学デザイン工学部電子情報学科

私の志望していた大学を数年分しか用意できなかったので、代替の問題で個人授業をしていたのですが、試験直前の個人授業で使った長文問題と本番に出てきた長文の内容が重なる部分があったのは今でも驚きです。これは偶然ではなく、MEの問題を見極める能力の高さ故の必然であると思います。

悔しさは人を動かすことにおいて大きな動力源となる。これはMEに入って学んだことの一つです。MEに入ってすぐは先生の怒涛の質問とそれを的確に返していく授業の中で答えられない自分が恥ずかしく、悔しい。だから勉強して皆についていこうとする、答えられるようになって勉強が楽しくなる。これで点数が上がらないはずがない。それでも周りは優秀な生徒ばっかりだったので最後の授業までずっと悔しい気持ちは残ったままでしたが。
高三になって受験を本気で意識してからはMEの生徒への情熱が並々ならないものであると気づかされました。その最たるものは個人授業でしょう。一回、一回の授業が濃密であり、ここまでしてくれる先生方の期待に応えたいというモチベーションにもつながりました。私の志望していた大学を数年分しか用意できなかったので、代替の問題で個人授業をしていたのですが、試験直前の個人授業で使った長文問題と本番に出てきた長文の内容が重なる部分があったのは今でも驚きです。しかしこれは偶然ではなく、MEの問題を見極める能力の高さ故の必然であると思います。
私は志望校に合格できたのはMEで懸命に勉強したことが大きな要因です。MEの言うことに嘘なんて一つもないので、MEと出会えた幸運な方は現時点の学力など気にせず、MEを信じて成功を勝ち取ってほしいと思います。

河原 光希くん(伊高)
高崎経済大学(経済学部)
獨協大学(経済学部経済学科)
日本大学(経済学部産業経営学科)

MEの授業で私は多くの宝物を得ることができました。スラスラと英文を読むことができる理解力、予習・復習の大切さ、自分が思った通りの言葉を英語にできる表現力、神経を張りつめ続けられる精神力と集中力。これらは全てMEを通して培われたものです。

私がMEに通い始めたのは高校三年生になる時の春期講習からです。中学・高校と英語が苦手な教科で、克服したいと考えていたところ、私のいとこがMEの授業のおかげで英語力が上がったということを聞き、私は入塾を決意しました。
初めて受けた授業では授業独特のスピードとリズムについてゆけず、これからの授業に不安を感じていました。しかし、授業を受け続けることでスピードに慣れ、がむしゃらに内容を理解しようとするうちに英語に対する苦手意識はいつの間にかなくなってしまいました。
MEの授業で私は多くの宝物を得ることができました。スラスラと英文を読むことができる理解力、予習・復習の大切さ、自分が思った通りの言葉を英語にできる表現力、神経を張りつめ続けられる精神力と集中力。これらは全てMEを通して培われたものです。今思えば高校入学時から通っていれば、さらに良い力を手に入れられたと思います。センター試験・二次試験を私はMEで培った英語によって救われました。MEがなければ第一志望には受かっていなかったでしょうから感謝してもしきれません。MEの授業は最初のうちには疑問や不安があるだろうと思います。私はそうでした。しかし先生たちの言葉を忠実に一言一句守りさえすれば絶対確実に英語が己の中で最強の武器になると思います。短い間でしたが、ありがとうございました。

長岡 詩さん(高女)
立教大学(経営学部経営学科)指定校推薦

高女の中にいただけでは味わえない焦りと悔しさで来週は確実に答えようとMEノートを何回も見直しました。それを繰り返すうちに授業で答えられる回数が増えたり、模試などで「これMEでやったやつだ!」と実践にも活かしていけるようになりました。

私は指定校推薦でずっと目指していた立教大学経営学部に合格しました。私がMEに入ったのは高2の秋。それまで「まだ大丈夫」と勉強を疎かにしてきたため、模試の結果はいつもE判定で特に英語に伸び悩んでいた時に父親が前女の教師で「前女の上位層の子はみんなMEに行っているよ」と勧めを受け入塾を決めました。入ったばかりの時は先生と生徒のテンポの速い返答を繰り返す授業スタイルにとまどいと衝撃を受けたことを強く覚えています。当てられても答えられないことが続き、一方で前女生たちはすばやく答えていたため、今まで高女の中にいただけでは味わえない焦りと悔しさで来週は確実に答えようとMEノートを何回も見直しました。それを繰り返すうちに授業で答えられる回数が増えたり、模試などで「これMEでやったやつだ!」と実践にも活かしていけるようになりました。またMEで勧められる英検は受験までに取っておくことが重要です。私の指定校では英検2級を持っていることが条件の1つでした。私はある程度評定平均を取っていたため指定校推薦を利用しましたが、高2の冬までE判定で親に受からないと思われていた立教大学が、高3の夏にはA判定、また夢の夢だった早稲田大学D判定を取るまでに成長できました。これは間違いなくMEのおかげです。遠方から往復3時間かけて通って良かったと思っています。今までありがとうございました。

阿久澤 愛さん(前南)
武蔵野大学(看護学部看護学科)公募推薦

高3から入塾した私でも基本の文法から教えて下さったおかげで理解を深める事ができ、英語を勉強する事がとても楽しくなりました。入塾当時から比べて模試では70点上げることができ、第一志望の大学に合格することもできました。

私がMEに入塾したのは高3の春でした。それまでの英語の成績は、定期テストでも模試でも散々なものでした。以前から兄にMEを勧められていましたが、「MEは英語ができる子ばかりで自分には場違いだ」と思い込み、入塾するのを躊躇していました。しかしこのままでは何も始まらないと思い入塾を決心しました。高3から入塾した私でも基本の文法から教えて下さったおかげで理解を深める事ができ、英語を勉強する事がとても楽しくなりました。噂に聞いていた通り、授業のスピードはとても速く、緊張感に圧倒され、最初の頃はついていくだけで必死でしたが毎回の口頭英作や授業をおろそかにしない事でMEで学んだ事がどんどん自分のものになっていくのを実感する事ができました。また、自分が答える事ができなかった問題を周りの人が答えた時の悔しさや憧れが、もっと頑張ろうという励みになりました。100分間の授業でこれほどまでに中身がつまっている英語塾はMEの他にないと思います。私は入塾当時から比べて模試では70点上げることができ、さらには第一志望の大学に合格することもできました。MEを信じて頑張ってきて本当に良かったです。MEには感謝の気持ちでいっぱいです。今まで本当にありがとうございました。

本多 琴音さん(前女)
大阪大学(外国語学部ペルシャ語学科)

高2の春、MEに通う友達に誘われて入会しました。最初は授業の速さ、迫力に圧倒されたのを覚えています。また、質問に全く答えることができず、落ち込んで帰り道に友達に慰めてもらっていました。回数を重ね、答えられるようになると、授業が楽しくなっていきました。

高2の春、MEに通う友達に誘われて入会しました。最初は授業の速さ、迫力に圧倒されたのを覚えています。また、質問に全く答えることができず、落ち込んで帰り道に友達に慰めてもらっていました。しかし、回数を重ね、答えられるようになると、授業が楽しくなっていきました。さらに、授業ノートのアラビア語のような文字を読解し、勉強するときも、授業中のことを思い出して、勉強が楽しかったです。
個人授業では、和訳問題や内容説明問題、自由英作文や英訳問題といった様々な問題を添削していただきました。先生を独り占めできる個人授業は夢のような時間でした。そのため、勉強から逃げ出したくなったときに授業があると、「やっぱり勉強楽しい!」と再確認し、やる気が出てきました。
二次試験で点数の6割を占める英語の前には、他の受験生がピリピリしている中、これまでの添削を見直し、リラックスできました。また、解答中には先生方がいつもおっしゃっている言葉が聞こえてきて、気づくと楽しんで解答していました。
私が今まであきらめずに戦えたのは、七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんをはじめとするスタッフの皆さんのサポートのおかげです。本当にありがとうございました。これからも、多くのことを楽しんで学んでいきたいです。

矢島 杏純さん(前女)
信州大学(繊維学部応用生物科学科)

通常授業も個人授業もスピード感があるのでとても集中でき、自分では気づかなかった抜けているところを徹底して教えていただいて、センター試験中もMEでやったことを思い出しながら解いていました。英語に最後まで向き合えたのはMEに通っていたからだと思います。

MEに通い始めたのは高一の冬からです。スピードにびっくりし、先生の言ったことをノートに書くのが精一杯だったというのが最初の印象です。必死についていくうちに慣れてきて、少しずつ答えられるようになっていきました。高二で口頭英作をやらなかった時期があり、指名されても答えられることが少なくなりました。この時期を少し後悔もしましたが、口頭英作の大切さを実感し、三年になってからしっかりできたので結果的には良かったと思っています。ノートは薄く持ち歩きやすいので、その他の教科もあって忙しい三年の後半は常に持ち歩き、休み時間や電車を待っている時間などにノートを見たり、ぶつぶつ唱えたりしていました。通常授業も個人授業もスピード感があるのでとても集中でき、自分では気づかなかった抜けているところを徹底して教えていただいて、センター試験中もMEでやったことを思い出しながら解いていました。英語に最後まで向き合えたのはMEに通っていたからだと思います。約二年間、たくさんのことを教えていただいた先生方、支えてくださった事務の方々、本当にありがとうございました。

鈴木 はなさん(前女)
首都大学東京(法学部法学科)
成蹊大学(法学部法律学科)
獨協大学(法学部法律学科)
東京女子大学(現代教養学部人文学科)

もともと英語が苦手で、教科書の例文を丸暗記するだけの勉強法でしのいできた私は、英語についていけず、完全に落ちこぼれ状態になってしまいました。そんなときに友達に紹介してもらったのが、MEでした。

もともと英語が苦手で、教科書の例文を丸暗記するだけの勉強法でしのいできた私は、高校に入ってからの英語についていけず、完全に落ちこぼれ状態になってしまいました。このままではいけない、と気づいたのは、大学受験を真剣に考え始めたときです。どんな進路にしても英語は必須なので、避けることはできませんでした。しかし、勉強法がわからなかったので、焦りだけがつのりました。そんなときに友達に紹介してもらったのが、MEでした。初めてうけたMEの授業は衝撃的で、最初の頃は毎回の授業にとても緊張しました。しかし、回を重ねていくうちにいつの間にか英語を拒否しなくなっていたのです。授業の度に触れる大量の英文、繰り返し質問される分詞構文や仮定法過去の定義、はっきりと示された家での勉強法、それらの一つ一つが私と英語の距離を近づけてくれました。特に、受験期に入ってからの個人授業は私の苦手や曖昧な点をダイレクトに解消してくれて、自信へとつながりました。
底辺だった私の英語の力を志望校に合格できるまで上げてくれ、さらに英語を好きだと思えるようにしてくれたのは、MEです。一人一人のことをよく考えて授業して下さった七里巨匠、岩間大先生、佐々木大先生、いそがしい中、私達のサポートをして下さった事務室の皆さん、本当にありがとうございました。MEを信じて勉強してきて良かったです。

高安 佳奈絵さん(健大)
愛知県立大学(外国語学部ヨーロッパ学科ドイツ語圏専攻)
獨協大学(法学部国際関係法学科)センター利用
獨協大学(外国語学部ドイツ語学科)

私は春から大学でドイツ語を学びます。ほぼゼロからのスタートですが、MEで英語をやってきた要領で取り組むつもりです。そう思えるほど意味のある、勉強のコツのようなものを教えていただいたように思います。

私が初めてMEの授業を受けたのは中学1年生の冬期講習でした。英語が得意な人や勉強のできる人たちと英語を学べる楽しさを感じたことを今でも覚えています。
英語は得意科目でしたが、高校に入ると単語量は大幅に増え、文法も一気に難しくなりました。高校の英語で躓く人が多いことを聞いていた私は焦り、それまで不定期だったMEノートを毎回提出するようにしました。やり始めたらきっちりやりたい性格なこともあり、口頭英作ができるようになるまで必死に頑張った記憶があります。
受験生になり点が伸び悩んだ時、伸びるきっかけを作ってくれたのもMEでした。毎年多くの受験生と真剣に向き合っているからこそのアドバイスをたくさん貰いました。現在MEに通う生徒の皆さん、最後まで諦めずに言われたことを信じてやってみて下さい。
私は春から大学でドイツ語を学びます。ほぼゼロからのスタートですが、MEで英語をやってきた要領で取り組むつもりです。そう思えるほど意味のある、勉強のコツのようなものを教えていただいたように思います。最後になりますが、中1の冬以来お世話になった講師の先生方を始め事務のみなさん、本当にありがとうございました。

荒井 奏美さん(高女)
群馬大学(医学部保健学科―看護)
高崎健康福祉大学(薬学部薬学科)センター利用・一般

先生達のスピード感溢れる授業。いつ自分に質問がくるかわからない緊張感。一秒たりとも気を抜くことができません。受験期になり、ノートをまとめるようになりました。すると、今まで手こずっていた問題もおもしろい程スラスラ解けるようになりました。

はじめに、合格体験記を書く機会を頂き、とても嬉しく思っています。
私は小さい頃から英会話教室に通っていたので、英語には自信がありました。しかし、その自信は、MEの最初の授業であっさりと打ち砕かれました。先生達のスピード感溢れる授業。ノートをとることだけでも精一杯なのに、いつ自分に質問がくるかわからない緊張感。一秒たりとも気を抜くことができません。私は、先生達の言う「来週までに即答」がなかなかできず、授業が苦痛になり、「もう自分にはムリだ」と何度もMEをやめようと思った時もありました。しかし、知らず知らずのうちにMEで学んだことが自然に身に付き、気が付けば他の子達が質問されているときにも、心の中で「これは○○だな。」と答えられるようになっていました。これから受験を控える皆さんに一つ私から伝えたいことがあります。それは、ノート提出についてです。MEでは、これを耳にタコができる程言われますよね。あまのじゃくな私は人に言われるとやる気を失ってしまうタイプなので、「絶対にノートなんて出すものか」と思っていました。しかし、受験期になると、周囲の友達も急にノートを出すようになり、このままではイカン!と渋々ノートをまとめるようになりました。すると、今まで手こずっていた問題もおもしろい程スラスラ解けるようになりました。良薬は口に苦しと言いますが、MEの先生の言うことは素直にすることを勧めます!

原田 結衣さん(前女)
群馬大学(社会情報学部社会情報学科)
獨協大学(外国語学部英語学科)

MEの先生方の指示通りにMEの授業の予習・復習をしたことにより、私の英語の成績もどんどん上がっていきました。MEに入っていなかったら絶対にここまで良い成績をとれなかったと思います。

私がME外語学院を知ったのは高校に入ってすぐでした。なんと前女生の大半の人が通っているというのです。お母さんにその話をしたら、英語の成績が悩ましかったので入れられました。最初は正直に言うと入りたくなかったです。理由は授業の様子を友達から聞いていて怖かったからです。先生が生徒をランダムに指していくというものでした。ノートを書くスピードも尋常ではないくらい速いです。指されて答えられなかったら、とても悔しいもので次は絶対に答えられるようにしようと思えたし、授業中は緊張感を持ちながらやっていたのでとても集中して受けることができ集中力が高まりました。また、MEの先生方の指示通りにMEの授業の予習・復習をしたことにより、私の英語の成績もどんどん上がっていきました。MEに入っていなかったら絶対にここまで良い成績をとれなかったと思います。英語は中学と高校では比べものにならないくらい覚えることがあるので、MEの口頭英作の文を覚えることによってとても効率よく勉強できました。二次試験の直前期では先生方による丁寧な個別指導を受けたことにより自信を持って大学受験をすることができました。本当にME外語学院に通うことが出来て良かったです。入っていなかったら合格することもできなかったと思います。本当にありがとうございました。

羽鳥 可夏さん(前女)
東京女子大学(現代教養学部人文学科)

授業をしっかり受け、MEノートをしっかり提出し、口頭英作をしっかりやれば、いつのまにかテスト等で点数が取れるようになっていました。また、いつのまにか長文を読むのが苦じゃなくなり、楽しささえ見い出していました。私にも解ける!という自信がついていました。

私は英語自体は嫌いではなかったものの、テスト等で全く点数が取れず嫌になりかけていた頃に友人の勧めでMEに入塾しました。初めは授業のスピードがとても速いことや指名されて少しでも間があくと次の人に切り替わってしまうことにとまどいをかくせないまま授業を受けていました。でも、少し慣れてきてだんだんとMEの授業が楽しいものになっていました。答えられる、わかるってこんなに楽しいものなんだ!と久々に実感したのをよく覚えています。授業をしっかり受け、MEノートをしっかり提出し、口頭英作をしっかりやれば、いつのまにかテスト等で点数が取れるようになっていました。また、いつのまにか長文を読むのが苦じゃなくなり、楽しささえ見い出していました。私にも解ける!という自信がついていました。
個人授業では私のわかっていないところを的確に指導してくれ、何をどう理解していないのかがはっきりわかり、次からは間違えないようになりました。また、私は、英作ができず先生にたくさんのダメ出しをされ、自分のできなさと厳しい指導で心が折れて泣きそうになったり、やめたいと思ったことが何度もありましたが、そんな私に電話までして授業をしてくださり、できるようになってきたら褒めてくれたのが本当にとても嬉しかったです。手厚すぎるくらいの授業と熱い指導に本当に感謝しています。先生方、スタッフの皆さん本当にありがとうございました。

古川 真紀さん(前女)
法政大学(デザイン工学部建築学科)
東京電機大学(未来科学学部建築学科)センター利用・一般
工学院大学 (建築学部建築学科) センター利用・一般
芝浦工業大学 (デザイン工学部デザイン工学科) センター利用

MEの英語の基礎は最強です。センターの演習や長文に取り込んでいるときに、特別に自分で文法書をやり込んだ訳でもないのに文法問題にはまず困りませんでした。長文も構文の取り方等は体にしみついていたのでスラスラ入ってきました。

私は高一の秋にMEに入塾しました。それまで頭が痛くなるほど嫌いだった英語ですが、MEの勢いにもまれ英語への抵抗感がなくなりました。声に出して勉強する英語に楽しさまで感じるようになっていました。また、気がゆるんでいる時にはそれが先生たちに見透かされ何度も指されてはしかられ、でも最後には「いいものを持っているんだから。」と励ましの言葉をくれました。三年の夏休みには個別にやるべき事を指示してくれたり、センター後の個人授業では性格まで見抜いた指導までしてくれたり、MEの細かい配慮には感謝しかありません。そして何よりMEの英語の基礎は最強です!!正直、三年の夏まで英語は安定していませんでした。秋からセンターの演習や長文に取り込んでいるときに、MEで良かったと心から思いました。特別に自分で文法書をやり込んだ訳でもないのに文法問題にはまず困りませんでした。長文も慣れさえすれば構文の取り方等は体にしみついていたのでスラスラ入ってきました。この体験をしてさらに、MEについていけば大丈夫だという確信とともに先生に言われたものをこなす勉強をしました。英語はMEの授業を軸に復習をひたすらすれば必ず身につくと断言できます。すぐには成果が現れなくても確実に実力はついていきます。あきらめない根気強さもMEの先生方はおしえてくれました。MEについてきて本当に良かったです。ありがとうございました。

佐藤 佑香さん(渋女)
群馬パース大学(保健科学部放射線学科)センター利用・一般
新潟医療福祉大学(医療技術学部診療放射線学科)センター利用・一般

どんどん英語が好きになっていきました。MEに入る前はほぼ感覚で解いていた英語のテストが、今では文の構造や文法を理解した上で取り組めるようになりました。それはMEの授業を受けて、英語の根本的なところから学んだからだと思います。

私がMEに通い始めたのは高校二年生の冬です。最初は授業のスピードについていけず、言われたことを書き写すので精一杯でした。周りの人が質問にすらすら答えているのを見て焦りを感じ、このままではいけないと自分から勉強に取り組むようになりました。MEでは英語の勉強法も教えてもらいました。市販の単語帳をやるだけでなく、自分で単語ノートを作ったり、英文は書くのに加えて口頭英作までするというのは、私がMEに入っていなかったらやっていなかったと思います。これらの勉強法によって、苦手だった英語が足を引っ張らなくなり、MEの授業でも少しずつ質問に答えられるようになって、どんどん英語が好きになっていきました。
MEに入る前はほぼ感覚で解いていた英語のテストが、今では文の構造や文法を理解した上で取り組めるようになりました。それはMEの授業を受けて、英語の根本的なところから学んだからだと思います。英文を読み解くことの達成感は、MEに入ったからこそ味わえたものだと思いました。
MEで教わったことをこれから生かせるよう精進していこうと思います。先生方、スタッフの皆様、親身になってサポートをしてくださり、本当にありがとうございました。

山中 享汰くん(高高)
筑波大学(体育専門学群)
関西学院大学(人間福祉学部人間科学学科)センター利用・一般

第一志望の大学に合格することができました。もしMEに入っていなければ、ここまで高い志望校を設定していなかったかもしれないし、浪人する勇気もなかったと思います。ここまで生徒思いな塾は他にないと思うし、信じてついていけば必ず結果が出ます。

自分は高校二年の時に入塾しました。最初の頃は授業のスピード、周りの生徒のレベルに驚いて、このままでは置いていかれると感じたのをよく覚えています。MEに入ってから、それまでなんとなく得意だと思っていた英語が一変して、ここまで深くやらないと本当の意味での理解ではないのだと気付かされ、より一層英語に対する向上心が高まりました。授業ではいつ指名されるか分からない緊張感で集中して取り組むことができ、指名されて答えられると自信になり、答えられないと悔しくて、その悔しさが勉強の原動力にもなりました。
自分は結局センター試験の英語では自己最高得点をとることができましたが、第一志望には受からず、東京の予備校でもう一年やることにしました。浪人生活では勉強と運動を並行していましたが、一昨年にある程度英語を固められていたおかげで、他の教科や運動に時間をまわすことができました。さらにセンター試験前には、浪人生である自分に音声とテキストでセンター講習を受けられるようにしてくださり、MEの授業を思い出しながら、さらに自信を深めてセンター試験に臨むことができました。
最終的に他の人より一年多くかかりましたが、第一志望の大学に合格することができました。もしMEに入っていなければ、ここまで高い志望校を設定していなかったかもしれないし、浪人する勇気もなかったと思います。ここまで生徒思いな塾は他にないと思うし、信じてついていけば必ず結果が出ます。
熱心に指導してくれた先生方、なんでも対応してくれたスタッフの皆さん本当にありがとうございました。

小澤 政貴くん(前高)
筑波大学(人文文化学群人文学類)
立教大学(法学部法学科)
早稲田大学(文化構想学部)

最初の授業は衝撃的でした。そして同時に七里先生の言うことを信じれば成績が上がると確信しました。完全にMEに洗脳されてしまいました(悪い意味ではありません)。それから先生の言う通りにしたところ模試の点数が100点上がり、定期テストの順位も急上昇しました。

私がMEへ入塾したのは高二の春でした。当時私の英語の成績は平均以下、単語も知らなければ、文型も知らない。当然長文など読めるはずもなく模試の英語はお昼寝タイムでした。しかし二年進級が近づくにつれこのままでは”ヤバイ”という危機感が大きくなっていました。私は当初MEに行くつもりはなく「学びをナビする」という歌い文句を掲げている某K塾に行き、そこで体験授業を受けましたが、映像授業の無機質さやチューターと反りが合わず、結局のところ消去法でMEを選びました。そんな軽い気持ちでMEに行きましたが、最初の授業は衝撃的でした。そして同時に七里巨匠の言うことを信じれば成績が上がると確信しました。完全にMEに洗脳されてました(悪い意味ではありません)。それから七里巨匠の言う通りにしたところ模試の点数が100点上がり、定期テストの順位も急上昇しました。蛟龍昇天って感じです。これだけに留まらず他の科目の成績もぐんぐんよくなり高三の模試ではA判定だらけでお祭り状態でした。長文が全く読めなかったころには予想もできないほどの変身でした。入試結果も春の嵐に負けないほどの合格の嵐で最終的には早稲田か筑波どっちに行くかという贅沢な悩みももつことができました。唯一の後悔はもっと早くMEに行けばよかったってことです。最後になりますがお世話になった先生方、事務の方々、本当にありがとうございました。

須賀 陽子さん(前女)
東京家政大学(家政学部栄養学科-管理栄養士専攻)
東京家政大学(人文学部教育福祉学科)センター利用
東京家政大学(家政学部栄養学科-栄養学専攻)

高校生になり、英語以外の教科にすごく苦しめられましたが、英語はMEで学んだことを頼りにしたことで大体安定して出来る教科になりました。センター試験でも一般入試でも、数学や化学で苦戦していても、「英語なら何が出ても大丈夫」という自信につながりました。

私は中学1年生のときにMEに入塾しました。授業中は一秒も息をつく暇もない、濃密かつ張りつめた空気で教室は満たされていてMEに通うまでは塾に通ったことがなかった私は衝撃を受けました。あまりの衝撃で別の学習塾に通い始めたときに雰囲気の差に驚きを隠すことができませんでした。
中学生の時、MEで学んだことを活用しそして助けられ、目標とする前橋女子高校に入学することができました。
高校生になり、英語以外の教科にすごく苦しめられましたが、英語はMEで学んだことを頼りにしたことで大体安定して出来る教科になりました。センター試験でも一般入試でも、数学や化学で苦戦していても、合計5回の個人授業のおかげで、「英語なら何が出ても大丈夫」という自信につながりました。
一般入試の前日、現地入り前の個人授業を雪の影響で休もうとした時、「午前中授業をしているうちに止むから来て」と説得されて雪の中MEに向かい授業を受けました。言われた通り、終了後は雪が止み、安全に試験を受けに行くことができました。そしてこの時受けた試験で、私は第一志望合格を掴むことができました。
最後になりましたが、七里先生、岩間先生、佐々木先生をはじめとする講師の方々、そして忙しい中対応してくださった野上さんをはじめとする事務員の方々に心より感謝をしています。本当にありがとうございました。

村上 はなのさん(渋女)
明治大学(国際日本学部国際日本学科)
学習院大学(国際社会科学部国際社会科学科)

文法などを論理的に理解し、質問されたら即答できるよう繰り返す授業では、「なんとなく」ではない確実に応用できる英語力を身につけることができました。その力は特に英検で発揮することができ受験で有利になる準一級を、英作文満点で取得することができました。

MEの授業のスピードの速さは、最初こそ圧倒されてついていけるか心配になりましたが、文法などを論理的に理解し、質問されたら即答できるよう繰り返す授業では、「なんとなく」ではない確実に応用できる英語力を身につけることができました。
その力は特に英検で発揮することができました。英検講習で英作文の書き方を教えていただき、添削もしていただけたことで、結果的に受験で有利になる準一級を、英作文満点で取得することができました。自分の考えていることを英語で書くことができたということは、自分の中で大きな自信となりました。それだけでなく、MEで身につけた英語学習のモチベーションはTOEICでも活かすことができました。
私は高校がMEと離れた場所にありましたが、個人授業の予定も親身に相談にのっていただき、本当にありがたかったです。
中学一年生で入塾申込書を書いたとき、私はアルファベット26字すら正確に書くことができませんでした。それでもそこから英語を武器として中学・高校生活を送ることができるようになれたのはMEのおかげに他なりません。
最後になりましたが、七里先生を始めとするMEの諸先生方、スタッフの方々、本当にお世話になりました。これからもMEで身につけた力をより成長させ、存分に発揮できるよう頑張ります。

武藤 虹歩さん(前女)
群馬大学(教育学部理科)
北里大学(理学部物理学科)センター利用・一般
玉川大学(農学部生産農学科)センター利用・一般
高崎健康福祉大学(薬学部薬学科)センター利用・一般

中学の頃までは英語は得意教科でした。高校に入学してから英語の授業に徐々についていけなくなりました。定期テストでも、英語が一番低い点数で、高校では一番の苦手で不得意な教科になってしまいました。高校二年の春に友達から、MEのことを教えてもらいました。

私は中学の頃までは英語は得意教科でした。しかし、高校に入学してから英語の授業に徐々についていけなくなりました。定期テストでも、英語が一番低い点数で、高校では一番の苦手で不得意な教科になってしまいました。高校二年の春に友達から、MEのことを教えてもらいました。英語の成績のことで悩んでいたときだったので、MEの講習を受講することにしました。初めて授業に参加したときは、授業のスピードに本当に驚きました。今まで行ってきたどの塾とも違う雰囲気で圧倒されました。初めはテンポよく進んでいく授業についていけるかとても不安でしたが、回数を重ねていくうちに答えられる質問も増え、メモのスピードも上がりました。MEは定期テストの対策プリントやCDを毎回用意してくれるので、活用していました。センター試験が近づいてくると、クラスでの授業ではなくなり、個人授業になりました。私はセンター試験までしか英語を使わなかったので、センター前に多く個人授業を入れていただき、とてもありがたかったです。第一志望に合格できたのは、先生方が最後の最後まで丁寧に指導してくれたおかげです。今までお世話になった先生方、スタッフのみなさん本当にありがとうございました。

東山 宝さん(農二)
新潟大学(医学部保健学科-診療放射線技術)
群馬パース大学(保健科学部放射線学科)センター利用
日本医療科学大学(保健医療学部診療放射線学科)センター利用
杏林大学(保健学部臨床工学科)センター利用
北里大学(医療衛生学部医療工学科-診療放射線技術)
杏林大学(保健学部診療放射線技術学科)

私は3年のはじめにMEに入りました。模試でも少しずつ結果がでてきてMEにいってなかったらここまで伸びてないだろうなと思います。MEに通う周りのみんなからも刺激を受け自分の学力を伸ばすことができ、全ての大学に合格することができました。

私は3年のはじめにMEに入りました。はじめは周りの速さにびっくりしましたが少しずつついていけるようになり、同時に学力も上がったような気がします。私は英語が得意な方だとおもっていたけど、基礎の基礎からやり直すことで自分がいかに適当にやってたかがよく分かったし、まだまだ足りないなあっと思いました。
3年になると毎月のように模試がありましたがその模試でも少しずつ結果がでてきてMEにいってなかったらここまで伸びてないだろうなと思います。受験生はよく最後の最後まで伸びると言いますが、MEは私の限界を超えさせてくれたと思っています。
センター試験で私は思っていたような点数を取ることができず、センターの比率が2次の比率より2倍以上大きな国公立でE判定を受け、志望校を変更しようかとも思いました。それでもあきらめずMEでもらった過去問をやりきり添削してもらい、一生懸命40日を過ごしました。2次の科目は英語と数学で、少しの失敗も許されない中、見事合格を掴みとることができました。MEに通う周りのみんなからも刺激を受け自分の学力を伸ばすことができ、全ての大学に合格することができました。MEのやることはブレないので、その唯一のやり方を貫き通したことが勝因だったように思います。受験生としての日々はつらいこともたくさんありましたが、がんばりを糧にします。ありがとうございました!!

北浦 里紗さん(農二)
武蔵大学(人文学部英語英米文化学科)
群馬県立女子大学(国際コミュニケーション学部)
専修大学(文学部英文学科)センター利用

元々英語はあまり好きな教科ではなく、高校一年の時のMEの授業に少し苦痛を感じていました。しかし英検の為に必死で単語や熟語を勉強した結果成績が伸び、また英語を読み、書き、理解し、話すという行為がとても楽しくなり、二年生の後半には英語が大好きになっていました。

私にとって、受験とは正直かなり辛いものでした。
特に世界史は取り掛かるのが遅かったのもありますが、成績が全く伸びず、やっても無駄なんじゃないかと思うことが多々ありました。
そんなやるせない日々の中で癒しとなったのが英語です。
元々英語はあまり好きな教科ではなく、高校一年の時のMEの授業に少し苦痛を感じていました。しかし英検の為に必死で単語や熟語を勉強した結果成績が伸び、また英語を読み、書き、理解し、話すという行為がとても楽しくなり、二年生の後半には英語が大好きになっていました。
私は私大が本命だったので、二月は東京に向けて出発する日に個人授業をしたりと、思い返せばとてもハードなスケジュールでした。そんな忙しい日々にストレスを感じていた上に、受かるだろうと思っていた大学に落ちるという事もあり、心が折れかけていた私が最後まで頑張れたのはMEの先生方を含め、たくさんの人々が支えてくれたおかげです。本当にありがとうございました。
最後に私は英語面接のある公立大学に受かることができました。これもMEの聞かれたら即座に答える授業方針のおかげだと思っています。しかし私はその公立大学ではなく武蔵大学を選びました。なぜなら私のやりたい事は武蔵にあるのです。そのやりたい事を思いっきり楽しむためにも、もっともっと英語に強くなることが私の次なる目標です。

鈴木 優由子さん(前女)
群馬県立県民健康科学大学(看護学部看護学科)
群馬パース大学(保健科学部看護学科)センター利用・一般
群馬医療福祉大学(看護学部看護学科)センター利用・一般
高崎健康福祉大学(保健医療学部看護学科)

本格的に受験を意識しはじめたとき、MEの授業でやるべきだ、と言われたことを信じ、単語ノートをつくったり、口頭英作をしてみたりしました。すると、英語の力が伸びていくのを実感しました。

私は、高校生になってから入塾しました。本格的に受験を意識しはじめたとき、MEの授業でやるべきだ、と言われたことを信じ、単語ノートをつくったり、口頭英作をしてみたりしました。すると、英語の力が伸びていくのを実感しました。それまで真面目にやっていなかったことを強く後悔しました。センター試験では、英語で他の教科の失敗をぬぐうことができるほどの点数をとれて、第一志望への合格につながりました。初めは少し抵抗がありましたが、MEに通って本当に良かったと思っています。先生方、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

西原 由貴さん(高女)
九州歯科大学(歯学部歯学科)
昭和大学(歯学部歯学科)

MEの全ての教科に通用する勉強法を信じて、あきらめず、最後まで粘り強く勉強できたことが志望校の合格へとつながったのだと思います。八年間高崎から電車でMEまで通い続けて本当に良かったと思います。

私が志望校に合格できたのも、英語を得意科目にできたのも、すべてMEのスピード感と緊張感のある授業のおかげだと思っています。
私は、小学五年生の時から約九年間、MEにお世話になりました。MEに通い始めた頃は、MEの授業の速さについていけず、圧倒されるばかりでしたが、徐々に授業にも慣れていき、すぐに英語を勉強することが楽しいと思えるようになりました。受験勉強では、今までMEで学んできたことを総復習し、口頭英作ノートや単語ノートを作り、何度も見直すことで、センター試験でも二次試験でも英語に自信を持って臨むことができました。また、MEで培ってきた集中力や瞬発力は英語だけでなく、他の全ての教科において役に立ちました。特に、浪人した一年間は勉強しても成績が伸びず悔しい思いをしたことが何度もありました。それでも、MEの全ての教科に通用する勉強法を信じて、あきらめず、最後まで粘り強く勉強できたことが志望校の合格へとつながったのだと思います。八年間高崎から電車でMEまで通い続けて本当に良かったと思います。
最後に、七里先生、岩間先生、佐々木先生、野上さんを始めとする先生方、スタッフの方々に本当に感謝しています。今まで本当にありがとうございました。

高柳 成美さん(新島)
同志社大学(グローバル地域文化学部グローバル地域文化学科)指定校推薦

MEのほぼ口頭で行われる授業で即答力も同時に身につけたことによって、大学の本試験で課せられた英語面接ではスラスラと答えることができました。さらにこの英語面接の対策を先生とマンツーマンで行い、最後まで励ましていただいたおかげで、自信を持って本試験に挑むことができました。

ME外語学院がなければ、私は希望の大学に合格し、今このように体験記を書くことはなかったであろうと感じています。MEは勉強癖のなかった私をここまで導いてくださいました。MEに通った六年間、授業や塾生のレベルの高さに圧倒され続け、結局、MEの授業に慣れることができたのは高校三年生になってからでした。MEに慣れたと感じるようになって以来、模試や定期試験の成績は徐々に上がっていき、そしてついに指定校推薦で希望の大学の内定をもらうことができました。
またMEのほぼ口頭で行われる授業で即答力も同時に身につけたことによって、大学の本試験で課せられた英語面接ではスラスラと答えることができました。さらにこの英語面接の対策を先生とマンツーマンで行い、最後まで励ましていただいたおかげで、自信を持って本試験に挑むことができました。
六年間の授業で先生方が繰り返し叩き込んでくださった文法事項や定義はもはや忘れることができないほど脳裏に焼きついています。これらの知識はグローバル地域文化学部という学部に進む私にとって、さらなる英語学習や将来に生かすことができる財産のようなものです。
MEが支えてくださった中学、高校生活は大変貴重なものであったと改めて感じています。最後になりますが、今まで応援してくださった先生方やスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

折原 成実さん(新島)
明治学院大学(文学部英文学科)指定校推薦

英語の定期試験は、教科書の本文を暗記しなければ解けない問題ばかりだったので、MEでご指導頂いた口頭英作や音訳といった学習方法が非常に効果的でした。また、毎回の授業で培われてきたスピードと集中力が、他の教科の勉強でも発揮され、無事に第1希望の枠を勝ち取ることが出来ました。

私が指定校推薦での入試を選んだ理由は、自分が行きたいと希望していた大学が、推薦枠にあったからです。将来、自分が就きたいと考えている分野に強い大学が、明治学院大学でした。明治学院大学は人気が高く、そのため定期試験はいつも緊張しましたが、英語が武器になり、大変助けられました。
英語の定期試験は、教科書の本文を暗記しなければ解けない問題ばかりだったので、MEでご指導頂いた口頭英作や音訳といった学習方法が非常に効果的でした。また、毎回の授業で培われてきたスピードと集中力が、他の教科の勉強でも発揮され、無事に第1希望の枠を勝ち取ることが出来ました。
MEに6年間通い続けるのは、正直、楽なことではありませんでした。私が通う高校は土曜も授業があり、その上自宅が遠方なため、毎日の通学にも時間を取られ、体力的にきつい日もありました。他校からの受講生たちの勉強体力に追いつけず、劣等感を感じながら必死にもがいていた気がします。
これから再出発のスタートを切りますが、MEのすぐれた学習方法を継続し、目標に向かい、歩みを進めていきたいと思います。MEとの出会いに感謝しています。お世話になった先生方、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。


関沼 莉奈さん(育英)
法政大学(経済学部経済学科)
長野県立大学(グローバルマネジメント学部)
駒澤大学(経済学部商学科)

ひたすら”単語ノートと口頭英作”を繰り返しました。高1から始めてきた単語ノートも高3になると、知らなかったイディオムが出てくる度に単語ノートに書かないと不安になってしまうくらい、単語ノートにのめり込んでいました。口頭英作を繰り返すことでテスト中に英文が思い浮かんだ時は、MEのすごさを身に染みて感じました。

まずは七里先生、岩間先生、佐々木先生そして野上さんを始めとするスタッフの皆さんに感謝したいです。普段の授業はもちろんのこと、入試直前の個別授業ではマンツーマンでしっかりと指導していただき、より一層学力が上がったのと同時に講師の方に褒められることによって、自信にも繋がりました。
中学のころから高校生に入ったらMEに入ろうと思っていましたが、今振り返ると中学のときからMEに入っておけばよかったなと思います。それほど満足する授業を毎回受けることができました。高1の春からMEに入り、受験期には特別な勉強をしなくともMEの助言通りに英語に向き合いこなしたことで、センターでは8割を超えることができました。正直自分でもなぜ英語を得意科目とすることができたのかわかりません。とにかくひたすらMEの重視する”単語ノートと口頭英作”を繰り返しました。特に私は単語ノートに助けられた部分が多く、自分だけの単語ノートを作ることで「これだけやったんだ」という自信にも繋がり、また語彙力も上げることができました。高1から始めてきた単語ノートも高3になると、知らなかったイディオムが出てくる度に単語ノートに書かないと不安になってしまうくらい、単語ノートにのめり込んでいました。また口頭英作を繰り返すことでテスト中に頭に英文が思い浮かび、迷わず選択肢を選ぶことができました。初めてテスト中に英文が思い浮かんだ時は、MEのすごさを身に染みて感じました。
本当にMEに出会えてよかったと思っています。こんなに一人ひとりに真摯に向き合ってくれる塾はないです。受験の際に、著作権の関係で掲載されてなかった英文を見つけてくださったときは本当に感銘を受けました。講師の方やスタッフの方が丁寧にやってくれるからこそ「自分も応えなきゃ」という気持ちが湧きました。第一志望に入ることができたのはMEのおかげです。本当に感謝しています。3年間お世話になりました。

吉田 琳香さん(前女)
国際基督教大学(教養学部アーツ・サイエンス学科)指定校推薦

私は高校二年の冬休み前に、MEに入塾しました。MEは私の夢を取り戻してくれたところでもあります。高校一年生のときまで、私は英語が好きで将来は国際関係の職に就きたいと思っていました。徐々に英語が分からなくなっていきました。頑張って勉強してもできないのだから、きっと自分には向いていないのだと思いました。

私は高校二年の冬休み前に、MEに入塾しました。既に入塾していた友人から、授業は速く、内容が濃いという話を聞いていたのである程度は覚悟して初回の授業に臨んだのですが、実際の授業は想像をはるかに越えたスピード感と内容で、手を動かすので精一杯でした。ですが口頭英作をしたり授業の回数を重ねるうちに授業が、英語が楽しくなってきて、同時に自分に英語力が身についてきているということを感じるようになりました。
また、大げさかもしれませんがMEは私の夢を取り戻してくれたところでもあります。高校一年生のときまで、私は英語が好きで将来は国際関係の職に就きたいと思っていました。しかし、徐々に英語が分からなくなっていきました。頑張って勉強してもできないのだから、きっと自分には向いていないのだと思いました。そんなとき、MEに出会って七里先生をはじめとしたMEの先生方の授業を受け、英語が好きだと、得意だと思えるようになりました。そして、今回ICUに合格して国際関係の職に就くという希望に対して一歩近づくことができました。定期テスト対策のCDを聞いて、毎回万全の状態でテストに臨めたこともあり、今回合格につながったのだと思います。MEで頑張ることができてよかったです。ありがとうございました。

佐藤 直央くん(渋高)
神田外語大学(外国語学部中国語専攻)
京都外国語大学(外国語学部スペイン語学科)
京都外国語大学(外国語学部中国語学科)
神田外語大学(外国語学部インドネシア語専攻)

受験を真剣に考え始め、毎日口頭英作と単語ノートを見直すようにしました。先生に指されても瞬時に答えられるようになってきました。私立の中で第一志望だった神田外語大学に一般で入ることができ、MEでやってきたことは間違ってなかったことがわかりました。

私がMEに入塾したのは、高校二年の春からでした。高校一年生の時に学校の大学見学で東京外国語大学を見学してから、自分は将来、外国人の方々とコミュニケーションを取れるような職業に就きたいと思い始めました。そのためには、英語力を向上させなければいけないと感じMEに入塾しました。最初の頃は授業のスピードについていくのに精一杯でした。先生から指された時も答えることが出来ませんでした。しかし、二年生の後半から受験を真剣に考え始め、毎日口頭英作と単語ノートを見直すようにしました。それから、先生に指されても瞬時に答えられるようになってきました。よく先輩方の合格体験記を読むと、答えられなかった時がものすごく悔しいと書いてあることがありますが、私も答えられなかった時は自分が嫌になるくらい悔しかったです。センター試験の模擬問題ではなかなか点数が伸びず悔しい思いもしました。しかし、MEの冬期講習で演習をした時、周りの人達の問題を解く速さに圧倒され、今まで時間を気にしすぎていて点数が伸びなかったことに気づき、センター直前には安定して八割くらいまで取れるようになりました。結局、センター本番では失敗してしまいましたが、私立の中で第一志望だった神田外語大学に一般で入ることができ、自分がMEでやってきたことは間違ってなかったことがわかりました。受験で大切なことは自信をつけることだと感じました。

新井 瑞紀さん(前女)
中央大学(商学部会計学科)
日本大学(商学部会計学科)センター利用・一般
獨協大学 (経済学部経営学科)

高校二年生でMEに通うようになってからは、英語の成績が伸びてきて勉強に対する姿勢も変わりました。先生の質問に瞬間的に答えを求められる授業にはいつも緊張感が漂っていて毎回集中して取り組むことができました。第一志望の大学前日のホテルのなかでやっていた英語の勉強もMEノートでした。

私は、中学の頃は陸上部に所属していて休日にも部活や大会があり、正直言って多忙な毎日の中での勉強との両立は厳しく、勉強に向き合うことができませんでしたが、前女に入学して勉強の楽しさが分かってくると勉強もそれほど苦ではなくなりました。特に高校二年生でMEに通うようになってからは、英語の成績が伸びてきて勉強に対する姿勢も変わりました。MEの授業は他の塾と決定的に違いました。まず授業のスピードです。MEの授業のスピードは、どの学習塾よりも速いと思います。入塾当初の私は流れるように進むあの授業に驚いていました。七里先生をはじめとするMEの先生の質問に瞬間的に答えを求められる授業にはいつも緊張感が漂っていて毎回集中して取り組むことができました。瞬間的に答えが出なければ、英語が身についたわけではないというのを授業方針の一つにされているMEのおかげで、長文の読解や文法への理解は深まりました。
また、MEノートの作成のおかげで、車、電車、学校の休み時間など、ちょっとした空き時間を英語の勉強につかうことができました。第一志望の大学前日のホテルのなかでやっていた英語の勉強もMEノートでした。
また、受験前の個人授業では、受験校すべての問題について授業してくださり、問題の傾向も教えていただけました。本当にMEで英語ができてよかったです。有り難うございました。

武井 恵さん(前女)
明治大学(文学部演劇学科)
東京女子大学(現代教養学部人文学科-歴史文化)
東海大学(文学部西洋史学科)

受験を終えた今思うことは、「がんばっていればなんとかなる。」ということです。私は他の人たちよりも波乱万丈な受験期を送りましたが、最後は行きたい大学に行けることになりました。上手くいったのは最後までMEで英語をやり続けたからだと思います。

受験を終えた今思うことは、「がんばっていればなんとかなる。」ということです。私は他の人たちよりも波乱万丈な受験期を送りましたが、最後は行きたい大学に行けることになりました。それは、最後まであきらめずに食らいついていけたからかなと思います。
学校でもMEでも「目標の大学は偏差値ではなく、自分で行きたいかどうかで決めろ」と教え続けられたことと、この大学で勉強したいという気持ちもあって、第一志望校は難関国公立大学でした。しかし、センター試験で想定を越えた大失敗を犯し、ほぼ国公立大学はどこにも出せない、または学部を変えれば、だいぶ遠いところでいいなら出せるかもしれないという状況になってしまいました。比較思うようにとれたのは得意な社会二科目のみ。もちろんセンター利用も全滅。背水の陣となってしまい数日間は何も考えられませんでしたが、徐々に悲しさが悔しさに変わり、絶対私大は受かってやる!!と気持ちを入れかえ、受験残り一ヶ月で私文になりました。国公立志望だった分、三教科の勉強量への不安はありましたが、絶対見返すという気持ちが原動力となり、私立の中では一番行きたかった明治大学に合格することができました。英語が苦手な人は大学受験は厳しいと言われる中、上手くいったのは最後までMEで英語をやり続けたからだと思います。模試の結果とか予備校のデータとかセンターの失敗とかに囚われず、最後までがんばって良かったと思います。